「Strangers When We Meet」(映画)

邦題は「逢う時はいつも他人」で、1960年の、カーク・ダグラス、キム・ノヴァク主演の映画です。 キム・ノヴァクが好きで観たかったのですが、男っぽいカーク・ダグラスが最近まで苦手で、観る機会があったのに観なかった映画で、後悔していました。苦手意識はなくなりましたが、TV放映もないので諦めていました。 が、今朝、 オンリー・ザ・…
コメント:2

続きを読むread more

「ピクニック」(映画)

この映画は昔、ビデオで観ているのですが、 パット・ブーンの「ムーン・グロウ」を聴いていて、「ピクニック」を観よう!と思いました。(「ムーン・グロウ」は「ピクニック」で使われた曲で) で、何ということもない!ほとんど覚えていませんでした。いつものことなのですが(^^;)。 でも、もう少し覚えているつもりでした(^^;)。 …
コメント:4

続きを読むread more

「武器よ さらば」(映画)

アーネスト・ヘミングウェイの小説「武器よさらば」を映画化した、1932年のゲーリー・クーパー主演の映画です。 1957年にロック・ハドソン、ジェニファー・ジョーンズ主演でリメイクされていて、本当はこちらで観たいな~なんて思っていたのですが、こちらを観ることが出来たのは、それはそれで良かったなと思います。 ゲーリー・クーパー、…
コメント:2

続きを読むread more

「銀漢の賦」(著・葉室麟)

ちょっと久し振りの葉室作品です。第14回(2007年) 松本清張賞を受賞した作品だそうで、立場が違う三人のそれぞれの男の生き方と、ゆるぎない友情を描いています。 その友情は羨ましいものですが、生死を超えたところにあるというか、それさえも巻き込んでいます。 犠牲もあります。が、時代背景もありますが、それぞれが激しい生き方です…
コメント:2

続きを読むread more

アレッド・ジョーンズを~

ラッセル・ワトソンと歌ってアルバムを出したアレッド・ジョーンズですが、私はこれでアレッド・ジョーンズを知り、美しい声の人だなと、ソロで歌っているアレッド・ジョーンズを聴いてみようと、「Reason to Believe」というアルバムを聴きました。 このアルバムは、ポピュラー系なのだと思います。が、静かな感じの曲ばかりです。知…
コメント:0

続きを読むread more

久し振りのジャック・ジョーンズ

「All the Things You Are: The Love Collection 」という二枚組のアルバムです。 何枚かのジャック・ジョーンズのCDがあったのですが、処分してしまい、失敗したなと(三枚だけ残っています。)。。。。。久し振りに聴くと懐かしい! これはカバー曲が多いですが、全部? 知らない曲もあるので。で…
コメント:0

続きを読むread more

『廻り道 手蹟指南所「薫風堂」』(著・野口卓)

<手蹟指南所「薫風堂」シリーズ>の最終巻です。 子供たちに読み書きを教える「薫風堂」の師匠・雁野直春は、母親を捨て、母親の実家にも理不尽だった父親(三千八百石の旗本)が許せず、あくまでも父親を拒否します。 ま、いろいろあるだろうけど、父親のお金で楽な、行き届いた生活をしてこれたのだし~とも思いますが。 心を大切にし、子供た…
コメント:0

続きを読むread more

< 新・軍鶏侍シリーズ>(著・野口卓)

< 新・軍鶏侍シリーズ>、続けて一~四巻まで読んでしまいました。その間、DVDも観る気になれず、録画したTVドラマもそのままでした。 <軍鶏侍シリーズ>が終了して七年後ということで、子供たちも大きくなり、若者だった弟子たちは藩の中堅処となり、世代交代という感じですが、みんな登場するので嬉しかったです。 気になった九頭目一亀は中老で忙…
コメント:0

続きを読むread more

「遊び奉行 軍鶏侍外伝」(著・野口 卓 )

軍鶏侍シリーズ一巻目の、藩の政争に巻き込まれた岩倉源太夫ですが、陰で活躍した藩主の腹違いのお兄さん、九頭目一亀のお話です。 岩倉源太夫よりいっぱい活躍した九頭目一亀で、知恵と行動力と、そして家族思いの温かい一亀です。カッコいい生き方の、カッコいい男の一亀です。 大人びているので、ぐんと大人なのかと思ったら、父親の藩主から密命…
コメント:0

続きを読むread more

「ネバーランド」(映画)

2004年のジョニー・デップ主演の映画で、1903年のロンドンを舞台に、実在した作家ジェームズ・M・バリが父を失い母と暮らす幼い4人兄弟と出会い、彼らとの交流に触発されて「ピーター・パン」を構想していくのですが、その物語を完成させるまでを描いた、実話に基づく話だそうです。 これも封切りの時から観たかった映画です。 夢のあ…
コメント:0

続きを読むread more

「危機 軍鶏侍」 (著・野口 卓)

<軍鶏侍シリーズ>の六巻目です。気心の知れた仲間たちと弟子たちと、公儀隠密の仕掛けに立ち向かう源太夫たちでした。 弟子たちも育って一人前になり、頼もしいです。 女性たちは登場してもお茶を出すくらいです。ま、それよりはちょっと~ですが(^^ゞ。 で、<軍鶏侍シリーズ>はこれでひと区切りです。 なんだかんだと、私とし…
コメント:0

続きを読むread more

「ふたたびの園瀬 軍鶏侍」 (著・野口 卓)

<軍鶏侍シリーズ>の五巻目です。 軍鶏侍・岩倉源太夫の弟子、東野才二郎が江戸に行き、そこで源太夫の親友の娘に出会い、二人の話が面白く、どんどん進んで、私には早い読みでした。 真面目な才二郎が、だからこそ楽しかったりするのですが、その活躍も成長も楽しかったです。 侠客の義父に大事に育てられた園で、明るく真っ直ぐな気性で、豊か…
コメント:0

続きを読むread more

「僕たちの洋楽ヒット モア・デラックス VOL.2:1964-69」( CD)

60年代のオールディーズが好きでよく聴きますが、考えてみると64年くらいまでだったような気がします。その後はカンツォーネ、映画音楽に流れていったので。 でも、その後もラジオは聴いていたので、好きな曲はレコードを買ったのですが、それらももう無くて。。。。最近聴きたいと思う曲も出てきました。って、多いです。 それがこのアルバムに…
コメント:0

続きを読むread more

「水を出る 軍鶏侍」(著・野口 卓)

<軍鶏侍シリーズ>の四巻目です。弟子のトラブルがいろいろで、話が進みます。一つ解決すると、また別の誰かが~と、だんだん読むペースが落ちてきていますが、先が気にかかり、ボチボチ読み進めています(^-^;。 ここでは最後に、養子の市蔵が真実を知ってしまうという話が出てきます。 が、全部を知ったわけではないのですが。。。。9歳…
コメント:0

続きを読むread more

「遠すぎた橋」(映画)

戦争映画は余り観ないのですが、監督がリチャード・アッテンボローだというのと、出演者が豪華で、特にライアン・オニールとマクシミリアン・シェルとアンソニー・ホプキンスが嬉しかったですが、ほかにもロバート・レッドフォード、ショーン・コネリー、ダーク・ボガード、エドワード・フォックス、マイケル・ケイン 、ジーン・ハックマン、ジェームズ・…
コメント:0

続きを読むread more

「マイガール2」(映画)

「マイガール」の続編で、前作から2年後を舞台に、13歳になったベーダのお話で、 夏休みの宿題「功績を成した人物」のレポートの題材を、自分を生みすぐに他界した母親に決め、一人でロサンゼルスへと旅立ちます。 叔父さんのフィルを訪ねるのですが、フィルの恋人の息子ニックに付き合ってもらいながら、生前の母親の姿を求めます。 随分大…
コメント:0

続きを読むread more

「飛翔 軍鶏侍」 (著・野口 卓)

<軍鶏侍シリーズ>の三巻目です。 面白いのと、それほど・・・と思うのと、ワクワクしたり、感動的な話もありの三巻目でした。 <咬ませ>では盛りを過ぎた軍鶏の悲しさが。。。生き物を闘わせて喜ぶ人たちがわかりません。好きじゃない話です。 が、軍鶏にも世話をする人たちの思いにも気が付いた源太夫で、思わず「遅いんだよ、気が付くの…
コメント:0

続きを読むread more

「老人と海」(映画)

1952年に出版された、アーネスト・ヘミングウェイの短編小説を映画化したもので、1958年の、スペンサー・トレーシー主演の映画です。 で、海のシーンは、キューバのコヒマル湾一帯に2ヵ月のロケを行なって撮影され、ヘミングウェイも同行したそうです。 迫力があり、闘う男が描かれた映画ですが、老人の孤独も描かれ、ただ一人彼に心を寄せ…
コメント:2

続きを読むread more

「軍鶏侍」と「獺祭 軍鶏侍 」 (著・野口 卓)

続けて読んでいる野口 卓の小説で、この「軍鶏侍」で、2011年に時代小説デビューしたそうで、これで歴史時代作家クラブ新人賞受賞をしているのだそうです。評判がいいようで、読んでみようかと。 この<軍鶏侍シリーズ>、はじめはそれほど面白いと思えず、剣豪ものに軍鶏の話なのか。。。とテンションが下がったのですが、読んでいくうちに剣豪ものだ…
コメント:0

続きを読むread more

「生活の設計」(映画)

ゲーリー・クーパー 主演の1933年の映画です。ゲーリー・クーパー の名前が二番手になっています。フレデリック・マーチ の方が格上だったのですね。それは別として、三角関係のお話です。 で、コメディなのですが、何となくコメディにも思えなくて。。。 トム(フレデリック・マーチ )とジョージ(ゲーリー・クーパー)は親友で、列車…
コメント:0

続きを読むread more

北海道、昨日ついに緊急事態宣言

広がる新型コロナウィルス! 全国の幼小中高学校が休校を首相から要請されていますが(しない学校もあるようで)、北海道はいち早く小中学校が知事の判断で休校になっています。が、7日まででしたが、首相の要請で延長されるのだと思います。 お子さんのいるお家は大変なことになっているのだと思います。 が、北海道は感染者が多いです。なので…
コメント:2

続きを読むread more

「マイガール」(映画)

「小さな恋のメロディ」のような映画かと思ったら、違いました。 主人公の女の子ベーダと、男の子トーマスは仲良しでいつも一緒ですが、 彼女は学校の先生に恋をしています。 で、彼の持っている感情も友情のようですが、ちょっぴり幼い恋も混じっている? そんな感じの二人です。 彼女のお母さんは、彼女が生まれて二日後に亡くなったそ…
コメント:0

続きを読むread more

「アバウト・タイム」(映画)

ジャケットから、タイム・トラベラーの恋愛ものかと思ったのですが、 タイム・トラベラーの青年の成長と恋と家族愛が描かれた映画で、 彼の家の男子だけが持つ能力だそうで、21歳の誕生日に父親に聞かされ、タイム・トラベラーとしての人生が始まります。 が、普通のタイム・トラベルと映画と違うのは、彼が望む時間と場所にタイム・スリッ…
コメント:0

続きを読むread more

「モンタナの風に抱かれて」(映画)

ロバート・レッドフォード主演で、<雄大なモンタナの大自然を舞台に、傷ついた少女と馬の癒しと再生、男と女の切ない愛の交わりを、美しい映像で綴っていくドラマ。>というので、観てみようと。。。馬の話というのも興味があり。。。 で、ロバート・レッドフォードは主演だけではなく、監督・製作もしていて、監督第5作目なのだそうです。 若…
コメント:0

続きを読むread more

「2ガンズ」(映画)

2013年のデンゼル・ワシントン、マーク・ウォールバーグ主演のアクション・コメディです。が、アクション映画でいいと思います。 久し振りにデンゼル・ワシントンを観ました。「天使の贈りもの」のようなデンゼル・ワシントンが観たいのですが、せめて「ボーン・コレクター」のようなデンゼル・ワシントンが観たいのですが、いつのまにかアクション…
コメント:2

続きを読むread more

「山」(映画)

1955年のスペンサー・トレーシー主演の、<アルプスの峻峰に大ロケを敢行した山岳映画>ということで、共演はロバート・ワグナーです。 この二人は1954年の「折れた槍」で親子で共演していますが、この「山」では兄弟です。 スペンサー・トレーシーは親代わりのお兄さん役ですが、やはり相手がロバート・ワグナーだと父親役の方が合うように…
コメント:0

続きを読むread more

「オレゴン魂」(映画)

「勇気ある追跡」(1969年)の続編というので、楽しみにしていました。お酒飲みのコグバーン保安官。ぐんと老いていましたが、保安官もお酒飲みであることも健在です。 が、今度は犯人を殺しちゃいけないと判事に言われ。。。。。いつもと違う?と思ったら、努力はしているようでしたが。。。。派手な。。。。で、協力者に牧師の父親を殺された娘が…
コメント:0

続きを読むread more

「シェイプ・オブ・ウォーター」(映画)

封切り時にTVでCMが流れていて、その時から観てみたいなと思っていました。捕獲された半魚人と女性が~と、ちょっと素敵に思えたんです。 やはり現代のお話で、子供の童話の世界とは違い、ちょっとリアルで、その半魚人を殺そうという軍人がいて、拷問までします。 で、その軍人は、声を出せない清掃婦の彼女に卑猥な言葉まで掛けたりします。 …
コメント:0

続きを読むread more

「よろず相談屋繁盛記」1~5弾(著・野口卓)

『手蹟指南所「薫風堂」』を読んで、もう一つ同じ著者の本を読んでみようと、 ちょっと軽めの題が、ちょっと変わっていて、江戸時代の話で、動物と話せて、相談屋をする若い主人公、<軽妙な時代小説>だということで、レビューでも評判が良さそうで、面白いかも~と読み始めました。 期待したほどの面白さではなかったのですが、このシリーズ、最新刊の…
コメント:0

続きを読むread more

『手蹟指南所「薫風堂」』一~四弾(著・野口 卓 )

最近読み続けていた葉室麟からちょっと離れてみようかなと思い、ちょっと面白そうかなと読み始めました。 訳ありの二十歳の青年が手習所の師匠になることになり、彼のこと、周りの人のこと、子供たちのこと、心に決めた女性のことなどのお話で、 基本的には、<手蹟指南所>は手習子のためにあるものだという線で、温かく、落語的なテンポの良さと、人情と笑…
コメント:0

続きを読むread more

「雨と詩人と落花と」(著・葉室麟)

先日読んだ「霖雨」の九州・日田の広瀬家の兄弟の末弟、旭荘とその妻の夫婦の物語だというので、読んでみたいなと。。。 「霖雨」でも旭荘が出て来ていて、お兄さんたちを助けていましたが、脇の方でした。 なので、パッと手が出てしまいました(^-^;。 表紙と題も素敵な感じで。。。。。思い込みと目に入ったものに弱い私です(^^;)。 …
コメント:4

続きを読むread more

「若い川の流れ」(映画)

1959年の、原作が石原洋次郎で、石原裕次郎主演の、「陽のあたる坂道(1958)」に次ぐ石坂文学の映画化ということです。 週刊明星連載の同名小説を、「陽のあたる坂道(1958)」の田坂具隆が、池田一朗と共に脚色し、監督したそうです。 石原洋次郎の作品と知らないで観たのですが、石原洋次郎の世界だなと、理屈っぽい会話が続くなと思…
コメント:0

続きを読むread more

「宿命の対決」(映画)

騎兵隊のオーディ・マーフィで、キリリとした感じがステキでした。西部劇は多いですが、騎兵隊は初めて観ました。 なかなかいいなと思いながら観ていました。 ちょっと口数が多い、時に軽口も~と、いつもと違うキャラクターでした。いつもは寡黙な男が多いように思います。 で、南北戦争直前のお話で、インディアンと彼ら騎兵隊が戦うのですが、…
コメント:0

続きを読むread more

「津軽双花」(著・葉室麟)

「津軽双花」は、石田三成の娘・辰姫が津軽家に嫁入りし、その後、徳川家康の養女・満天姫が正妻として嫁いでくるという話で、前半は面白く読みました。 が、後半、辰姫が満天姫に後を頼んで亡くなってからは、尻つぼみ状態でした。それまでの盛り上がりが。。。。。何故そんなに?と思うほどのラストへ向けてのものでした。私が思っただけですが。あっ…
コメント:4

続きを読むread more

「セルラー」(映画)

ジェイソン・ステイサムが出ているというので、観ました。 誘拐された女性が、偶然繋がった携帯電話の青年に助けを求めるというお話で、キム・ベイシンガーが主演です。 助けを求められた人がジェイソン・ステイサムかと思ったら、ジェイソン・ステイサムは悪役でした(^-^;。 が、存在感ありますし、やはりちょっといいですし(^-^)。 …
コメント:2

続きを読むread more

「ハミングバード」(映画)

「トランスポーター」のジェイソン・ステイサムを久し振りに観たいなと思い、観ました。 <スタントなしで挑んだサスペンス・アクション>となっていましたが、確かにそうだと思いますが、 お話は、切ないもので、ラブ・ストーリーでした。 <かつて特殊部隊を率いていた元軍曹ジョゼフは、戦場で犯した罪から逃れるようにロンドンの裏社会でひっ…
コメント:2

続きを読むread more

「ジョニーイングリッシュ 気休めの報酬」(映画)

ローワン・アトキンソンがドジな英国諜報員“ジョニー・イングリッシュ”に扮するスパイ・パロディの第2弾です。 中国首相を暗殺し世界を大混乱に陥れようとする国際暗殺グループの計画を阻止するのが任務で、チベットの僧院で引きこもり生活を送っていた彼に、再度お呼びがかかり、活躍するのですが、前回より笑いました。 ただ笑いました。 で…
コメント:0

続きを読むread more

「From Matt Monro With Love /マット・モンロー」(音楽)

マット・モンローのアルバムは4枚セットのものがあるのですが(https://katasumide.at.webry.info/201308/article_9.html)、台所でちょっと~というときにはこれを聴くことが多いです。 セットのは大切に~という感じで(^^ゞ。 最近、改めて、魅力的だな~と聴いています。 プレスリ…
コメント:2

続きを読むread more

「ベリー・ベスト・オブ・ビー・ジーズ 」(音楽)

ビージーズが好きというわけではないのですが、最近何となく「 若葉のころ」が聴きたいな~と、 で、「若葉のころ」を聴くと、「メロディ・フェア」が聴きたいな~と思ってしまいます。 なので、最近、ちょっとこのアルバムを聴きました。 「マサチュー・セッツ」も入っていて、ちょっといいなと思っていますが、基本的に、「メロディ・フェ…
コメント:0

続きを読むread more

「あしたの家族 」(ドラマ)

TBS系「新春ドラマ特別企画」として2020年1月5日放送されたドラマです。 挙式当日に新郎に逃げられた娘から始まります。4年後結婚しようと思う青年が、父親の上司ということでの騒動のお話で、 石井ふく子プロデューサーが制作を担当し、浪江裕史脚本によるオリジナル作品とのことですが、 脚本の浪江裕史が執筆した二世帯住宅を題材と…
コメント:0

続きを読むread more

「霖雨」(著・葉室麟)

天領の豊後日田で、私塾・咸宜園(かんぎえん)を主宰する広瀬淡窓(たんそう)と、家業を継いだ弟・久兵衛のお話で、実在の人物だそうです。 大塩平八郎の乱が入ってきます。そういう時代のお話で、 理想を持って生きる主人公とその弟で、権力の横暴に耐えながらも、理想の生き方をしようと、それを貫きます。 それが可能だったのだなと思います…
コメント:0

続きを読むread more

「許されざる者」(映画)

オードリー・ヘプバーンとバート・ランカスター主演の、1960年の映画です。 監督は、ジョン・ヒューストンです。 で、ジョン・ヒューストンがこの仕事を引き受けたのは、キャストが気に入ったのと、休暇を過ごしていた家族の場所に近かったことだったそうで、後年自伝で「自分の作品で嫌いなのは『許されざる者』だけだ。全体のトーンが大袈裟で…
コメント:6

続きを読むread more

「GOLDEN☆BEST デラックス 西城秀樹」

2010/4/28に発売された3枚組のアルバムです。 2018年〈平成30年〉5月16日に亡くなっていて、 亡くなってからTVで西城秀樹の歌がいっぱい流れて、それを聞いているうちに、なかなか魅力的な声だったんだと思いました。 1970年代からの活躍だそうで(過ぎたことは忘れてしまうので(^-^;)、その頃<新御三家>で売っ…
コメント:2

続きを読むread more

「繋ぐVol.2~カバー・ソングス“NO BORDER”~ 中澤卓也 」(CD)

中澤卓也の<「繋ぐVol.~カバー・ソングス」の2枚目です。 2年振りだそうです。もう出さないのかと思っていました。 で、やはり曲数が少ないです。 何をもったいぶっているの?と思ってしまう私です(^^ゞ。 もう少しサービスしてもいいのではないでしょうか。 ファンはオバサンたちが多い? その一人が私ですね(^-^;。弱みに…
コメント:0

続きを読むread more

「四月の恋」(映画)

YouTubeでですが、久し振りに観ました。もう何度目かになります。 パット・ブーンが好きになって、初めて映画で観れたパット・ブーンで、 中学生のころにリバイバル上映で、北海道でも上映されまして、ボビー・ソロの「ほほにかかり涙」と同時上映で、 もう嬉しくて仕方がありませんでした。保護者がいないと観に行けなかったので、母に付…
コメント:0

続きを読むread more

「鄭伊健 Beautiful Day 2011演唱會 (Karaoke Live 3 DVD + 2 CD)」

イーキン・チェンの2011年のコンサートのDVDで、三枚に分かれていて、それに2枚のCDです。 私、買ったのを忘れていました(^^;)。ふと目に入って。。。。。で、いつ買ったのか覚えていません(^^;)。 2012年ごろなのでしょうか(^-^;。 で、なんと派手な~舞台!と思いました。赤い衣装に、それもコウモリに{%こうも…
コメント:0

続きを読むread more

「秘密」(著・池波正太郎)

<家老の子息を惨殺し、討手から身を隠して生きる片桐宗春。だが、人の情けに触れ、医師として暮すうち、その心境に変化が芽生える。>ということで、池波正太郎の小説だし、ハズレはないだろうと期待して読み始めました。 でも、この文とは、ちょっと違います。 喧嘩で、立会人のいる果し合い になり、勝ってしまうわけですが、その父親が家老で藩…
コメント:0

続きを読むread more

「ジョニー・イングリッシュ  アナログの逆襲」(映画)

<“Mr.ビーン”のローワン・アトキンソン主演スパイアクション・コメディ第3弾! >なのだそうです。 私は、“Mr.ビーン”は観ていないですし、ローワン・アトキンソンも初めてです。が、顔は写真で見てはいました。 これは、2018年に公開された、イギリスのスパイ・コメディ・アクション映画で、「ジョニー・イングリッシュシリーズ」…
コメント:0

続きを読むread more

今年期待する歌手は、新浜レオンかな

初めて聴いたのは、昨年音楽番組で、野口五郎と「私鉄沿線」を歌っていたのを観た(聴いた)ときです。え、良い声で、上手いじゃない!と思いました。 伸びのある声で、ちょっと大人っぽい声かなとも思いました。これからが楽しみな若手!と、思いました。 昨年デビューしたばかりだそうです。ホヤホヤで、新鮮です。 爽やかな感じもいいです…
コメント:0

続きを読むread more

「帰ってきたヒトラー」(映画)

ある日突然、1945年から21世紀にタイムスリップしたヒトラーが現れるというお話で、 現代に戸惑うヒトラーで、その様子をみた失業してしまったTV関係の男がそのヒトラーをつかって復帰しようと企むのですが、 街頭でもTVでもそっくりさんとして人気が出ますが、ヒトラーは本人そのままにドイツへの思いも熱く、改革を目指します。 面白…
コメント:0

続きを読むread more