「For Those Who Think Young」(踊れ!サーフィン)(映画)

for-those-who-think-young-poster-xl.jpg

YouTubeで、朝方観ました(^^ゞ。
大好きなジェームス・ダーレンで、YouTubeにアップされていたのは知っていたのですが、長い映像はなかなか体がもたなくて(
長時間椅子に座ったままは腰が痛くて・・・目にも来ますし。。。)、そのままでした。が、今日、思い切って朝方観ました(^^ゞ。
私がジェームス・ダーレンを知った「若さでぶっ飛ばせ!」の一つ前の映画ですが、いつか観たかったので、観て良かったです。
やはり素敵なジャームス・ダーレンでした。劇中で歌ってくれていたらもっと良かったのに~と思いました。
ナンシー・シナトラも出ていますが、彼女の歌も無いです。
私が知らない人の歌のシーンはあったので、余計思いました。

「若さでぶっ飛ばせ!」の時と同じくパメラ・ティフィンが共演です。彼女も可愛く、魅力的です。
彼女は「マドリードで乾杯」に、アン・マーグレット、キャロリ・リンレーと共演しているので、当時は人気女優だったのですね。
その後はマカロニ・ウエスタンに出たようですが、この頃の輝きはないように思います。

で、映画としては、「若さでぶっ飛ばせ!」の方が好きです。
が、ジャームス・ダーレンとパメラ・ティフィンを楽しめたのが嬉しかったです。
日本語の字幕がないので、言っていることが分からないので、それについては残念でした。

ほかに、共演者で、コメディ映画に出ている人たちの楽しいシーんもありました。

内容は富豪の坊ちゃんが恋した相手を、お祖父ちゃんが反対して手を打って、それが解決してハッピー・エンド!という話のようです。





作品データ
原題 For Those Who Think Young
製作年 1964年アメリカ
配給ユナイテッド・アーチスツ
スタッフ
監督 レスリー・H・マーティンソン
脚本 ジェームズ・オハンロン、ジョージ・オハンロン
脚色 ダン・ビューモント
原作 ダン・ビューモント
製作 ハワード・W・コッチ
撮影 ハロルド・E・スタイン
音楽 ジェリー・フィールディング

キャスト
ジェームズ・ダーレンGardner_Ding_Pruitt 3
パメラ・ティフィンSandy_Palmer
ウディ・ウッドベリWoody_Woodbury
ポール・リンドSid_Hoyt
ティナ・ルイーズTopaz_McQueen
ナンシー・シナトラKaren_Cross
ボブ・デンバーKelp
Claudia Martin Sue_Lewis
ロバート・ミドルトンEdgar_J.Cronin

odore.jpg

Movie Trailer


James Darren-Donna Reed.jpgfor-those-who-think-young-_64-pamela-tiffin-james-darren-robert-middleton-e1445078363765.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

micchi
2019年07月20日 16:43
50年ほど前かと思いますが、この映画はテレビ放映されたことがあり、観た記憶があります。映画の筋などは忘れていましたが、わずかなシーンが頭のすみに残っていました。この映画をまた観ることができるとは!YouTubeはすばらしいですね。

映画はちょっと冗長な感じがしました。ジェームズ・ダーレンは笑顔が素敵だと思います。サンディ(パメラ・ティフィン)がディング(ダーレン)のバースデイパーティ(ふたりきりになるようにディングが仕組んであるのですね)にやってきた場面で、彼女にシャンパンを注ぎながら見せる笑顔は最高です。

ところで、ロジャー・スミスがほんのちょこっと出てるのに気づかれましたか?クラブに警察が踏み込んでくる場面です。
tosileo
2019年07月21日 02:23
micchiさん、こんばんは(^-^)。

これがTV放送されたのですか!全然知りませんでした。
昔はいろいろな映画が放送されていい時代だったなと思います。が、今はYouTubeでいろいろな映像を見れるので、それもまたとてもいいです(^^ゞ。

はい、私も彼の笑顔は素敵だと思います。なので笑顔が多い明るい役の作品が好きです。「タイムトンネル」は観ていましたが、これは余り笑顔が多くなかったように思います。

はい、ワン・シーンのロジャー・スミスでしたね。懐かしかったです。「サンセット77」、好きで毎週観ていました。

micchi
2019年07月21日 11:31
tosileoさん、こんにちは

前のコメントでごあいさつを忘れて書き出してしまい失礼しました。失礼といえば、ロジャー・スミスを見逃したりされませんね。私はすぐには気づかなかったもので・・・

「タイムトンネル」でジェームズ・ダーレンを知り、他にいくつか出演作をテレビで観ましたが、私にとってジェームズ・ダーレンは長くトニー・ニューマンのイメージでした。きまじめな感じで、歌手でもあるとは当時想像もしませんでした。ま、想像力は乏しいのですが。4年余り前、思い立ってネット検索して以来、いろいろなことを知ることができて楽しいです。こちらのブログに出会えたのもほんとにラッキーでした。


tosileo
2019年07月21日 18:52
micchiさん、こんにちは(^-^)。

私も忘れることあります(^^ゞ。お互いに気にせずに気軽にでいかがでしょう。
ロジャー・スミスは、一瞬、まさか?!と思いました。micchiさんお話で確信しました(^<^)。

「タイムトンネル」からだったのですね。私は「若さでブッ飛ばせ」のイメージで観たので、気真面目さに慣れるまでちょっとかかりました(^^ゞ。でも、こちらでは他の彼のドラマは放送になっていなかったのか、私が気が付かなかったのか、ずっと後になるまで知りませんでした。北海道は放送されないことがけっこうあって(^^;)。局の数がその頃は三局でした。

「スタートレック:ディープ・スペース・ナイン」で歌手の役で出ていたという映像をYouTubeで見つけて、ずっと活躍していたのだと知りました。素敵に年を召された姿と歌で嬉しかったです。「若さでブッ飛ばせ」のシングル盤のレコード一枚だけしか持っていなかったのですが、それから何枚か買い、DVDもギジェットシリーズ、「ナバロンの要塞」「ダイアモンド・ヘッド」と観ることが出来て嬉しかったです。今年に入ってから「草原の野獣 」と「戦う若者たち」「ヤング・ハワイ」と観れて嬉しかったです。これからも彼の出演作品がDVD化するかTV放送されるといいなと願っています(^^ゞ。

私も声を掛けて下さって、とても嬉しいです。
ジェームス・ダーレンで盛り上がれるなんて(^○^)、とても嬉しいです。