テーマ:洋画

「無頼の群れ」(映画)

先日TVで放送された、グレゴリー・ペック主演の1958年の映画です。 妻を殺された男が、別の遠くの町で犯人が捕まり、絞首刑になるというので見に行くのですが、4人組のならず者たちなのですが、 執行前日に脱獄し、追いかけていき。。。。一人ずつ復讐していくのですが、実は犯人ではなかったというお話で、 それまでの追跡話の面白かった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「動く標的」(映画)

ポール・ニューマンの1966年の探偵ものの映画です。 ポール・ニューマンがちょっと苦手だったのが、このシリーズ、続編の「新・動く標的」を(先に)観て、カッコいいじゃない、と思って、それからOKになった私です(^^ゞ。 これは、お気に入りのパメラ・ティフィンが出ているということもあって、観ました。 パメラ・ティフィンは映…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ファイアークリークの決斗」(映画)

お気に入りの二人、ジェームズ・スチュアートとヘンリー・フォンダが主演している映画というので観ました。 が、ヘンリー・フォンダは悪役で。。。。 で、ジェームズ・スチュアートは農業を営みながらの保安官なのですが。。。正義は守ろうとするのですが、どうも厄介なことには逃げ腰で。。。。。半分以上、余り面白く感じず、そしてイライラと(^…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「夜霧のマンハッタン」(映画)

1986年製作のロバート・レッドフォード主演のサスペンス映画です。 ラブ・サスペンスと表記されていたりしますが、<ラブ>はありますが、私にはよくわからない<ラブ>でした。 ロバート・レッドフォードのトム・ローガンとデブラ・ウィンガーのローラ・J・ケリーの恋で、確かにそうなのですが、 彼は、依頼主の若いチェルシー(ダリル・ハ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「クォ・ヴァディス」(映画)

好きではないというか苦手なローマ帝国時代のお話ですが、いつか機会があったら観てみようかと思いながら、幾度かのTV放送をスルーしていたのですが、先日TVで放送され、今回は観よう!と。 闘いの話ではないかと勝手に思っていましたが、ロバート・テイラー演じるマーカスとデボラ・カーが演じるリジアの愛のお話がメインで、 キリスト教の信仰…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「サーカスの世界」(映画)

ジョン・ウェイン主演の1964年の映画ですが、華々しいサーカスの世界を見せてくれます。 子供の頃に木暮サーカス、ボリショイ・サーカスなどが北海道にも来て、父が連れて行ってくれて、驚きながら、楽しく観たことを思い出します。 共演は、クラウディア・カルディナーレ、リタ・ヘイワース、そしてTVドラマ「ララミー牧場」のジョン・スミス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「風と共に去りぬ」(映画)

いつか観ようと思いながら、今日まできてしまいましたが、ようやく観ました。 クラーク・ゲーブルが苦手でスルーしていましたが、そういえば原作も読んでいません。 クラーク・ゲーブルには関係なく、観ていなかったような気もします(^^ゞ。 が、クラーク・ゲーブルも苦手ではなくなり、晴れ晴れと、穏やかに観ることが出来ました(^^ゞ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「縛り首の木」(映画)

ゲーリー・クーパーがお気に入りになってから、いつか観たいと思っていた彼主演の映画の一本です。 先日、TV放送されて、とても嬉しかったです。 監督はデルマー・デイヴィス、共演はマリア・シェル、そして主題歌"The Hanging Tree"を歌っているのは、「エル・パソ」のマーティー・ロビンスでした。マーティー・ロビンスの「エ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「黙って抱いて」(映画)

デビュー間もないアラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドが初共演ということで、観たのですが、 主演はミレーヌ・ドモンジョとアンリ・ヴィダルです。 アラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドは、ミレーヌ・ドモンジョが演じるヴィルジニーの仲間です。 で、アラン・ドロンはそれなりに登場し、活躍もしますが、ジャン=ポール・ベルモ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「長い灰色の線」(映画)

タイロン・パワー主演の1955年の映画です。 「愛情物語」の前年の映画なのですね。リバイバル上映の「愛情物語」でタイロン・パワーを知り、 私の中では、<タイロン・パワー=エディー・デューチン>になっています。「地獄への道」や「情婦」も観ているのですが(^^ゞ。 で、共演はモーリン・オハラです。ジョン・ウェインとの共演作が多…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「殺人者はバッヂをつけていた」(映画)

米ドラマ「パパ大好き」(1960)のフレッド・マクマレイとキム・ノヴァクが共演の1954年の映画です。 子供のころ、「パパ大好き」を毎週楽しみに観ていました。映画は、「深夜の告白」「ボクはむく犬」「アパートの鍵貸します」「うっかり博士の大発明 フラバァ」しかみていませんが。 で、共演のキム・ノヴァクですが、当時21歳だったそ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「さらば友よ」(映画)

アラン・ドロンとチャールズ・ブロンソンが共演の、1968年の映画です。 アラン・ドロンは好きですが、封切りの時からブロンソンが苦手でスルーし、おまけに、ブロンソンにドロンが喰われているとかいう話で、 ビデオが出ても、DVDが出ても、今まで観ませんでした(^-^;。 が、この辺で観ようと。 苦手なブロンソンも観れるようにな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「牛泥棒」(映画)

ヘンリー・フォンダ主演の1943年の映画です。 お気に入りのヘンリー・フォンダが目的で観ましたが、この映画は知りませんでした。日本では未公開だったようです。 無精ひげ姿の西部劇なのですが、彼の活躍場面は無いに等しいかなと。。。。 牛泥棒を捕まえる自警団に入ることになるのですが、見つけた犯人らしい人は無罪を主張します。 町…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「打撃王」(映画)

1942年に制作されたゲーリー・クーパー主演の映画です。 メジャーリーグ、球団ニューヨーク・ヤンキースに所属した一塁手、ルー・ゲーリッグの伝記映画です。 野球に詳しくない私は、当時のアメリカの野球選手はベーブ・ルースしか知りません。ジョー・ディマジオはマリリン・モンロー繋がりで名前と顔だけ。 なので、ルー・ゲーリッグは有名…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「トレヴィの泉で 二度目の恋を」(映画)

シャーリー・マクレーンとクリストファー・プラマーが主演の2014年の映画です。 <人生の黄昏期を迎えた男女の新たな恋を描いたハートフルドラマ>ということでしたが、 老いたシャーリー・マクレーンを観てみようとして観始めたのですが、 もう美しいとは言えない二人で、恋はある程度までで、老いたら枯れていくのがいいのかも~なんて思っ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「女房の殺し方教えます」(映画)

ジャック・レモン主演の1964年のコメディ映画です。タイトルはコワイですが、 1960年代らしい、おかしな楽しいコメディだなと思いました。 笑ってしまいました。 共演は ヴィルナ・リージです。 マリリン・モンロー風のヴィルナ・リージでした。お色気いっぱいのヴィルナ・リージでした。 あるパーティーで、大きなケーキ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「夕陽の挽歌」(映画)

ウィリアム・ホールデン、ライアン・オニール主演の1971年の西部劇です。 ライアン・オニールが出ているというので観ました。「ある愛の詩」からいいな~と思っています。 ま、個人的にはスキャンダルの多い人のようで(^-^;。が、タイプが好みのタイプです(^^ゞ。 で、ウィリアム・ホールデン ですが、 これがウィリアム・ホ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「男の魂」(映画)

1955年のジョン・ウェイン主演の映画です。ラナ・ターナーが共演で、若い船員でタブ・ハンターが出ています。 これもいつか観ようと思っていた映画です。 ようやく観れたかなと(^^ゞ。 海洋ものですが、ちょっと分かりづらい感じがあって、 ジョン・ウェインがドイツの船の船長? なんで? ラナ・ターナーは場違いなスタイルです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「メカニック」(映画)

2011年のジェイソン・ステイサム主演のアクション映画です。 続編の「メカニック・ワールド・ミッション」(2016)を観て面白かったので、観たのですが、 車椅子のドナルド・サザーランドが出てきて、思い出しました! 私、観てます、これ! と、思い出しながら観ました(^-^;。 1972年公開のチャールズ・ブロンソン主演…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「荒馬と女」(映画)

1961年の、クラーク・ゲーブル、マリリン・モンロー、モンゴメリー・クリフト主演の映画ですが、クラーク・ゲーブルとマリリン・モンロー二人の共演にモンゴメリー・クリフトが共演しているという感じかなと思います。 私はモンゴメリー・クリフトが好きで、この映画を観ましたが、以前に挫折しています。 彼の出演映画で、唯一挫折した作品です…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「印度の放浪児」(映画)

<『ジャングル・ブック』のルドヤード・キプリングの長編小説を映画化した、テクニカラー1951年作品>ということですが、 19世紀末、ロシア帝国が差し迫るイギリス領インドが舞台で、インドで育ったイギリス人の少年が、イギリス軍の密偵として活躍するお話です。 なので、トップがエロール・フリンになっているのでエロール・フリンが主演の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ブーム・タウン」(映画)

1940年のクラーク・ゲーブル、スペンサー・トレーシー共演の映画です。 20世紀初めの、油田開発が活発になったころの、油田開発に燃えた二人の男の友情ものです。 「桑港」(1936)でも二人は共演していましたが、お気に入りのスペンサー・トレーシーは添え物的で不満でしたが、 「ブーム・タウン」では、同等で良かったです。 が、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「若草物語」(映画)

1949年に製作・公開された映画です。昔、ビデオで観たかなと思います。 が、今回はTVで放送されたものです。画像もビデオで観た時より美しかったです。 で、ビデオで観た時は2時間はなかったと、もっと短かったように思うのですが。。。。。 で、何しろ随分前なので記憶違いかも。 で、ビデオで観る前に、子供の頃、本で読んでいます。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「エンド・オブ・キングダム」(映画)

録画してあったのを、ようやく観ました(^-^)。 やぁ~、面白かったです。私は('◇')ゞ。 2016年の映画で、ジェラルド・バトラー主演・製作、 2013年の映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編です。 またまた派手です。前回以上に楽しみました。ま、ちょっと無理があるなとも思いますが、ま、娯楽映画なので(^-^)。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「リトル・ヴォイス」(映画)

以前に、いい映画だときいていて、いつか観なくちゃと思っていた映画です。 1998年制作のイギリス映画だそうで、1992年にロンドンのロイヤル・ナショナル・シアターでサム・メンデスの演出により初演されたミュージカル『The Rise and Fall of Little Voice』を映画化した、<大ヒットミュージカルを映画化し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「バファロー大隊」(映画)

ジェフリー・ハンターを思い出すと、いつもまた観たいな~と思った映画です。 以前もTV放送で観たのですが、今回もです。で、今回は今後のためにDVDに残しました(^^ゞ。 青い目が素敵な、ハンサム青年のジェフリー・ハンターです。 これは1960年の映画で、西部劇ですが、法廷ものです。監督はジョン・フォードです。 ジェフリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「復讐のビッグガン」(映画)

アラン・ドロンとジャック・ペラン共演の映画だというので、観ました(*´▽`*)。 ジャック・ペランは、思っていたより若かったです。「ニュー・シネマ・パラダイス」が1989年だそうですが、アラン・ドロンに渋みが出ていたので、より若く見えたのかもしれません。 が、どちらもなかなか良かったです。 で、アラン・ドロン主演の19…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ハクソー・リッジ」(映画)

メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとったという2016年の映画で、 第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマです。 人を殺してはならないという宗教的信念から、<良心的兵役拒否者>として武器を持たずに戦場へ行った青年です。 軍には受け入れがたく、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「戦火の馬」(映画)

これは、ジャケット写真を見て、いつか観たいな~と思っていた映画です。 スティーブン・スピルバーグ監督の2012年の映画です。 1982年にイギリスで発表され、舞台化もされて成功を収めたマイケル・モーパーゴの小説を、スピルバーグ監督が映画化したのだそうです。 第一次世界大戦が舞台です。 農家の貧しい少年が一匹の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「自転車泥棒」(映画)

有名なイタリア映画のようで、いつか観たいと思っていた一本です。 1948年の映画だそうで、戦後間もない映画で、お話もそうです。 生活の苦しい中、ようやく見つかったポスター貼りの仕事。自転車が必要で、お金がない主人公は、奥さんがシーツを売ってお金を作ってくれて、自転車を手に入れますが、盗まれてしまいます。 息子と探します…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more