「僕のワンダフル・ライフ」(映画)

51ClXmfYVML._AC_SY445_.jpg

犬が好きですし、<何度も生まれ変わる犬>ということに興味を持って、観たいと思った2017年の映画です。
苦しんでいる子犬を助けた少年・イーサン。ベイリーと名付けられた子犬は、何度も生まれ変わってイーサンに再会するというお話で、
宣伝されているように、イーサンに会うために生まれ変わっているわけではないように思うのですが、
で、意外と淡々と話が流れていきますが、
でもイーサンがベイリーに気付いたときの感動は、やはり感動しました。

ベイリーがイーサンに再会したときより、イーサンがベイリーに気付いたときが一番!でした。

で、ベイリーの何度かの生まれ変わりの犬生なのですが、どの飼い主にも寄り添い、一生懸命に生きていました。
で、火事で足が不自由になり、拗ねた生き方をしたイーサンですが、彼もまた後悔の中、孤独の中、一生懸命に生きていたようです。
で、デイリーは何度生まれ変わっても、デイリーであった自分とイーサンのことは忘れません。

で、捨てられたり殺されたりのデイリーの犬生があり、とても残酷なことのように思えました。
それらは、そうだと思っていますが、短いシーンなのですが、それを伝えるものがあったように思います。

で、ちょっと、イーサンに会う前の犬生は?と突っ込みたくなります(^^ゞ。
デイリーになる前に野良犬狩りに捕まって亡くなっていますが。。。その前は?その前の記憶は?
で、デイリーがメスで生まれたとき、あるべきものがない! わ、メスだ~!と慌てるところが、可笑しく楽しかったです。
語りはデイリーで、<僕>なんです。でもメスなんです。で、勇敢な警察犬なのですが。

<犬生>という言葉があるのかどうかわかりませんが、字幕に使われているので、私もそのままで。
<犬の人生>で<犬生>だと思うのですが、<犬の人生>としないセンスに、ちょっと驚きました。いいなと(^-^)。
<なるほど>と思いながらも、<人生>とは<人>、<人間>なのか・・・<人>であるべきなのか・・・なんて思ったりしました(^^ゞ。

で、デイリーも恋をするのですが、デイリーの恋はどうだったのだろうと、一緒に過ごしはしていましたが。。。そこをはっきりして欲しかったと思う私です(^^ゞ。デイリーは彼女にずっと恋をしていたようですが。。。。。一緒にいてもです。いいですね。
で、デイリーが生まれ変わりを繰り返した犬生で恋をしたのは、バディという名前で、イーサンのところに戻ったときだけでした。
で、デイリーの二世はどこでもいないです。何故そんな犬生?と思います。

この映画の監督は「ギルバート・グレイプ」「HACHI約束の犬」の監督だそうです。「ギルバート・グレイプ」、良かったです。
「HACHI約束の犬」は観ていませんが、ハチ公のお話ですよね。リチャード・ギアの。
これも観れたらいいかなと思ったりもします。仲代達矢のハチ公の映画を観ていますが、これは観ていません。
ハチ公も生まれ変わってる?

面白いことに目をつけた話だなと思います。人間が転生する話はあるので、動物が転生することもあるのでしょうが、そんな映画はなかったように思うのですが。って、私は初めてでした。 人間が動物に転生するという話はよくありますが。
そういえば、動物が人間に転生した話もないように。。。。思いますが。。。。

この映画で号泣はしませんでしたが(<「感動した」「号泣した」など口コミが広がり大ヒット!>というので)、いろいろ楽しんだかなと思います(^-^)。

で、続編が今年の9月に上映された「僕のワンダフル・ジャーニー 」なのだそうです。
これもTVでCMが流れていたのを覚えているのですが、続き物だったのですね。「僕のワンダフル・ジャーニー」も観たいです。
ま、余り期待しないで観るのがいいかなと思ったりもしますが。。。それで期待を超えたものなら嬉しいですし(^-^)。
ただ、予告編を観たら、イーサンも出ているようですし、淡々と~となっていないように思いました。
イーサンに頼まれて、彼の孫娘を守ろうとするデイリーで、また何度も生まれ変わって~というお話だそうです。
やはり、デイリーの恋も二世もない?
観れる日が楽しみです。ボケた私が忘れないで観れるといいなと思います(^^ゞ。



原題/A Dog's Purpose
制作年/2017
制作国/アメリカ
内容時間(字幕版)/100分

スタッフ
監督:ラッセ・ハルストレム
製作:ギャヴィン・ポローン
製作総指揮:アラン・C・ブロンクィスト、マーク・スーリアン、ローラ・ファイファー
編集:ロバート・レイトン
原作/脚本:W・ブルース・キャメロン(新潮文庫「野良犬トビーの愛すべき転生」)

キャスト
ベイリー / バディ / ティノ / エリー の声: ジョシュ・ギャッド
イーサン: デニス・クエイド
10代のイーサン: K・J・アパ
8歳のイーサン: ブライス・ガイザー
ハンナ: ペギー・リプトン
10代のハンナ: ブリット・ロバートソン
カルロス: ジョン・オーティス
マヤ: カービー・ハウエル=バプティスト(小島幸子)
アル: プーチ・ホール
エリザベス: ジュリエット・ライランス
ジム: ルーク・カービー
ビル: マイケル・ボフシェヴァー
フラン: ガブリエル・ローズ
トッド: ローガン・ミラー
ウェンディ: ニコール・ラプラカ

DogsPurpose.pngA%20Dog’s%20Purpose%20(2017)%20R1%20-%20Cover%20&%20Label%20DVD%20Movie.jpg637e3075a06e51dce4514d0cf8c6de89-005.jpgdogspurpose0018.jpgfilm_review_a_dog_s_purpose_138853847.jpg637e3075a06e51dce4514d0cf8c6de89-006.jpgA-Dogs-Journey.jpg

デイリーが初めてイーサンに会って、一緒に暮らしていき、<イーサンには僕が必要で、僕にはイーサンが必要>(正確ではありませんが)というセリフがあります。そのままのお話でした。
自分一人の我が儘で犬は飼えませんが、犬を飼いたいです。物心がついたときから家に犬がいて、犬がいない生活は結婚してアパート暮らしだったときと今だけです。って、実家にはいましたし。。。犬のいない生活は<今>のみです。体に問題がなければ!と思います。が、仕方がないです。が、こういうのを観ると・・・いいなと・・・飼いたいです(^^ゞ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まるぐりっと
2019年12月06日 22:39
tosileoさん、こんばんは。
この映画な見ていないのですが、犬の物語は粗筋だけ
でウルウルしてきますね。
我が家の小型犬12歳・・何度も生まれ変わった
くれたらいいなぁ・・(T_T) 悲しい時は哀しみを
吸い取ってくれて、不調の時は心配もしてくれて
・・「愛だけをくれる」存在って有難いですね(T_T)
「HACHI」涙涙で観ましたが、最後のほうは
妻が娘一家に預けたけれど落ち着かなくて、娘も
連れ戻すのは無理、と諦めた・・ちょっとドライな
感じも受けましたが、邦画のほうは見ていないので
すがどうなんでしょう、やはりハチの好きな様に
させていたのでしょうか?  小型犬でも私一人
では無理で家族3人がかりですから、犬は体力が
要りますね。膝や腰が痛い時は散歩も大変です(^_^;)
猫カフェはあっても犬カフェは難しい
でしょうしね(^_^;)。
tosileo
2019年12月07日 02:44
まるぐりっとさん、こんばんは(^-^)。

犬や猫の映画は多いですね。大概は感動しますね。余り多くは観ていませんが好きです。動物の気持ちというのが、存在がいいですね。本当に飼うのは大変です。可哀想な思いはさせたくないですから。でも、もう一度飼えたらいいなと思っちゃいます(^^ゞ。そういえば、犬カフェって聞かないですね。犬の方が一緒に散歩するのに。考えたら不思議です。

そう言われてみると、「ハチ公」のラスト、ちゃんと覚えていません。ハチは帰らない主人を待って、そこで~という感じがありますが。。。私、ラストを覚えていないものが多いです(^^;)。
で、ハチ、どこかで生まれ変わったでしょうか?今までそんなことを考えたことなかったですが、今は、ちょっと思います(^^ゞ。