テーマ:ジョン・ウェイン

「勇気ある追跡」(映画)

1969年のジョン・ウェイン主演の映画ですが、アカデミー賞男優賞を受賞しているそうで、どんなジョン・ウェインなのだろうかと、 また、グレン・キャンベルも出ているというので、観てみたいと思ったのですが、観始めたら、私、前に観ていたようです(^-^;。 所々覚えていました(^^ゞ。が、最後まで観ました。 無敵の保安官のジョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ビッグケーヒル」(映画)

1973年のジョン・ウェイン主演の西部劇ですが、ドンパチというより、親子関係を描いているように思います。 任務に忠実なあまり家庭を顧みない腕利きの連邦保安官・ケーヒル(ジョン・ウェイン)は、二人の息子が、保安官殺しまでした銀行強盗の一味に関係しているのに気付きます。 父親に知られていると知らない息子たち、ちょっとした反抗心か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「赤い河」(映画)

モンゴメリー・クリフトのデビュー作です。それまで映画に出なかったモンゴメリー・クリフトが、ようやく映画に出る気になったわけです。 ジョン・ウェインとの共演です。 これを観るのも3度目です。実は今、「モンゴメリー・クリフト―エリザベス・テーラーの人生を狂わせた男 挽歌への旅路 」という本を読み始めました。その中で、彼がどのよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「拳銃無宿」(映画)

この映画は、ジョン・ウェインが製作・主演になっている1946年の映画で、共演はゲイル・ラッセルという女優さんですが、出演者はジョン・ウェインしか知りません。 で、悪い人たちはいるのですが、激しい撃ち合いのない西部劇で、ちょっと感じが違います。 ク エーカー教という宗教が出てくるのですが、ここに出てくる彼女の一家が熱心な信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リオ・グランデの砦」(映画)

ジョン・フォード監督でジョン・ウェイン主演の、「アパッチ砦」、「黄色いリボン」に続く<騎兵隊三部作>の最終作です。共演はモーリン・オハラで、ジョン・ウェインと仲たがいしている夫婦です。 で、「アパッチ砦」の続編になっているそうで、ジョン・ウェインはヨーク中佐で、大尉ではありませんが、同じヨークさんです。階級について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アパッチ砦」(映画)

ジョン・ウェインとヘンリー・フォンダが主演というので観た、1948年製作のジョン・フォード監督作品で、 『騎兵隊三部作』の第一作なのだそうです(二作目が「黄色いリボン」で、三作目が「リオ・グランデの砦」)。 カスター中佐率いる第七騎兵隊の全滅をモデルにしているそうですが。。。。 観終わって複雑な感じでした。 プライド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「黄色いリボン」(映画)

<ジョン・フォード監督作品の中の『アパッチ砦』、『リオ・グランデの砦』と並んで「騎兵隊三部作」と評される第2作。 退役を目前に迫った年老いた騎兵隊長の最後の6日間を描いた作品。>ということで、 ジョン・ウェイン主演の1949年製作の映画です。 お墓のシーンがいいというので、観なくちゃ!と思いました。 けっこうはじめの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「捜索者」(映画)

ジョン・フォード監督、ジョン・ウェイン主演の1956年の西部劇です。 が、ジェフリー・ハンターが目当てで観ました。 が、ジェフリー・ハンターは「バファロー大隊」の方がステキだと思いました。 で、この「捜索者」、ジョン・ウェインの映画のわりに、淡々としているというか、盛り上がりがないというか、ジョン・ウェインも淋しそうで、ちょ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「リバティ・バランスを射った男」(映画)

ジョン・ウェインとジェームズ・スチュワート主演の映画ということで、観ました。 役柄もイメージ通りで、ジョン・ウェインは牧場主で拳銃の名手、ジェームズ・スチュワートは弁護士から上院議員になった男。 多くのジョン・ウェインの映画とちょっと違うのは、ジョン・ウェイン演じるトムの葬儀の準備から始まること。 え? ひょっとして遺体と…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「三人の名付親」(映画)

タイトルから、赤ちゃんをみることになった三人の男の大変さをコミカルに描いたものかと思ったのですが。。。。。 大変さを描いていますが、コミカルどころか、命をかけて赤ちゃんを守る壮絶なお話で、 銀行強盗をして保安官たちに追われる彼らが、砂漠の中で赤ちゃんが産まれそうな女性に会い、立会い、そして赤ちゃんを置いて亡くなる女性に名付親…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「リオ・ロボ」(映画)

「リオ・ブラボー」「エルドラド」と続くハワード・ホークス監督の三部作の最終作だそうで、ホークス監督の遺作だそうです。 南北戦争が終わるころ、ジョン・ウェインが演じるマクナリー北軍大佐が、ゲリラの黒幕に立ち向かうお話です。 彼の西部劇は、強く、信頼出来る人物で、根はやさしく、こんな人がいたら~と思う、まさしく<英雄>です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「100万ドルの血斗」(映画)

ジョン・ウェインが悪党に誘拐された孫を取り返しに行くというお話で、 ジョン・ウェインの妻をモーリン・オハラが、息子をパトリック・ウェイン、ロバート・ミッチャムの息子クリス・ミッチャムが演じているというので観てみたいと、 おまけに「ミスター・ロンリー」のボビー・ヴィントンがこれで映画デビューだったとか! ジョン・ウェインとモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「エル・ドラド」(映画)

たまたま放送中のこの映画を中盤から観ました。 面白くてそのまま観ました。 ジョン・ウェインとロバート・ミッチャムが主演の西部劇で、 テキサスのエル・ドラドを訪れた、ジョン・ウェインが演じるガンマンと、ロバート・ミッチャムの保安官がコンビを組んで悪辣な牧場主と対決します。 彼らと一緒に闘う青年をジェームズ・カーンが演じていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「静かなる男」

1952年に公開されたジョン・ウェイン、モーリン・オハラ主演の映画で、監督はジョン・フォード だそうです。 いつか観てみたいと思っていたのですが、内容は知らず。。。。 観てみたら、題から思っていた感じの映画とは違ったのですが、ジョン・ウェインとモーリン・オハラのコンビらしい映画だと思いました。 この題は、彼の秘めた過去から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more