「希望の降る街」(映画)

画像


ケイリー・グラント、ジーン・アーサー、ロナルド・コールマン主演の、ジョージ・スティーヴンス監督、製作による1942年の映画です。
日本では劇場未公開だったそうですが、
<アカデミー賞7部門にノミネートされたサスペンスフル・コメディ>ということですが、
はい、なかなか面白かったです。

放火と殺人容疑で逮捕されたケーリー・グラントが脱獄して、一人暮らしのジーン・アーサーの家に逃げ込みます。
一晩だけ~という約束で泊まりますが、
そこに大家の次期最高裁判事と目されているライトキャップ博士(ロナルド・コールマン)が来て泊まることになります。
彼がそこに住むということで、彼女は翌日出ることになっていたようで。。。。。。

ケーリー・グラントが隠れながら三人の暮らしが始まりますが。。。。。。

彼は、ライトキャップ博士(ロナルド・コールマン)に弁護をしてもらえるようにと、彼女を説得します。
ライトキャップ博士の秘書になり、機会をねらう彼女ですが。。。。
彼はライトキャップ博士(ロナルド・コールマン)の話に、姿を現してしまいます。
思わず庭師だと紹介し、三人暮らしが。。。。。

彼らの友達と三人掛かりで、ライトキャップ博士に事件を担当させようとあれこれと。。。。

正義感は強いのですが、どこまでも法を守ろうとするライトキャップ博士で、苦労する彼らですが、
町中の人たちを先導して、ケーリー・グラントを陥れようとする真犯人に、その気になるライトキャップ博士ですが、
ケーリー・グラントが捕まってしまいます。
活躍するライトキャップ博士(ロナルド・コールマン)!
彼はジーン・アーサーに惹かれています。

彼女はケーリー・グラントが好き? ライトキャップ博士(ロナルド・コールマン)が好き?
ケーリー・グラントは彼女が好きではない?
よく分からない三角関係です。
が、このジーン・アーサーはとっても可愛くて、どちらでもいいなと思いながら観ていました。
ラストは決まるのですが。

主役の三人がそれぞれ魅力的でしたし、笑えましたし、ドキドキもしましたし、楽しく観ました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



製作 1942年アメリカ
上映時間 118分

監督 ジョージ・スティーヴンス
脚本 デイル・ヴァン・エヴェリー、アーウィン・ショウ、シドニー・バックマン
原案 シドニー・ハーモン
製作 ジョージ・スティーヴンス
音楽 フレデリック・ホランダー、ダニエル・アンフィシアトロフ、モリス・ストロフ
撮影 テッド・テズラフ
編集 オットー・メイヤー
製作会社 コロンビア映画
配給 コロンビア映画

キャスト
ケーが、リー・グラント
ジーン・アーサー
ロナルド・コールマン
エドガー・ブキャナン
グレンダ・ファレル
チャールズ・ディングル
エマ・ダン
レックス・イングラム

ストーリー
紡績工場で働くディルグは身に覚えのない放火と殺人容疑で逮捕されてしまう。
しかし、彼は汚名を晴らすべく決死の思いで脱走し、友人ノラの家に逃げ込む。
ところが、次期最高裁判事と目されるライトキャップ博士も時を同じくしてそこに住み始めたところだった。
困ったノラは彼の無実を信じ、博士に庭師として紹介し匿う。
画して判事と容疑者という不思議な共同生活が始まるが…。

※アカデミー賞 ノミネート
作品賞
脚色賞 アーウィン・ショウ、シドニー・バックマン
原案賞 シドニー・バックマン
撮影賞(白黒) テッド・テズラフ
喜劇映画音楽賞 フレデリック・ホランダー、モリス・W・ストロフ
室内装置賞(白黒) ライオネル・バンクス、ルドルフ・スターナド、フェイ・バブコック
編集賞 オットー・メイヤー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント