「冬姫」(著・葉室麟)

51mcVGsPP0L._SX341_BO1,204,203,200_.jpg

織田信長の娘の話だというので、放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」に触発されたこともあり、読んでみたいなと。
といっても、<冬姫>の存在は知らなかったのですが、蒲生氏郷の名前は、名前だけ記憶があり、<織田信長の娘が蒲生氏郷に嫁いだ>ということにも興味がありました。
戦国の世の女性について、<女のいくさ>というのにも興味がありました。
で、前半、とても面白く読みました。面白く読んだわりに時間がかかったのですが(^-^;、
でも、段々冬姫のことが好きじゃないなと思い始め。。。。。後半挫折しそうでした。
数日休んで、また読み始めたら、何故そんな風に思ったのかな?と思うくらい、それなりに楽しく読み終わりました。

で、意外な設定に驚きながらも、信長の娘ですが、信長の側室との確執もあり、命まで狙われます。
信長に気に入られていたという蒲生氏郷に嫁ぎ、蒲生家の中で幸せな生活を送っていると、
明智光秀の謀反で信長が殺され、
明智光秀から逃げ、秀吉の元に入り、信長の妹・お市の方が柴田勝家の正室になっていたので敵対関係になり、というか前夫の浅井長政のこともあり、秀吉を恨んでいるというお市の方に恨まれ、その線で娘の淀君にも恨まれ、夫である蒲生氏郷までもが恨まれ、
という状況の中で生きたということで、確かに波乱万丈で、その中で凛として生きた女性だったようです。

で、当時の歴史も知れて良かったです。
そういう面白さもありました。

が、お市の方が信長を異性として慕っていて云々とか、冬姫が信長と濃姫の娘だったとか、違うとも言えないことなのですが、違和感を覚えてしまいました。
お市の方も性格が良くなかったですし(^-^;。

と、とりあえず、とても読み終わるのに時間がかかってしまった本でした(^-^;。
でも、読み終わると、挫折しないで読めて良かったなと思います。



内容(「BOOK」データベースより)
織田信長の二女、冬。その器量の良さ故に、父親に格別に遇され、周囲の女たちの嫉妬に翻弄される。戦国の世では、男は戦を行い、熾烈に覇権を争い、女は武器を持たずに、心の刃を研ぎすまし、苛烈な“女いくさ”を仕掛けあう。その渦中にあって、冬は父への敬慕の念と、名将の夫・蒲生氏郷へのひたむきな愛情を胸に、乱世を生き抜いてゆく。自ら運命を切り開いた女性の数奇な生涯を辿る歴史長編。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

まるぐりっと
2020年04月10日 00:41
tosileoさん今晩は(^^)
ますます深刻な状況で息苦しい毎日ですが、なるべく平静に
と、DVDの力を借りて気もぬきながら過ごしています(*^^)v

私はあまりな設定に挫折しましたので、完読されて好意的な
感想を書かれて、感じ入りました。波乱ありすぎみたいですが
凛と生きた・・のですね。最初のほう側室のお鍋の方が気の毒で・・・
その他の人や設定もなんだかなあ・・でしたが、楽しく読み終えられた由、私も最後まで頑張れば良かったです(;^_^A。
最近ちょっと挫折多いです(;^_^A

tosileo
2020年04月10日 03:49
まるぐりっとさん、こんばんは(^-^)。

本当に疲れてきますね。私はウツウツとした気分になりがちです。 私もDVDを楽しみます!はじめは楽しむつもりだったのですが、ワイドショーでのコロナ問題をグズグズと(^-^;。

そんなことで、私はDVDの方が挫折が多いです(^-^;。落ち着いて観ていられない気持ちがあるのが原因かもしれません。楽しまなくちゃ!

はい、けっこう斬新な設定が多かったですね。私もやり過ぎな感じがしました。
こんな葉室作品、私、初めてでした。次回同じ感じがあったら、挫けると思います(^^ゞ。