「戦う幌馬車」(映画)

51qKk6PudgL._AC_SY445_.jpg

1967年制作の、ジョン・ウェイン、カーク・ダグラス主演の西部劇です。
これもTVで放送されたものを観たのですが、面白くて、録画して取っておくことにしました。
ちょっと老いを感じるジョン・ウェインですが、いいです。
で、カーク・ダグラスも最近苦手じゃなくなっているので、可愛くさえ思えました。
で、軽快な会話と共に痛快です。

ロバート・ウォーカー・ジュニアが酔いどれの、爆弾を得意とするビリーを演じていて、それも楽しみました。
彼は、「見知らぬ乗客」(1951年)のロバート・ウォーカーと、「慕情」などのジェニファー・ジョーンズとの間に生まれた長男です。
そうか、親子か~と、「見知らぬ乗客」のロバート・ウォーカー、よかったな~なんて思いながら。。。

で、大御所のジョン・ウェインとカーク・ダグラスが共演しているのに、B級映画的かなと思いますが、それがまた良かったです。
単純に楽しめました。

で、彼らが襲う幌馬車に、ガトリング銃が設置されているのですが、その凄さは見せるのですが、それで終わっちゃうという、そんなことで無用の長物になっちゃうの?で楽しかったです。

大勢の警護がいる幌馬車を、いろいろな作戦で襲うので、それも楽しかったですし、襲った後も二転するので楽しかったです。
コケるカーク・ダグラスも見れましたし(^-^)。

ジョン・ウェインもカーク・ダグラスも、馬に乗るとき、飛び乗りでみせます。スタントマンなのでしょうが(いつもバック姿なので)、楽しませてくれます。すご~い!って。

出演する女性陣は少ないですが、美形でした。カーク・ダグラスとロバート・ウォーカー・Jrのお相手で、ジョン・ウェインは女性との関わりががなく残念感はありますが、楽しかったのでOKです。

一つ、不満と言えば、悪役の最期があっけなさすぎかなと(^^ゞ。えっ、そんなの?と思ってしまいました(^^ゞ。
それだけです(^-^)。


原題 The War Wagon
製作年 1967年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル映画
上映時間 101分

監督 バート・ケネディ
脚本 クレア・ハフェイカー
原作 クレア・ハフェイカー
製作 マーヴィン・シュワル

キャスト
トウ・ジャクソン :ジョン・ウェイン
ロマックス :カーク・ダグラス
フランク・ピアース :ブルース・キャボット
ビリー・ハイアット :ロバート・ウォーカー・Jr
リーヴァイ・ウォーキングベアー :ハワード・キール
ケイト・フレッチャー :ヴァローラ・ノーランド
ローラ :ジョアンナ・バーンズ
ハモンド :ブルース・ダーン

ストーリー
無実の罪で投獄されていたトウ・ジャクソン(ジョン・ウェイン)は仮出獄を許され、故郷エメットの町に帰って来た。彼は自分をはめて投獄させ、所有する土地と金鉱を奪ったピアースに復讐を果たそうとしていた。

トウが戻ってきたことを知ったピアースはロマックス(カーク・ダグラス)を報酬1万ドルで雇い、トウを殺せと依頼する。だが、トウとロマックスはピアースが砂金を運ぶ装甲馬車を襲撃して50万ドルの奪おうという計画を密かに立てていた。

トウはロマックスのほかに、メキシコ人のリーヴァイや爆発を得意とするビリー(ロバート・ウォーカー)を仲間に入れ、インディアンの協力を取り付け、計画する。

605182_orig.jpgthe-war-wagon-1967-movie-still.jpgOIP.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント