内藤剛志の「十津川警部シリーズ」を~(ドラマ)

西村京太郎の推理小説のシリーズ「十津川警部シリーズ」は多くの俳優さんが演じていますが、渡瀬恒彦が好きですし、彼のドラマで一番素敵なのも十津川警部だと思っている私は、彼の「十津川警部」しか観ていませんでした。 亀さんの伊東四朗はもちろん!その他のメンバーも好きでしたし。 が、昨日再放送された内藤剛志の「十津川警部」を観まし…
コメント:0

続きを読むread more

「追想」(映画)

ユル・ブリンナーとイングリッド・バーグマン主演の1956年の映画です。 ロシア帝国のアナスタシア皇女が存命するという伝説を元にした、マルセル・モーレット(フランス語版)による1955年の戯曲『アナスタシア(フランス語版)』の映画化だそうで、フランスが舞台です。 イングリッド・バーグマンは、この作品で2度目のアカデミー主演…
コメント:0

続きを読むread more

いいなと思う日本の女優は。。。

(そういえば、この写真で山岡久乃も思い出し、山岡久乃もよかったな~と。) 奈良岡朋子、杉村春子、草笛光子がいいなと思います。好きです。 何時観てもいいなと、老いて益々魅力的だなと思います。 で、昔、タイトルは忘れましたがTVドラマで<お万の方>を演じていた佐久間良子がいいなと、 その後は若尾文子、きれいな人だなと。 で…
コメント:2

続きを読むread more

「歩み Part1」中澤卓也 (CD)

待っていた、オリジナル曲のアルバムで、ようやく出たなという感じです。 が、そこまで? もう一歩進んで欲しかったです。というのは、その先に出された曲もということです。 で、13曲しか入っていなくて、3000円なんですね。足元見られてるな~と(^^ゞ。 私、サインもポスターもいらないです(^-^;。その分引いてくれると嬉しかっ…
コメント:0

続きを読むread more

「アンという名の少女」(ドラマ)

L・M・モンゴメリの1908年の小説「赤毛のアン」を原作としたドラマで、2017年に放送されたものの再放送なのだそうです。 2020年9月6日からNHKでシーズン1が全8回に編集されて放送予定とのことで、第一回を観ました。 「赤毛のアン」は小学生のころシリーズを読みました。最後まで読んだのかどうか記憶にありませんが、友達…
コメント:2

続きを読むread more

キーシンをまた~

キーシンのカラヤン指揮でのチャイコフスキー・ピアノ協奏曲を久し振りに聴いて、キーシンを改めて聴き直しています。 で、今回、このDVDを。 何度も日本に来ているそうですが、コンサートに行ったこともなければ、TVでも観たことがありません。 ただ、CDとDVDとYouTubeでだけです。 で、CDとDVDの購入は、ほとんど20…
コメント:0

続きを読むread more

「愛と青春のフォーク全集」(CD)

北海道は、昨日で30℃越えの暑い日を終え、今日は雨降りですが、ホッとした日を過ごしています。 ま、これからは寒い日もあるようで、最高気温でも20℃にならない、最低気温は14℃とか15℃という日もあるそうで、朝はストーブがほしくなるかなと思います。 一気に秋です。 で、気分も爽やかに、昔、若いころ、よく歌ったフォークのアルバ…
コメント:2

続きを読むread more

今日は、「悲しき足音」が~

今日は何故か「フッ・ステ~ップ~お~おお~おフッ・ステ~ップ♬」と浮かんで、歌っていました。 そういえば、私のオールディーズのCDには入っていないんです。 当時はレコードも買って持っていたのですが、もう無いですし。。。。それで一枚だけのアルバムを買ったんです。 随分前です。2010年に買っていました。やはり懐かしくて、その…
コメント:4

続きを読むread more

「男が爆発する」(映画)

1959年の石原裕次郎主演の映画で、北原三枝、浅丘ルリ子、白木真理の女優陣、男優陣も二谷英明、金子信夫、滝沢修と、いつものメンバーが共演です。 で、原作は柴田錬三郎の同名小説だそうで、農場売収をめぐるアクションものなのだそうですが、<アクションもの>とも言えないかな、という感じがします。 いろいろ有りで、<アクションもの>と…
コメント:0

続きを読むread more

「危険な場所で」(映画)

ロバート・ライアン主演の1951年の映画です。サスペンスなのだろうと思います。 が、心が荒んでしまった一人の刑事が、ある殺人事件で、犯人を追う中、出会った犯人の姉、盲目のマリーと出会い、弟を助けたいという彼女の思いを受けて、温かいものに触れていくように変わっていきます。 そんな二人が描かれている映画でした。 犯人は、少…
コメント:0

続きを読むread more

「拳銃王」(映画)

1950年の、グレゴリー・ペック主演の西部劇です。 先日TV放送されていて、グレゴリー・ペックが主演の西部劇なら面白いかも~と、録画しておいて観ました。 良かったというか、切ないというか、観終わって、ちょっと複雑です。 グレゴリー・ペックはジョニー・リンゴをモデルにしたアウトローを演じています。。。。カッコいいグレゴリー・…
コメント:0

続きを読むread more

R・ケネディの孫、落選

今朝、「ケネディ一族、地元州選挙で初の敗北…元大統領の弟の孫」という記事が目に入りました。 <元大統領の弟>といっても二人いるので、誰? と。 顔に覚えがあるな~と読み始め、 <米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は1日、米連邦議会上院選のマサチューセッツ州の民主党予備選で、ケネディ元大統領の弟であるロバート・ケネディ…
コメント:0

続きを読むread more

「あめふりくまのこ」を。。。。

(絵本もあるのですね。これは知りませんでした。) 今日は、夕べから雨で、今は大雨の警戒レベル3に相当する状況になっているそうです。が、まだ不安感まではないのですが、 近年は、雨がどうなっていくか、危険な状態になることが多く、雨は恐怖・不安を伴います。 雨を心地よく眺めていたのに、雨の歌で好きな曲があるのに、 今は、そんな…
コメント:0

続きを読むread more

「あなたの心に」と「空よ雲よ風よ」が浮かび。。。

(適当な空の写真が手元に無くて。。。間に合わせたのですが。。。。さみしい($・・)/~~~) 青い空と白い雲。。。空を見上げて思い出す曲が、この曲が多いです。何故か頭に浮かび、口ずさみます。 先日、YouTubeでカラオケ用の動画があって、見ながら歌っていました。もちろん小さな声で。暑いので窓が全開で、音痴の歌が外に漏れたら…
コメント:2

続きを読むread more

「鞍馬天狗」(ドラマ)

子供のころに見た記憶がある「鞍馬天狗」。大きくなってからは観ていません。詳しい話も覚えていません。 今回、「BS時代劇」で8月28日から10月16日(予定)まで放送されるということで(2008年のドラマで、再放送だそうで)、 一回目、観てみました。 う~ん、ちょっと記憶の鞍馬天狗とは違い、ちょっと妖気が漂い、が、思いっきり…
コメント:2

続きを読むread more

「君の名前で僕を呼んで」(映画)

先日観た「ローンレンジャー」のアーミー・ハマーが主演しているというので、観てみようかなと。。。。。 が、今まで観ることのなかった世界で、 北イタリアの避暑地が舞台で、17歳と24歳の、男同士の恋のお話なのですが。。。。。 でも、なんとも自然で、違和感なく、切ない感じで観ました。 全体的に美しく描かれています。そして、何と…
コメント:0

続きを読むread more

カラヤンのDVDは「カラヤンの遺産」の2枚。。。

「ベスト・オブ・カラヤンの遺産」 お、カラヤンの<「ウィリアム・テル」序曲>! と思った私です(^^ゞ。 「新世界」も耳慣れた曲で、映像で、指揮するカラヤンを観ながら聴くのが、嬉しかったです。 2009年に買っていました。 で、7,8,9のチャイコフスキーのピアノ協奏曲のピアニストは、エフゲニー・キーシンです。キ…
コメント:0

続きを読むread more

「ロマンティック・カラヤン」(CD)

お馴染みの曲が、カラヤン指揮の、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団で聴けるというアルバムで、もっとも私は全部知っているわけではありませんが(^-^;。 「カラヤンのアダージョ」というアルバムに入っていることの多い、「マスカーニ: 歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》間奏…
コメント:0

続きを読むread more

「ミスター・ベースマン」が好き

オールディーズが好きですが、一番好きなのは、ジョニー・シンバルの「ミスター・ベースマン」かなと思います。 「バ~バババ~ボ♬」と(^-^)。 これは、レコードも残っています(^-^)。 初めて聴いたのは、TV番組で日本の歌手がカバーしているものだったように思います。 その後、ラジオで、「あ、これが~」と思った記憶がありま…
コメント:0

続きを読むread more

「男と男の生きる街」(映画)

1962年の石原裕次郎主演の映画で、サスペンス的な感じで展開する、殺人事件に関することを調べていく記者のお話です。 共演女優は、渡辺美佐子、芦川いづみ、南田洋子と三人いますが、彼の恋愛の対象ではありません。 その要素が無い映画で、ちょっぴり残念でしたが、ちょっと見応えがあったかなと、脚本が練られていたなと思いました。 …
コメント:0

続きを読むread more

「愛と死の記録」(映画)

吉永小百合と渡哲也が初共演した映画だそうで、先日、渡哲也が亡くなって、追悼で放送されたものです。 <純愛映画>となっていますが、被爆者を描いているので、単純に<純愛映画>と言えないものでした。 広島での原爆です。。。。。。重いです。 この映画で主演の二人が付き合い始めたという、そんなことでしか知らなかったので、 そん…
コメント:0

続きを読むread more

「激怒」(映画)

1936年のスペンサー・トレーシー主演の映画です。 ちょっと日本ではあり得ないような話で。。。。。。 恋人同士が離れて、お金を貯めて結婚しようとする話から始まるのですが。。。。。 それは、あると思いますが、 お金が貯まった彼が彼女を迎えに行く途中、誘拐犯人に間違われ。。。。。 そこまでは、考えられる話で。。。。。 …
コメント:0

続きを読むread more

「ラスト・シューティスト」(映画)

1976年のジョン・ウェインの遺作で、 1901年ネバダ州を舞台に、癌で、余命幾ばくもない伝説のガンマンの最後の7日間を描いた西部劇です。 冒頭で、「赤い河」、「リオ・ブラボー」「エル・ドラド」などのジョン・ウェイン主演の映画のシーンが挿入されています。思わず懐かしい!と思いました。 共演も豪華で、ローレン・バコール、…
コメント:0

続きを読むread more

ニール・セダカは「おお!キャロル」が好き

ニール・セダカは日本でもヒット曲が多いですが、中でも私は「おお!キャロル」が一番好きです。 ベスト盤のLPレコードを買ったのが初めてで、今は、ベスト盤のアルバムのCD一枚とDVD一枚しか持っていませんが、 オールディーズのアルバムにも彼の曲は何かしら入っています。 ラジオで聴いていて、心地良い、明るいポップスで、可愛い感じ…
コメント:2

続きを読むread more

「愛のフィーリング」はモーリス・アルバート

「愛のフィーリング」をファイ・ハイ・セットで「フィーリング」として聴いた私は、ずっと、モーリス・アルバートが歌う「愛のフィーリング」を知りませんでした。 たまたま買ったCDにモーリス・アルバートが歌う「愛のフィーリング」が入っていて、いい!と、とても気にってしまいました。 いろいろな人がカヴァーしていますが、モーリス・アルバートで聴…
コメント:0

続きを読むread more

「Mario Lanza Collection」(CD)

カレーラスのマリオ・ランツァを聴いて、ちゃんとしたマリオ・ランツァを聴いてみようと、このアルバムは代表曲が集まっているのかなと思い、「O Sole Mio」が入っているし、「Serenade」が入っている!と、このアルバムを選びました。 聴いてみたら、「Serenade」は 「Serenade」違いで、「学生王子のセレナーデ」…
コメント:0

続きを読むread more

「わが心に歌えば~マリオ・ランツァに捧ぐ / カレーラス」(CD)

マリオ・ランツァの歌を歌っているんだ、聴いてみよう!と思い、 「学生王子のセレナード」も入っているし('◇')と、嬉しいアルバムです。 マリオ・ランツァの名前は知っていて、YouTubeで歌を聴いたことはあるのですが、じっくり聴いたことはありません。 我が家のパソコンは、音が余り良くないので、音楽を聴くには不向きなので…
コメント:0

続きを読むread more

「出獄」(映画)

ジェームズ・スチュアート主演で、監督は ヘンリー・ハサウェイ。 シカゴ・タイムス紙の記者ジェイムス・マッガイアが経験した事実を書いた手記を映画化したものなのだそうです。 警官殺害事件で服役中の犯人の母親が、息子の無罪を訴えようと広告を出したことで、新聞記者マクニールが担当することになり、 彼は犯人のウィーセックに間違い…
コメント:0

続きを読むread more

ロバート・ケネディとアンディ・ウィリアムスって。。。

ロバート・ケネディの葬儀でアンディ・ウィリアムスが「リパブリック讃歌」を歌ったという話は聞いていて、その後「アヴェ・マリア」も~とは聞きましたが、それでレコードが出ていたのは知りませんでした。 で、個人的にも付き合いがあったのも知りませんでした。 今ごろ~!知った私で、驚いている私です(/_;)。 何故知ったかというと…
コメント:0

続きを読むread more

アンディ・ウィリアムスの「ムーン・リバー」が聴きたくなって

今朝、ペリー・コモのCDを流していたら 「ムーン・リバー」が聴こえてきて、ペリー・コモの「ムーン・リバー」もいいのですが、アンディ・ウィリアムスの「ムーン・リバー」が聴きたくなって、<「ムーン・リバー」はやはりアンディ・ウィリアムスだ!>なんて思ってしまいました。 久し振りにアンディ・ウィリアムスを聴きました(^-^)。 タイトルも…
コメント:2

続きを読むread more

渡哲也が亡くなったそうで。。。

ビックリしました!!! ちょっと前に、石原裕次郎とのCMを観たばかりなのに。。。。。 <10日に肺炎で死去していたことが14日、分かった。78歳だった。この日、近親者のみで密葬が営まれた。> <複数の関係者によると、入院先の東京都内の病院で親族に看取られ、静かに息を引き取ったという。2015年6月に心筋梗塞の手術を…
コメント:0

続きを読むread more

「大江戸もののけ物語」(ドラマ)

もうじき終わるそうですが、NHK BSプレミアムで金曜20時から放送されている時代劇で、連続5話という短いドラマです。 寺子屋の師匠と妖怪の交流を描くファンタジックなものですが、出てくるのは妖怪なので、ちょっと引くものもありますが、見慣れるとカワイイです。 主役は、旗本の二男坊で、心が優しく気が弱いく、剣術も不得手で、 …
コメント:0

続きを読むread more

「MIU404」(ドラマ)

<ミュウ ヨンマルヨン>と読むのだそうで。今季のドラマの一つで、刑事ものなのですが、 ちょっと普通の刑事ものとは違うかなと思います。 犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナルである機動捜査隊(機捜)が、事件解決を目指す1話完結の刑事ドラマで、そこは普通なのですが、 主演2人が、一人は寡黙な感じで、凄腕の刑事…
コメント:0

続きを読むread more

「新・ガンヒルの決斗」(映画)

先日TVで放送されたグレゴリー・ペック主演の西部劇で、ちょっと期待して観たのですが、ちょっと、残念感がありました。 悪役が、余りにもえげつない! 変な一時的な興奮状態の感情で、ひどいことをして、殺していきます。 さすがに子供は殺しませんが。 はい、女の子が出てくるんです。 主人公が刑務所から出て、復讐をするためにお…
コメント:0

続きを読むread more

「サムシング・アバウト・ラブ愛の残像」(映画)

カナダの映画だそうで、息子が昔買ったDVDで、ちょっといいかも~と思い、観ました。が。。。。。 微妙です(^-^;。 悪くはないのですが、いいえ、いいのかもしれないのですが、 ラストがスッキリしなくて。。。。どうなるの?どうなったの?で、終わっちゃうので。。。。。 基本的には父と息子の話かなと思うのですが、 父親に…
コメント:0

続きを読むread more

「ローンレンジャー」(映画)

シルバーにまたがり、颯爽と現れ、走り出すローンレンジャー。「ウィリアム・テル序曲」が盛り上げます。 私には懐かしいシーンです。 子供のころ、米TVドラマで「ローンレンジャー」があったんです。毎週観ていました。面白かったのを覚えています。 それが、ジョニー・デップ主演で、半世紀以上経ってから映画でリメイク? その割には(T…
コメント:2

続きを読むread more

「竜の道」(ドラマ)

面白いかどうか分からないけど、何となく気になるから観てみよう!と観始め、 まだ二回ですが、面白いです。 双子の兄弟が親の仇うち~という古臭いような題材ですが、一人は顔を変えてしまい、別人になってまで、 素性を悟られないようにし、裏の社会へ。 で、もう一人はエリート官僚になり、力を合わせます。 今のところ、<ハードボイル…
コメント:0

続きを読むread more

「自然音+クラシックBGM 波」(CD)

夏になると、水の音が心地いいです。北海道も暑くなってきました。 海が好きなので、波の音も好きです。 で、このCDはいつ買ったのか、どこで買ったのかも覚えていませんが、もう古いです。 <Herling Sound Collection>「波 目をとじれば 水平線がみえてくる」自然音+クラシックBGM となっています…
コメント:2

続きを読むread more

今日は「愛しのラナ」が聴きたくて。。。

何故かヴェルベッツの「愛しのラナ」が聴きたいというか、頭に曲が浮かんできて。。。。レコードがあったのですが、なくなってしまって、 今はオールディーズのアルバムに入っているのを聴くのですが。。。 このアルバムは「夢のお月さま」も入っているし、良かったです。ほかもいろいろで、好きな曲が多いです。オールディーズ…
コメント:2

続きを読むread more

細川たかしを聴いて。。。

先日、歌番組で、細川たかしが歌う「2020イヨマンテの夜」を聴いて、素晴らしいなと思いました。 好きな曲ではあるのですが、伸びやかな細川たかしの歌で、気持ちよく聴きました。 昔、デビュー当時、LPレコードを買いました。もう残っていなくて残念ですが、 その後に買ったCDもなくなって、今は一枚のCDがあるだけなのですが。。。 …
コメント:0

続きを読むread more

渡哲也、石原裕次郎CM共演

長年、石原裕次郎がやっていた松竹梅のCMを、渡哲也が引き継いでいましたが、 「松竹梅」の50周年を記念した新CM「よろこびをお伝えして50年~幻の共演~」編(29日から放送)で最後なのだそうです。 石原裕次郎の映像は1970年と75年のものを使用し、渡哲也の映像は18年のものを用いたそうで、 ナレーションは、渡哲也が今…
コメント:0

続きを読むread more

「クラシック・ベスト200」(CD)

8枚組の200曲で、気分で選んで聴けるように作られているアルバムです。 曲も多いので、知ってる曲も好きな曲も、より入っています。 そういう意味で、やはり私向き、初心者向きのクラシック・アルバムです。 これで、私のクラシックは完結かな思います(^^ゞ。 今月誕生月なのですが、クラシック音楽での誕生月という、私には画期的…
コメント:4

続きを読むread more

「恋の特効薬」サーチャーズも。。。

この「恋の特効薬」も余り、オールディーズのアルバムに収録されていなくて、 一枚だけ入っているCDを持っていますが、この曲もヒットしたのに何故?と思います。 やはり1960年代のヒット曲です。 私がもっていないだけなのでしょうが、 私の中では、「悲しき雨音」とセットで思い出される曲で、「悲しき雨音」はけっこう収録されていま…
コメント:0

続きを読むread more

ジェイとアメリカンズの「カラ・ミア」

1965年のヒット曲なのですが、いろいろなオールディーズのアルバムが発売されていますが余り入っていないようで、 というか、私が持っているオールディーズのアルバムには入っていなくて、 でも、レコードが残っていて聴けるのですが、 好きな曲で、何故入らないのだろう?と、いつも思います。 で、この「カラ・ミア」はイタリア語だそう…
コメント:0

続きを読むread more

「どこかで聴いたクラシック ・ベスト101」(CD)

もう一つクラシックのアルバムを。 素人の私が、馴染みやすいアルバムです。私向きです(^^ゞ。 6枚組ですが、よく耳にする曲が多く、私が知っている曲も何曲かあります。好きな曲もあります。 はい、僅かですが、好きな曲もあるんです(^^ゞ。 で、クラシックだったの?という曲もあり、そんなのに使われていたんだ~という曲もあり、 …
コメント:6

続きを読むread more

「好きにならずにいられない」の原曲?

プレスリーの歌で知られている「好きにならずにいられない」、私も好きですが、オリジナル曲だと思っていました。 作詞・作曲もジョージ・デヴィッド・ワイス、ヒューゴ・ペレッティ、ルイージ・クレイトアーとなっていましたし。。。 が、<18世紀のフランスで生み出された楽曲「愛の喜び (Plaisir d'Amour)」のメロディを元に…
コメント:2

続きを読むread more

久し振りにクラシックを~

本当に久しぶりに聴きました。クラシック・ファンではないので、というよりクラシックは余り聴かず、疎いので、恥ずかしい状態ですが、それでも楽しむ時があります。 TVを観ていたら、モーツァルトのクラリネット何とやらという曲が流れて心地よく聴いたので、久し振りにクラシックを聴いてみようと。 このアルバムは、知ってる曲が何曲かあります…
コメント:4

続きを読むread more

石原軍団解散だそうで。。。

ついに~!という感じです。数日前から、そんな記事が出ていましたし、その前からも。。。。 石原裕次郎がつくった石原プロモーション、なくなっちゃうのですね。 実際は、石原プロの事業縮小? 石原音楽出版が音楽関係の版権や遺品の管理を担っていくのだそうです。 1963年に設立したそうで、話題の多いところでした。 舘ひろ…
コメント:0

続きを読むread more

プレスリーの孫が自殺したそうで。。。

今朝知った、驚きのニュース! <米メディアによると、ロック界の「キング(王様)」として知られる故エルビス・プレスリーの孫ベンジャミン・キーオさん(27)が12日、カリフォルニア州カラバサスで死亡した。芸能情報サイトTMZは、捜査関係者の話として、銃による自殺だったと報じた。>と。 プレスリーの娘リサ・マリーと、ミュージシ…
コメント:2

続きを読むread more

最近「刑事コロンボ」(米ドラマ)、観てます。

BSで再放送されていることが今までも多かったのですが、リアル・タイムで観ていた私はスルーしていました。 が、最近時々観ます。で、面白く観ています。 最近観ていた米ドラマは「24」で、ずっと前になります。その前後も観ていません。 リアル・タイムの「刑事コロンボ」まで遡っちゃいます(^-^;。 それ以前は米ドラマを観るこ…
コメント:0

続きを読むread more