テーマ:

「春雷」(著・葉室麟)

財政難に喘ぐ豊後・羽根藩、15年前に仕官、やがて御勝手方総元締に任じられた多聞隼人が、藩主・三浦兼清を名君と成すために、領民家中に激烈な痛みを伴う改革を断行するのですが。。。。藩命で黒菱沼の干拓の命が、そこには彼を潰そうという家老たちの思惑が。。。。鬼と謗られる孤高の男の闘いです。 壮絶で、また心を揺さぶられるものがあります。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「陽炎の門」 (著・葉室麟)

読み応えがありました。感動だけでなく、元気ももらいました。 下士上がりで執政になった桐谷主水が初登城した日、周りは冷たく。。。彼は藩主を非難する落書が親友の芳村綱四郎の筆跡であることを証言し、その為に綱四郎は切腹、挙句に主水が介錯したという過去が。。。。それが蒸し返され。。。。綱四郎の息子・喬之助が仇討ちに現れて窮地に。。。。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「柚子の花咲く」(著・ 葉室麟)

村塾の教師・梶与五郎が殺され、与五郎の過去、賭博にふけり女郎部屋に出入りしていたと、挙句に不義密通をしていて相手の女性の夫に殺されたという話が。。。かつての教え子・井筒恭平が真相を探ろうとします。 そこには思いもかけない危険が。。。。。というお話で、それぞれの価値観のお話だったかなと思います。 で、そこに、思う通りに行かなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「さわらびの譜」(著・葉室麟)

日置流雪荷派という弓術の流派を受け継ぐ娘・有川伊也が主人公の話で、 対戦した大和流弓術の名手である樋口清四郎に惹かれますが、妹の初音と清四郎の縁談が決まり、心中穏やかでない伊也に、 藩内政争、城主と新納左近という腹違いの兄の存在。そのとばっちりを受ける伊也と清四郎です。 それに首席家老の座を狙う家老の渡辺と用人の三浦。伊也…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「散り椿」(著・葉室麟)

面白かったです。が、読後感は複雑です。 藩の不正を訴えても認められず、藩を出た瓜生新兵衛が、妻・篠から最期の願いを託されます。「故郷に戻って、散り椿を見て欲しい」と。 いい思いをさせれなかった妻の頼みを叶えたいと帰郷すると、剣術の道場で四天王と呼ばれた若き日の仲間が。。。。 彼が訴えた出来事が未だに。。。藩内では再び抗争が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「未だ行ならず-空也十番勝負 青春篇上・下 」(著・佐伯泰英)

ここで、終わりですか。。。。。。ん~、佐伯さんはそれでいいでしょうが。。。。。私は。。。。。 これで終わりだと知っていて読み始めたのですが、読み終えて、もっと、これで終わるの? という感じです。 ダラダラと続けることはないと思いますが、「密命」のようになるのも嫌ですが、 「居眠り磐音江戸双紙」の坂崎磐音は、金杉惣三郎ほど破…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日の昇る国へ :新・古着屋総兵衛 第十八巻」(著・佐伯泰英)

「新・古着屋総兵衛 第十八巻」と「未だ行ならず(上・下)-空也十番勝負 青春篇」を読むのを忘れていました(^^;)。 「鎌倉河岸捕物控シリーズ」が急に終わってしまって。。。読んでいたシリーズ、最後の巻を読んでいなかったのが吹っ飛んでしまいました(^^;)。 まず、「新・古着屋総兵衛 第十八巻」を読みました。 この<古着屋総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「輪違屋糸里」(著・浅田次郎)

幕末、新選組の芹沢鴨の暗殺事件を描く、 京都島原の天神・糸里を主人公に、平山五郎の恋人の吉栄、芹沢鴨の愛人のお梅、郷士の女房おまさとお勝の人の女たちの視点で描いた、浅田次郎の小説です。<女性中心に描かれた新選組もの>かなと思います。 文久3年(1863年)9月18日深夜、新選組筆頭局長芹沢鴨が屯所の壬生八木家で試衛館派に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ただいるだけで」/相田みつを(本)

<書と詩>の本です。たぶん、昨年買ったと思うのですが。。。今年? 記憶がはっきりしていません(^^;)。 相田みつをの<日めくりカレンダー>をコンビニで見つけて、手に取って、気に入って、買って、そして何年か使っていて、癒されて。。。。 でも、ボロボロになってきて。。。。毎日めくりますから。 で、この本を本屋で見つけたときは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「西郷隆盛の幻影~維新の英雄はいかにして作られたか 」(著・森田 健司)

タイトルの如く~という本なのですが、 帯には、 <大衆と権力が作り上げた、国民的英雄の巨像    錦絵、肖像画、銅像に刻まれた      いくつものイメージを解体し、        西郷の実像に迫る!> と、あり、あとがきには、 <彼が道義を重んじた懐の深い偉人であるという評価には、全力で反対したい。>と。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鬼神の如く: 黒田叛臣伝 」(著・葉室麟)

福岡藩の第2代藩主・黒田忠之と対立し、江戸幕府に「忠之に謀反の疑いがある」と訴え、 幕府による裁決の結果、「栗山大膳は乱心した」ということで、栗山大膳を陸奥国盛岡藩預かりとし、黒田氏は改易を免れたという、 この一連のお家騒動、黒田騒動のお話で、 家老の栗山大膳の闘いぶりが描かれています。 第2代藩主とは、黒田長政が初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「橘花抄」(著・葉室麟)

引き続き読んだ<葉室麟>です。 表紙もステキでしたが、ちょっと立ち読みしたところ、登場人物<立花重根>に興味を持ちました。 誤解されても正しいと思うことを信念をもってする、藩主が間違えていたら諫言するという姿に憧れてしまいました(^^ゞ。 で、読後検索したら、実在人物なのですね(^^;)。弟の峯均(みねひら)も(^^;)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「川あかり」(著・葉室麟)

最近読んだ葉室麟の「蛍草」「はだれ雪」も面白く読みましたが、こちらの方がグンと面白く思いました。 藩で一番の臆病者と言われる17歳の若侍、伊東七十郎が命じられたのは、家老の暗殺。 川止めで川明けを待っているのは、その為。川明けで渡ってくる相手を待っているのですが。。。。。 臆病な彼は、死を覚悟しながら臨むのですが、 そこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「はだれ雪」(著・葉室麟)

<はだれ雪>とは、<まだらに降り積もった春の雪のこと>だそうです。 話は、忠臣蔵・赤穂浪士と重なります。 浅野内匠頭の最後の言葉を聞いた旗本・永井勘解由が、この行いが将軍、徳川綱吉の知るところとなり、機嫌を損じ、扇野藩に流罪となり、その接待・監視役に紗英が就きます。 勘解由に惹かれていく紗英ですが。。。。。赤穂浪士が事を起…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「蛍草」(葉室麟)

ドラマの放送が終わる前に読み終えましたが、それが良かったのか、悪かったのか~と思います(^^ゞ。 若干、内容に違いがあるので、ま、最後までドラマは楽しめるかなと思いますが(^^ゞ。 読み終えると、短めの小説だったように思います。 その割に読み終えるまで時間がかかっていますが(^^;)。 話はトントンと進んでいきます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「モンゴメリー・クリフト―エリザベス・テーラーの人生を狂わせた男 挽歌への旅路」(著・井上 義照)

1948年に映画デビューし、1950年代に人気があったというモンゴメリー・クリフト。 私が知ったのは、1960年代に入ってからで、 まもなく死亡の記事が出てショックを受け、その後もなかなか彼の映画を観ることが出来ずに大人になり、オバサンになり。。。ビデオ、DVDで彼を観ることが出来、嬉しかったのですが、彼に関する本もあるとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「吉原詣で」(著・佐伯泰英)

<鎌倉河岸捕物控>の28巻目です。このシリーズは終わったのですが、この巻だけ読んでいなかったんです。 <吉原>で遊んでの話?と後回しになっている間に、あらっ?と急に終わっちゃって、慌てて(というほどでもないですが)読みました。 今は、佐伯泰英さんの小説で読んでいるシリーズものは無くなりました。終わってしまって寂しいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「とんちんかん: あやかし同心捕物控」 (著・霜島 けい)

「あやかし同心捕物控」の三巻目です。 今回は、あやかしの切ない心です。水害から救った赤ん坊を守る河童で、その子が大きくなって。。。いろいろあって。。。放っておけない河童で。。。心が真っ直ぐで、威勢のいい子に育っているその子、お駒ですが。。。。心が一見行き違っているような。。。でもお互いに大切な相手で、のっぺらぼうの同心、柏木千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ひょうたん: あやかし同心捕物控」(著・霜島 けい)

<あやかし同心捕物控>の二巻目です。 のっぺらぼうの同心の柏木千太郎、口がないのですが、お腹は空き、好きな食べ物もあります。 お茶も飲みます。 生まれたときに、お臍から出てきた瓢箪に入れると食べたことになるそうで、 でも、他の人が入れてもだめだそうで。。。。。その瓢箪が、 銭湯でお風呂に入っている間に盗まれてしまいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「のっぺら: あやかし同心捕物控」(著・霜島 けい)

本屋で目に入ったこの表紙! 思わず手にとって裏の筋書きを~。 面白そう!と思い、読んでみました。 今、読み終わったところなのですが、なんて気分がいいのでしょう!大笑いをしたのですが、ほっこり!です。 <あやかし>の主人公、のっぺらぼうの定町廻り同心の柏木千太郎なのですが、 のほほんとしていて、というより、人間の社会に何事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「流れの勘蔵 鎌倉河岸捕物控(三十二の巻)」(著・佐伯泰英)

この<鎌倉河岸捕物控>シリーズ、これで終わりだそうで。。。さみしいです。 ま、終わりに相応しい話になっていて、まとまったかなと思いますが、まだまだ先も期待できるのに~と思いますが、作者がここで終わろうと思ったのであれば仕方がないです。 楽しいシリーズで幼馴染の三人がずっとそのままで、それぞれが一人前になっても一緒感がいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「十手長屋物語(三)」(著・坂岡真 )

ぐずろ兵衛と言われる岡っ引き六兵衛が、なかなか肝っ玉が太く、忍耐力も強く、ここぞというときは頼りになる男で、益々義父の支持通りに働きます。岡っ引きなのか盗賊の仲間なのか分からなくなりますが。 温かい人柄が人を惹きつけるのか、周りに好かれてます。 そして、家に帰らない嫁、おこんにもいよいよ好かれているみたいです。が、何かとまた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「十手長屋物語(二) 」 (著・坂岡真)

<一>が面白かったので、続けて読んでしまいました(^^ゞ。大きく展開していきます。 その分<一>より面白く読みました。 思わず笑ってしまうシーンもありました。 登場人物もそれぞれしっかり描かれてきて、そんな中で翻弄されながらも活躍する六兵衛です。 もう<ぐずろ兵衛>ではないですね。 どうしようもない我が儘な娘のおこん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「十手長屋物語(一)」(著・坂岡真)

何気なく本屋に立ち寄って、何気なく手に取って、表紙の裏を読んで、読んでみようと思って。。。 岡っ引きの話ですが、ちょっとイメージが違う岡っ引き六兵衛で、ぐずろ兵衛のあだ名で呼ばれていて、子供にも馬鹿にされ、ひょんなことから嫁取りをしたのですが、あ、いいえ、婿入りしたのですが、嫁は実家で寄り付かず。。。奥さんにも相手にされず。。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「死ぬための生き方」(著・佐藤愛子)

タイトルに惹かれて読みました。 最近は<人間は死に向かって生きている>んだということを、よく思うようになっていました。 年齢的なものなのでしょうか。佐藤愛子さんは69歳でこの本を書いたそうです。 私はまだそこまでなっていませんが、ほんの一歩という感じです。 で、ま、小気味いいくらい、すっぱりと書かれていて、気持ちよかった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「天皇という「世界の奇跡」を持つ日本」(著・ケント・ギルバート)

元号が変わる前後なので、本当に平成から令和をまたいで読みました(^^ゞ。 <改めて>というより、外国人は天皇をどう見るのだろうということで読み始めたのですが。 ケント・ギルバートさんの本は私には読みやすいですし、とっつき易いです。 <日本の天皇とは、海外から見ても比類なき存在である! 日本文化や歴史に精通すると同時に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「昨日がなければ明日もない」(著・宮部みゆき)

「希望荘」以来2年ぶりだそうで、杉村三郎シリーズ第5弾です。 この本も読んでから大分経ってしまいました。が、私の中で落とすわけにはいかない<杉村三郎シリーズ>です。 もう次回作が欲しい私です(^^ゞ。 探偵業はボチボチですが、探偵としてはそれらしくなった杉村三郎さんです。 で、益々簡単に嘘を言っちゃうようになりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いざ帰りなん: 新・古着屋総兵衛 第十七巻」(著・佐伯泰英)

久し振りに読んだ<新・古着屋総兵衛 >。とりあえず面白く読みました。 日本だけで納まっている方が読みやすい私です(^^ゞ。前作の<古着屋総兵衛>もですが(^^ゞ。 壮大でいいのかもしれませんが、日本での話の方がすんなりと馴染めます(^^ゞ。 で、次回で終わりだそうで、10代目は海外へ夫婦で行ってしまうようですが、 最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「淋しい狩人」(著・宮部みゆき)

2月に読み終わっている本で、もううっすらとしか覚えていませんが、 古本屋の主人イワさんと孫の稔のお話で、六編の連作短編集になっており、 一緒に暮らしていないお祖父さんと孫なのですが、 とてもいい感じで、いい距離感で、助け合い、諸々で楽しいです。 孫の初恋も出てきます。 水商売のずっと年上の女性と~ですが。。。慌てるイワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「その男」(著・池波正太郎)

<内容紹介 幕末から明治へ、数奇な運命を辿った直参の剣士の生涯を描きつつ、維新史の断面を見事に刷る長篇。杉虎之助は微禄ながら旗本の嫡男。生来の病弱に加えて義母にうとまれ、そんな我が身をはかなんで、十三歳のとき大川に身を投げた。そこで、謎の剣士・池本茂兵衛に助けられ、この時が波瀾の人生の幕開けだった──。 > というお話で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more