「鬼神の如く: 黒田叛臣伝 」(著・葉室麟)

福岡藩の第2代藩主・黒田忠之と対立し、江戸幕府に「忠之に謀反の疑いがある」と訴え、 幕府による裁決の結果、「栗山大膳は乱心した」ということで、栗山大膳を陸奥国盛岡藩預かりとし、黒田氏は改易を免れたという、 この一連のお家騒動、黒田騒動のお話で、 家老の栗山大膳の闘いぶりが描かれています。 第2代藩主とは、黒田長政が初…
コメント:0

続きを読むread more