「樅ノ木は残った」(著・山本 周五郎 )

江戸時代前期に仙台藩伊達家で起こったお家騒動「伊達騒動」を題材に、従来は悪人とされてきた原田甲斐(原田宗輔)を主人公とし、江戸幕府による取り潰しから藩を守るために尽力した忠臣として描く、山本周五郎の歴史小説です。 新潮文庫版で上・中・下の三巻でした。 先日、ドラマ化されたのを観たのですが、今いち、良くわからなくて、原作を読ん…
コメント:0

続きを読むread more

「Greatest Hits Live」パット・ブーン [DVD]

パット・ブーンの歌っているDVD、持っているのはこれだけです。好きなのに、これだけです。何故だろうと思うのですが。。。。 で、余りきれいな映像ではなく、残念です。モノクロなのも残念ですし。。。 が、けっこう厭きずに楽しんでいます。聞き流しながらというときもありますが、うっとりとしながらも未だにあります(^^ゞ。 そうい…
コメント:0

続きを読むread more

「ベスト20 加山雄三 」(CD)

先日、加山雄三が歌番組に出ていて歌っているのを聴いて懐かしく、久し振りにアルバムを聴きました。 若大将シリーズは一、二本、何かを見たような気がしますが覚えていません。が、歌はやはり覚えていますし、時に口ずさみます。 というか、出てきます。 このアルバムは、知らない曲も入っていますが、同じ路線の曲で、気持ちよく聴きます。…
コメント:2

続きを読むread more

コニー・フランシスの4枚組CD

好きな女性歌手の一人です。「ボーイ・ハント」と「渚のデート」が一番好きです。 ちょっとハスキーで、伸びやかな声が心地よく、 4枚組のアルバムで、日本語のタイトルが載っていないのが不満ですが(^^ゞ、聞きなれたヒット曲も入っていますし、彼女で聴いていたカバー曲も入っているので、満足です(^-^)。 彼女の歌は元気が出ます(^-^…
コメント:2

続きを読むread more

「あした晴れるか」(邦画)

1960年の、芦川いづみ 共演の石原裕次郎主演の映画です。 なんとまあ~!と思うほど、軽快で、爽快な感じの映画でした。 内容もですが、主役だけではなく、登場人物たち皆もです。 話も、登場人物がそれぞれ、次から次へと繋がりがあったという中で、知り合った女性、梶原セツ子(中原早苗 )の父親(東野英治郎 )をヤクザから助けるとい…
コメント:0

続きを読むread more

「Russell Watson - Return Of The Voice Live From The Royal…

2011年に行われたロイヤルアルバートホールでライブのDVDです。話していることはわかりませんが、曲が次から次へと続くので良かったです。 知っている曲が多いですし、普段CDで聴いていない曲もあり、こんな歌も歌っていたんだと嬉しかったです。 一曲目から大好きな「ウエストサイド物語」の「Somewhere 」で、ワァオ!と喜んで…
コメント:0

続きを読むread more

「逃亡者」(ヘンリー・フォンダ主演映画)

ヘンリー・フォンダがどんな逃亡者? ヘンリー・フォンダ主演で監督がジョン・フォードなら~、原作が「第三の男」を書いた人~と、そんな単純な思いで観たのですが、思わぬ話で。 キリストと重なる感じで。。。。。 新政府によってカトリック追放が叫ばれていた30年代のメキシコが舞台で、逃亡中の神父が国外脱出を目前にして捕らえられてしまう…
コメント:0

続きを読むread more

「太平洋作戦」(映画)

ジョン・ウェイン主演で、ロバート・ライアン 共演の1951年の戦争映画で、題が示す日本との戦いでの話で、 厳格な隊長とその確執に悩む部下達の葛藤を軸に、実写フィルムを交えているという、アメリカ海兵戦闘編隊のガダルカナル攻防を描いたものです。 が、日本兵は余り出てこないので、思ったよりは冷静に観れたかなと思います。 公開…
コメント:0

続きを読むread more

「白銀城の対決」(映画)

大学時代、スキーで優勝を争った二人が、雪山で雪崩にあったことから対立し、 のちに仕事の現場で、対立する二人ですが。。。。。。 それほどの捻りもなく、陰謀は町の子供たちに漏れて、邪魔され、単純明快な感じで、爽快です。 対立する二人も、後押しされ、友情を思い出し、仲直りしますし、悪人は裕次郎が殴って終わりですし、 北原三…
コメント:0

続きを読むread more

「トランセンデンス」(映画)

ジョニー・デップ主演の、2014年のSF・サスペンス映画で、コンピュータに科学者の頭脳をインストールするという。。。。。 原題の「Transcendence」は、日本語で「超越」を意味するのだそうです。 コンピューターで、あらゆる病気やケガまで治し、人間そのものまで再生してしまうところまで行きます。 撃たれてもゾンビみたい…
コメント:0

続きを読むread more

「モリー先生との火曜日」(映画)

1999年にアメリカで制作され、ABC放送で放送されたテレビ映画だそうで、 ジャック・レモンの遺作で<感動のハートフルドラマ>ということで、観ました。 なるほど、感動的でした。 不治の病に冒されながらも、余命を尽くしてかつての教え子に語り掛ける大学教授・モリーが、時間に追われて過ごしている教え子に、16年振りに会い、尚、…
コメント:2

続きを読むread more

「伊達政宗」1~8巻(著・山岡荘八)

全7巻かと思ったら8巻まででしたが、無事に読み終わりました。 夫が持っていた本で、先日その本が見つかって、読んでみようかなと。 で、7巻までだったので、全7巻だと思って読んでいました。 が、7巻目が大阪・夏の陣で、ん?あとは端折るの?なんて思っていたら、途中で終わっていて、あれ?と8巻目があるのを知りました(^-^;。 …
コメント:0

続きを読むread more

「アンドリュー・ロイド=ウェバー ラヴ・ネヴァー・ダイズ 」(ミュージカル)

「オペラ座の怪人」の続編のミュージカルです。これは2011年の舞台のDVD化したものです。 この中で歌われている「Till I hear you sing」と「Stay Home」が好きで、どのように、どこで歌われているのか聴きたくて、観てみました。  ファントムはラミン・カリムルー ではなく、ベン・ルイスに替わっていました…
コメント:0

続きを読むread more

「荒れ狂う河」(映画)

1960年の、モンゴメリー・クリフト主演の映画で、監督はエリア・カザン、共演はリー・レミック。 テネシー川のダム建設にともなう土地買収問題を題材にしています。二度目の視聴です(^-^)。 一度目はYouTubeで、今回はイタリア版のDVDで観ました。字幕なしです。 が、どちらも字幕なしでしたが二度目なので、内容も何となく前…
コメント:0

続きを読むread more

「コレヒドール戦記」(映画)

ロバート・モンゴメリー、ジョン・ウェイン主演で、ドナ・リードが共演している1945年の、ジョン・フォード監督の戦争映画です。 フィリピンが舞台で、相手は日本なので、躊躇する気持ちはあったのですが、観てみるかなと。。。。。 アメリカが制作した太平洋戦争の映画は観たくないのですが。。。。。日本が勝っているときの話だしと。。。。。…
コメント:0

続きを読むread more

「ゴールデン・ジョブ」(映画)

イーキンの新作だ~! 古惑仔の仲間たちだ~!と飛びついてしまいました(#^.^#) 1990年代に製作された「欲望の街 古惑仔」シリーズのメインキャスト5人が約20年ぶりに再集結し、ジャッキー・チェンが製作総指揮したそうです。エリック・ツァンもだそうです。二人で製作総指揮したのですね。 で、ジャッキー・チェンは出演していませ…
コメント:0

続きを読むread more