「ハーヴェイ」(映画)

画像


ジェームズ・スチュワート主演のハートウォーミングドラマ。。“ハーヴェイ”という名の空想の白ウサギが見える中年男のエルウッドで、それを隠そうともしません。そんな彼をお姉さんが精神病院に入れようするお話です。
ジェームズ・スチュワートが一番好きな出演作なのだそうです。
こういう作品が好きなんだ~と、ジェームズ・スチュワートっていい人なのね~と思いました。

適当に笑える映画ですが、特に面白いと思わないのですが、何となくいいな~と、映像もお話もジェームズ・スチュワートも。

で、ウサギのハーヴェイは絵の中に出てくるだけで、私たちに姿を見せてくれません。エルウッドと療養所の院長だけが見えます。
でも存在感があって、特にラスト近くのブランコに乗ってエルウッドと話すシーンが。

で、ハーヴェイと一緒だととても無邪気で嬉しそうなエルウッドがいいです。 
で、ほかの人にもとても優しいエルウッドです。

エルウッドの恋話はなく、姪と、看護婦さんと医師の恋だけです。
エルウッドの恋がなくてさみしいですが、善人の彼がとてもいいです。

ちょっとステキでした。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


監督 ヘンリー・コスター
脚本 メアリー・チェイス、オスカー・ブロドニー、マイルズ・コノリー
原作 メアリー・チェイス
製作 ジョン・ベック
音楽 フランク・スキナー
撮影 ウィリアム・ダニエルズ
編集 ラルフ・ドーソン
製作会社 ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
製作 1950年 アメリカ合衆国
上映時間 104分

キャスト
エルウッド・P・ダウド - ジェームズ・ステュアート: 名門ダウド家当主。42歳。
ヴィタ・ルイーズ・シモンズ - ジョセフィン・ハル: エルウッドの歳の離れた姉。エルウッドと同居。
ミス・ケリー - ペギー・ダウ: 看護婦。
サンダーソン医師 - チャールズ・ドレイク: 精神病院「チャムリー療養所」の若い医師。
チャムリー医師 - セシル・ケラウェイ: 「チャムリー療養所」院長。
マートル・メイ・シモンズ - ヴィクトリア・ホーン: ヴィタの娘。
マーヴィン・ウィルソン - ジェシー・ホワイト: 看護士。粗暴。
ギャフニー弁護士 - ウィリアム・リン: ヴィタの顧問弁護士。
タクシー運転手 - ウォーレス・フォード

ストーリー
米国中西部の典型的スモール・タウン、グレンドーラ。父の遺産で何不自由のない生活を送る未亡人には、しかし、大きな悩みの種があった。それは屋敷に同居する弟で現当主であるエルウッド。彼はここずっと、“ハーヴェイ”と呼ぶ身長6フィートの白兎を最良の友とし、ほかの誰にも見えないこの親友を誰彼構わず紹介しまくるのである。夫人の年頃の娘などは、自分に嫁の貰い手がないのは伯父エルウッドのそうした奇行のせいだと頑なに信じている。ついにはエルウッドを精神病院送りにと話は決まるのだが……。

画像

                  映画はモノクロです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント