「ラスト・シューティスト」(映画)

jo.jpg

1976年のジョン・ウェインの遺作で、
1901年ネバダ州を舞台に、癌で、余命幾ばくもない伝説のガンマンの最後の7日間を描いた西部劇です。
冒頭で、「赤い河」、「リオ・ブラボー」「エル・ドラド」などのジョン・ウェイン主演の映画のシーンが挿入されています。思わず懐かしい!と思いました。

共演も豪華で、ローレン・バコール、ジェームズ・ステュアート、リチャード・ブーンなどです。
彼らは、ジョン・ウェインの意向だったそうです。

日本では当初本国での興行失敗により公開が予定されていなかったものの、ジョン・ウェインが逝去した為、生前最後の主演作という事もあって急遽1ヶ月後に劇場公開されたそうです。が、興行は失敗だったそうで。
西部劇ブームが去ってからかなり経っていたということもあるようですが、老いたジョン・ウェインはじめローレン・バコール、ジェームズ・ステュアート、リチャード・ブーンで、ドンパチというより、伝説のガンマンが余命僅かということで、それに向かう本人と、周りの人たちと群がる人たちという感じだったので、イメージ的にジョン・ウェインの西部劇的ではなかったかも。

ジョン・ウェインが配役される前に、ポール・ニューマン、チャールズ・ブロンソン、ジーン・ハックマン、クリント・イーストウッドが打診されたそうですが、みんな断ったとか。

が、ジョン・ウェインだから出せた味だと思います。老いたジョン・ウェインだからこそで。
でも、時にアップされた顔が可愛かったりしました(^-^)。

が、じっくり観ると、それなりに良かったと思うのですが。 特にJ・B・ブックス(ジョン・ウェイン)のラストは日本人好みだと思いました。
と言っても、ジョン・ウェインが、「自分の映画人生の中で、人を背後から撃ったことは一度もない。変えてほしい。」と言い、また、若いギロムに人殺しをさせるのは忍びないとして、最後にギロムが銃を捨てて、ガンマンの道を諦めるという設定にしてもらったそうで。
日本人だけではなく、アメリカ人も好みの設定?

ジョン・ウェインの意向がけっこう入っているようです。

で、劇中でジョン・ウェインが乗っている馬は、「勇気ある追跡」に2歳で出演し、以来10年間、ウェインの愛馬だったそうで、ここでも愛馬で出演していたそうで。
で、余談ですが、ジョン・ウェインの死後、「探偵ハート&ハート」の中で、ロバート・ワグナーが乗ったそうで。ひょっとしたら私、観たかも。 ですが、私は馬の顔は覚えられません(^-^;。人間も危ないですが(^-^;。

で、ジェームス・スチュアートが出ていたの嬉しかったですし、ローレン・バコール、魅力的でした。
ヒュー・オブライエンが懐かしかったです。

で、ロジャー夫人(ローレン・バコール)の息子ギロムを演じていたのは、「ダ・ヴィンチ・コード」などのロン・ハワード監督だそうで。年月を感じます。

また、じっくり観てみたいなと思います。


製作 1976年
原題The Shootist
上映時間 99分

スタッフ
監督:ドン・シーゲル
製作:M・J・フランコヴィッチ、ウィリアム・セルフ
脚本:マイルズ・フッド・スワザウト、スコット・D・ヘイル
原作:グレンドン・スウォースアウト
撮影:ブルース・サーティース
美術:ロバート・F・ボイル
音楽:エルマー・バーンスタイン

キャスト
J・B・ブックス :ジョン・ウェイン
ロジャース夫人:ローレン・バコール
ギロム :ロン・ハワード
ホステトラー医師 :ジェームズ・ステュアート
スイーニー :リチャード・ブーン
プルフォード :ヒュー・オブライエン
ティビドー保安官 :ハリー・モーガン
ベッカム :ジョン・キャラダイン
セレプタ :シェリー・ノース
モーゼス :スキャットマン・クローザース
コッブ :ビル・マッキーニー
新聞記者ドブキンス :リック・レンズ
バーバー :アルフレッド・デニス

ストーリー
1901年1月22日、かつての名うてのガンマン・ブックスがネバダ州カーソンシティに戻ってきた。末期ガンで余命宣告を受けた彼は、未亡人のロジャース夫人が経営する下宿屋に終の住処を求めたのだった。

だが間もなくして、ブックスがカーソンシティに滞在していることが知れ渡り、かつての仇敵たちやひと儲けを目論む者たちが集まって来る。ある夜、ブックスは寝込みを襲ってきた2人のならず者を射殺してしまう。

やがて自らの死期を悟ったブックスは、葬儀屋と話をつけた後、自分を弟の敵と狙うスイーニー、賭博を生業とするプルフォード、そして町のならず者コッブに宣戦布告。早朝、4人と、バーテンダーしかいない酒場で、男の最期の意地を賭けた銃撃戦が始まった。

OIP.jpgThe Shootist.jpgThe Shootist 3.pngThe-Shootist-1976-3.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント