「陽炎の門」 (著・葉室麟)

読み応えがありました。感動だけでなく、元気ももらいました。 下士上がりで執政になった桐谷主水が初登城した日、周りは冷たく。。。彼は藩主を非難する落書が親友の芳村綱四郎の筆跡であることを証言し、その為に綱四郎は切腹、挙句に主水が介錯したという過去が。。。。それが蒸し返され。。。。綱四郎の息子・喬之助が仇討ちに現れて窮地に。。。。…
コメント:0

続きを読むread more