「真昼の死闘」(映画)

sitou.jpg

クリント・イーストウッドとシャーリー・マクレーン主演の、1970年の西部劇です。マカロニ・ウェスタンっぽいです。
メキシコが舞台だからかもしれませんし、クリント・イーストウッドが 「荒野の用心棒」などマカロニ・ウェスタンのスタイルだからでしょうか。
これもTVで放送されていました。以前にも放送されていて、興味はあったのですが、シャーリー・マクレーンは好きな女優さんですし。。。。が、クリント・イーストウッドもマカロニ・ウェスタンもそれほど興味がなく、スルーしてしまいました。今回は観よう!と。
クリント・イーストウッドは「ダーティハリー」は好きなのですが、ほかは余り観ていなくて、久し振りでした。
が、このクリント・イーストウッド、カッコよかったです。
マカロニ・ウェスタンのスタイルですが、マカロニ・ウェスタンの時より素敵でした。(なんだかんだいっても、いくつか彼の映画を観ています。)

で、シャーリー・マクレーンは尼僧なのですが、とてもキュートで、魅力的でした。

お金を稼ぐことを第一とするクリント・イーストウッドと、敬虔な尼僧なのですが、何故かタバコを吸ったり、お酒を飲む尼僧のシャーリー・マクレーンで、二人の掛け合いも楽しいですが、機転のきく彼女で逞しくも行動的でもあります。

フランス軍と戦う二人です。

撃ち合いより爆弾が多いですが、派手で、逆に楽しめたりしました。

で、彼女に惹かれる彼が、彼女は尼僧だからと自制するのも楽しく、ラストの彼女の正体にもビックリ!

ま、適度に肩がこらずに観れるかなと思います。

で、この二人以外の出演者は誰も知りません。が、この二人が良かったのが良かったです。

で、この映画の監督は、「ダーティハリー」の監督だそうで。そういえば名前に薄っすらと記憶が・・・そんな程度の私です(^-^;。

旅道中における掛け合いに愉快さがある。最初は敬虔深さを示しつつも、命の危険のある場面で何度も強さとたくましさと機転の良さを見せるマクレーンの尼さんはすぐに身元に怪しさが出てきて

1970年製作/114分/アメリカ・メキシコ合作
原題:Two Mules for Sister Sara

監督  ドン・シーゲル
脚本  アルバート・マルツ
原案  バド・ベティカー
製作  マーティン・ラッキン、キャロル・ケイス
音楽 エンニオ・モリコーネ

キャスト
サラ :シャーリー・マクレーン
ホーガン:クリント・イーストウッド
ベルトラン:マノロ・ファブレガス
三人組の男:アーマンド・シルヴェストル
      ジョン・ケリー
      エンリケ・ルセロ

ストーリー
メキシコの荒地。流れ者の凄腕ガンマン、ホーガンは暴漢に襲われていた尼僧のサラを助ける。メキシコの革命軍に雇われたホーガンはサラとともに旅することに。フランス駐屯軍に詳しいサラは怪我を負ったホーガンを助け、さらにはフランス軍の補給列車を爆破する手助けまでする。。。

two-mules.png
Two Mules For Sister Sara 2.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント