テーマ:洋画

「オレゴン大森林/わが緑の大地」(映画)

ポール・ニューマンが主演と監督した1971年の映画で、ヘンリー・フォンダ、リー・レミック、マイケル・サラザンが共演していて、 音楽はヘンリー・マンシーニという、大自然を背景にしたお話で、 ポール・ニューマンとヘンリー・フォンダが共演!それにリー・レミック!マイケル・サラザンも?と、観て損はない映画だろうと期待して観てしまいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「逃亡者」(ヘンリー・フォンダ主演映画)

ヘンリー・フォンダがどんな逃亡者? ヘンリー・フォンダ主演で監督がジョン・フォードなら~、原作が「第三の男」を書いた人~と、そんな単純な思いで観たのですが、思わぬ話で。 キリストと重なる感じで。。。。。 新政府によってカトリック追放が叫ばれていた30年代のメキシコが舞台で、逃亡中の神父が国外脱出を目前にして捕らえられてしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「太平洋作戦」(映画)

ジョン・ウェイン主演で、ロバート・ライアン 共演の1951年の戦争映画で、題が示す日本との戦いでの話で、 厳格な隊長とその確執に悩む部下達の葛藤を軸に、実写フィルムを交えているという、アメリカ海兵戦闘編隊のガダルカナル攻防を描いたものです。 が、日本兵は余り出てこないので、思ったよりは冷静に観れたかなと思います。 公開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「トランセンデンス」(映画)

ジョニー・デップ主演の、2014年のSF・サスペンス映画で、コンピュータに科学者の頭脳をインストールするという。。。。。 原題の「Transcendence」は、日本語で「超越」を意味するのだそうです。 コンピューターで、あらゆる病気やケガまで治し、人間そのものまで再生してしまうところまで行きます。 撃たれてもゾンビみたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「モリー先生との火曜日」(映画)

1999年にアメリカで制作され、ABC放送で放送されたテレビ映画だそうで、 ジャック・レモンの遺作で<感動のハートフルドラマ>ということで、観ました。 なるほど、感動的でした。 不治の病に冒されながらも、余命を尽くしてかつての教え子に語り掛ける大学教授・モリーが、時間に追われて過ごしている教え子に、16年振りに会い、尚、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「荒れ狂う河」(映画)

1960年の、モンゴメリー・クリフト主演の映画で、監督はエリア・カザン、共演はリー・レミック。 テネシー川のダム建設にともなう土地買収問題を題材にしています。二度目の視聴です(^-^)。 一度目はYouTubeで、今回はイタリア版のDVDで観ました。字幕なしです。 が、どちらも字幕なしでしたが二度目なので、内容も何となく前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コレヒドール戦記」(映画)

ロバート・モンゴメリー、ジョン・ウェイン主演で、ドナ・リードが共演している1945年の、ジョン・フォード監督の戦争映画です。 フィリピンが舞台で、相手は日本なので、躊躇する気持ちはあったのですが、観てみるかなと。。。。。 アメリカが制作した太平洋戦争の映画は観たくないのですが。。。。。日本が勝っているときの話だしと。。。。。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「雨の朝パリに死す」(映画)

エリザベス・テイラーとヴァン・ジョンソン主演の1954年の映画です。単なるラブ・ストーリーではなく、メロ・ドラマとなっていました。 ちょっと複雑な心境があるかなと思いますが、私には<ラブ・ストーリー>でした。 <メロドラマ (melodrama)と は、演劇や映画のジャンルの一つで、一般に感情の起伏を誇張した感傷的な恋愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「熱いトタン屋根の猫」(映画)

1958年の、エリザベス・テイラー、 ポール・ニューマン主演の映画で、<人間の愛と欲望・血脈・心の葛藤を描いた濃密なドラマ>と表記されていたところがありましたが、まさに!という感じです。 戯曲を映画化したものだそうですが、それも納得!という感じでした。 やはり、ちょっと重いです。 が、中盤引き込まれました。 で、ラストは、ビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「暗闇に響く銃声 」(映画)

1951年のスペンサー・トレーシー主演の映画で、フィルムノワールということで、好きではないジャンルなのですが、観てみようと。。。。スペンサー・トレーシーだし~と。 犯罪を扱う弁護士だったそうですが、民事にかえたようで。 知人の頼みで、息子が殺人犯で捕まったので弁護してほしいと言われ引き受けるのですが、それが、 男が最後に燃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「燃えつきた欲望」(映画)

1950年のゲーリー・クーパー主演の映画で、ローレン・バコールと パトリシア・ニールが共演です。 同名小説(フォスター ・フィッツ・サイモンズ1948年)が原作だそうですが、原作はそれなりに面白いかも~と思いました。 ゲーリー・クーパー主演の映画では珍しい、荒んだ男で、父親を潰した相手を蹴落として、お金持ちになり、その相手の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「SPY/スパイ」(映画)

スパイもののコメディ映画で、ジェイソン・ステイサム目当てで観ましたが、ジェイソン・ステイサムもジュード・ロウも、主演の彼女、メリッサ・マッカーシーを引き立てる役でした。 ジュード・ロウもコメディがかっていますが、ジェイソン・ステイサムはしっかり<コメディ>になっています。・ジェイソン・ステイサムのコメディを初めて観ました。あは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(映画)

2017年のスティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、メリル・ストリープ主演の映画で、 ベトナム戦争を分析・記録したアメリカ国防総省の最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」の内容を暴露したワシントン・ポストの2人のジャーナリストの実話を映画化した社会派ドラマです。 いろいろな賞を受賞したり、ノミネートされたそうですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヨーク軍曹」(映画)

1941年のゲーリー・クーパー主演の映画です。 第一次世界大戦中に実在した、西部戦線で、わずか7人の部下と共に132人のドイツ兵を捕虜にし、数々の名誉を得た英雄、アルヴィン・ヨーク軍曹の実話を映画化したものです。 この映画で、ゲーリー・クーパーは、アカデミー主演男優賞を受賞したとのことです。 で、この映画、映画化まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「桑港」(映画)

1936年のクラーク・ゲーブル、ジャネット・マクドナルド、スペンサー トレイシーが主演した映画で、 私はスペンサー トレイシーが目当てで観たのですが、地震のパニック映画ということだったので、ずっと躊躇していました。 ついに観たという感じなのですが、スペンサー トレイシーのシーンは少なく、<クラーク・ゲーブルとジャネット・マク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「海の魂」(映画)

1937年のゲーリー・クーパー主演の映画で、監督はヘンリー・ハサウェイ です。このコンビとして4作目の映画だそうです。 裁判で裁かれる側に座っているゲーリー・クーパーから始まります。罪名は海上での殺人罪です。有罪になってしまいます。 裁かれているのに、ステキです。 で、話が遡ります。その事件前になって進んで行きます。 始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マルタの鷹」( 映画)

ハンフリー・ボガートの映画を、もう一本観てみようと思いました。 「カサブランカ」「裸足の伯爵夫人」「アフリカの女王」と観ましたが、この「マルタの鷹」も彼の代表作の一つかなと思い、 探偵ものなので面白いかなと思い、観ました。 面白さでいうと、「カサブランカ」>「アフリカの女王」>「裸足の伯爵夫人」>「マルタの鷹」となる私です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アフリカの女王」(映画)

1951年の、ハンフリー・ボガードとキャサリン・ヘップバーン主演のアメリカ・イギリス合作の映画だそうで。 軽いタッチかなと思ったりもしますが、川下りの激しいシーンは軽くないですし、 動けなくなった船を何とかしようとする二人は、物凄い姿ですし、 無精ひげの ハンフリー・ボガートは汚めで、キャサリン・ヘップバーンは前半は痩せた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ファンタスティック ・ビーストと黒い魔法使いの誕生 」(映画)

2018年に公開されたイギリス・アメリカのファンタジー映画「ファンタスティック・ビーストシリーズの第2作目。 お話も一作目の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の続きで、 ニュート役の主演エディ・レッドメインほかメインキャストも続投で、安心感を持って観れました。 で、若き日のダンブルドア役をジュード・ロウが演じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(映画)

世界的に人気がある「ハリー・ポッター」シリーズ完結から5年を経て、新たに送りだされたシリーズの第1作ということで、 原作者J・K・ローリングが自ら脚本を手がけ、実際に発売もされたホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の編纂者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが繰り広げる大冒険です。 未知の幻獣を求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「名犬ラッシー/ラッシーの息子」(映画)

「名犬ラッシ-/家路」(1943)の続編で 1945年の映画です。 「家路」でジョー少年の元に戻ったラッシーですが、ジョーも大きくなり、ラッシーには息子のラディーがいます。 ラディーはやんちゃな子で、ジョーが大好きで、戦場へ行くジョーを老い掛けて行ってしまいます。 一途なところはお母さんのラッシーと同じです。が、状況をみて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「テキサスSWAT」(映画)

チャック・ノリス主演の映画で、もう一本!と思い、これを(^-^)。 一匹狼のテキサス・レンジャーが、娘を誘拐した武器商人と闘う話で、悪役はデビッド・キャラダインです。 テンポよく進みますが、107分というわりに長く感じました。いろいろと展開するからでしょう。 笑えるシーンもありますし、ラブ・シーンもありますし、 って、チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野獣捜査線」(映画)

久し振りにチャック・ノリスです(^-^)。ちょっと嬉しいです(^^ゞ。懐かしいです(^-^)。 主だった彼の出演作は観ているので、これも観たはずなのですが、もうずっと前で、覚えていません。 チャック・ノリスも続けて何本も観たので、余計です(^-^;。 夫がアクション映画を好きだったので一緒に観ていたのですが、けっこう気に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Backstreet」 (映画)

スーザン・ヘイワード 、ジョン・ギャビン主演の1961年の映画「裏街」です。 日本語の字幕なしでしたが、頑張って観ました。目当てはジョン・ギャビンです(^-^)。 ジョン・ギャビンはここでも素敵でしたが、映画が良かったです。台詞がわからないのが辛かったですが、それでも素敵でした。 が、不倫ものではあるんです。 でも、先日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クリスタル殺人事件」(映画)

<ロンドン郊外の静かな町を舞台に起こった殺人事件をアガサ・クリスティがポアロ探偵と共に創造したミス・ジューン・マープルが解くサスペンス映画。>ということです。 1980年のイギリス映画だそうですが、出演者はアメリカの俳優ばかり?<豪華>といえるスターたちの競演だと思います。 アンジェラ・ランズベリー、エリザベス・テーラー、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Strangers When We Meet」(映画)

邦題は「逢う時はいつも他人」で、1960年の、カーク・ダグラス、キム・ノヴァク主演の映画です。 キム・ノヴァクが好きで観たかったのですが、男っぽいカーク・ダグラスが最近まで苦手で、観る機会があったのに観なかった映画で、後悔していました。苦手意識はなくなりましたが、TV放映もないので諦めていました。 が、今朝、 オンリー・ザ・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ピクニック」(映画)

この映画は昔、ビデオで観ているのですが、 パット・ブーンの「ムーン・グロウ」を聴いていて、「ピクニック」を観よう!と思いました。(「ムーン・グロウ」は「ピクニック」で使われた曲で) で、何ということもない!ほとんど覚えていませんでした。いつものことなのですが(^^;)。 でも、もう少し覚えているつもりでした(^^;)。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「武器よ さらば」(映画)

アーネスト・ヘミングウェイの小説「武器よさらば」を映画化した、1932年のゲーリー・クーパー主演の映画です。 1957年にロック・ハドソン、ジェニファー・ジョーンズ主演でリメイクされていて、本当はこちらで観たいな~なんて思っていたのですが、こちらを観ることが出来たのは、それはそれで良かったなと思います。 ゲーリー・クーパー、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ネバーランド」(映画)

2004年のジョニー・デップ主演の映画で、1903年のロンドンを舞台に、実在した作家ジェームズ・M・バリが父を失い母と暮らす幼い4人兄弟と出会い、彼らとの交流に触発されて「ピーター・パン」を構想していくのですが、その物語を完成させるまでを描いた、実話に基づく話だそうです。 これも封切りの時から観たかった映画です。 夢のあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「遠すぎた橋」(映画)

戦争映画は余り観ないのですが、監督がリチャード・アッテンボローだというのと、出演者が豪華で、特にライアン・オニールとマクシミリアン・シェルとアンソニー・ホプキンスが嬉しかったですが、ほかにもロバート・レッドフォード、ショーン・コネリー、ダーク・ボガード、エドワード・フォックス、マイケル・ケイン 、ジーン・ハックマン、ジェームズ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more