懐かしいボビー・ソロ

imagestt.jpg

先日、久し振りにプレスリー曲を歌うボビー・ソロを聴いて、懐かしく、やはりいいなと、昨日も今朝も彼のCDを聴いています。
彼のレコードがなくなりましたし。。。。
彼のCDを見つけたときは、嬉しくて買ってしまいました。
でも、二枚しか持っていません。
でも、その二枚を、昨日、今日と聴いています。

一枚は彼の曲を集めたベスト盤。

j_bobby-90kettei.jpg

曲目リスト

1. ほほにかかる涙
2. 想い出にさようなら
3. 想いはるかに
4. 昼の夢
5. 涙のチャペル
6. すてきなクリスティーナ
7. 想い出を失なって
8. 君に涙とほほえみを
9. 恋のジプシー
10. 少女
11. 夢を呼ぶ明日
12. セレネッラ
13. 愛を誓う
14. 想い出の夢
15. ロマンティコ・ブルース
16. 涙のさだめ



「ほほにかかる涙」は、今でも、ステキな曲で彼の声がマッチしていて、やはりとてもいいなと思います。
やはり、ボビー・ソロといえば「ほほにかかる涙」で、次は「 君に涙とほほえみを」だと思います。
ポップス系になるようですが、どちらもいいなと、私は思っています(^^ゞ。
「すてきなクリスティーナ」も好きです。

ボビーソロはサンレモ音楽祭で、彼が作った「君に涙とほほえみを」と「涙のさだめ」で優勝していますが、
「涙のさだめ」はジャンニ・モランディが作った曲です。
この曲は、私はジャンニ・モランディが歌う「涙のさだめ」の方が好きです(^^ゞ。歌い上げる曲でボビー・ソロ向きではないように思うのですが。。。彼の声が魅力的な曲が、彼にはいいように思います。
でも、このアルバムも気に入っています。好きな曲ばかりです。レコードを買った曲が多いです。(レコードが無くなったのが悔しいです(^^;)。)


で、当時<イタリアのプレスリー>と言われていたのは知っていましたが、それほどには思っていませんでした。
で、彼が歌ったアメリカン・ポップスで初めて聴いたのは、「 Blu è blu」でボビー・ヴィントンの「ブルー・オン・ブルー」です。一枚だけLPレコードを持っていたのですが、その中に入っていて。。。
なので、私の中ではプレスリーというよりボビー・ヴィントンに近いという感じでした。

が、私の中で<ボビー・ソロはボビー・ソロ>でしかありませんでした。
実感したのは先日です(^-^;。やはりプレスリーに似ているって(^-^)。

が、やはり私の中で、<ボビー・ソロはボビー・ソロ>です。

ま、プレスリーが歌う「ほほにかかる涙」を聴いてみたいとは思いますが(^^ゞ。

で、ボビー・ソロがポップスをいっぱいカヴァーして歌っていると知ったのは、
ベスト盤を買ってしばらくして、やはり彼のアルバムを見つけてからです。

i-img1200x1032-155953228948mboq433369.jpg

 1、わが心のジョージア
 2、さらばジャマイカ
 3、ラブ・ミー・テンダー
 4、マイ・ウェイ
 5、ムーン・リヴァー
 6、あなたの肩に頬よせて
 7、ザッツ・アモーレ
 8、砂に描いたラブレター
 9、おお、キャロル
10、ノン・ディメンティカール
11、ブルー・スパニッシュ・アイ
12、マジック・モーメント
13、ほほにかかる涙

なかなかいいです。パット・ブーンの「砂に描いたラブレター」も入れてくれている!と思っちゃいました(^^ゞ。
で、ラストが「ほほにかかる涙」で、ボビー・ソロにこの曲は外せないんだと思いました。統一しても良かったのでは?と思いますが、ま、この曲が好きなのでいいかと(^^ゞ。

もう73歳になるそうで。。。。でも、近年も元気で歌っている姿を観れたのは嬉しいですし、声も余り変わらず魅力的で嬉しいです。
2019年のボビー・ソロはさすがに。。。。でも、今もライブをしているようで、「ほほにかかる涙」もプレスリー曲も歌っているようで映像がアップされています。元気で何よりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント