テーマ:ケイリー・グラント

「此の虫十万弗」(映画)

ケイリー・グラント主演の映画で、 「最近、私はある人からある話を聞きました。それは、心をポッと暖めてくれる話でした。私と同じように、みなさんもこの話に心が暖かくなるでしょう。それでは、始めます。」という語り掛けで始まる、少年の飼っている青虫が、音楽に合わせて踊るという、ファンタジーなお話です。 が、それだけではない、ケイリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「気まぐれ天使」(映画)

ステキでした! ケーリー・グラント主演の1948年の映画です。 ケーリー・グラントが<気まぐれ天使>です。<ファンタジック・コメディの秀作。印象的なスケート場のシーンは必見>というDVDの裏に書かれているのに惹かれて、楽しみに観ましたが、期待以上でした。 クリスマスの奇跡です。私は好きです。 本当にファンタジックで、で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「毒薬と老嬢」(映画)

ケイリー・グラント主演の1944年の映画で、制作・監督はフランク・キャプラです。「素晴らしき哉、人生!」と同じ人が作ったと思えない、コメディでした。 ブロードウェイでロングランヒットした戯曲をフランク・キャプラ監督が映画化したのだそうですが、 ブルックリンの屋敷に住む老姉妹が、孤独な老人を安らかに死なせてやりたいという考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「濁流」(映画)

ケイリー・グラント主演の1934年の映画です。 公開時はケイリー・グラントは30歳くらいだったそうで、共演のロレッタ ヤングは21歳だったそうです。 最近は不倫の話題が多いですが、この映画は不倫の話です。 が、ちょっといいお話かな。  62分という映画にしては短いのですが、でも、ちょっといいなと思わせてくれました。 ケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「断崖」(映画)

ジョーン・フォンテインとケーリー・グラント主演の、アルフレッド・ヒッチコック監督の1941年に公開された映画です。<ロマンティックサイコスリラー映画>なのだそうです。 ちょっといつもと違うヒッチコック映画かなと思います。 で、嘘つきの詐欺師のような役のケーリー・グラントでした。 そんな彼に恋をして結婚するジョーン・フォ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「月夜の出来事」(映画)

意外な組み合わせに思えたケイリー・グラントとソフィア・ローレン共演の1958年制作のアメリカ映画です。 離婚した妻が死んで三人の子を引き取ることにしたトム(ケイリー・グラント)ですが、子供に受け入れてもらえません。 そんなトムの一家にイタリア娘のシンシア(ソフィア・ローレン)が子供たちと仲良くなり家政婦に。 でも彼女は食…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ヒズ・ガール・フライデー」(映画)

ケーリー・グラント主演の1940年の映画で、 「犯罪都市」(1931)をリメイクしたものだそうで、「フロント・ページ」(1974年)、「スイッチング・チャンネル」(1988年)と、何度もリメイクされている作品なのだそうです。 これもスクリューボール・コメディなのだそうです。 ただ、これは離婚した夫婦の話です。 夫のウォル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ピープル・ウィル・トーク」(映画)

ケイリー・グラント主演の、過去のありそうな心の広~い名医のお話なのですが、面白かったです。 私が観たケイリー・グラント主演の映画の中で、一番好きかも。 彼を陥れようとするエルウェル教授なんかどうでもいい! 自分の信念で患者を診ます。 友を守ります。 もちろん愛する女性も。 ハンサムで、意思が強く、明るく、愛情深い主人公プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「希望の降る街」(映画)

ケイリー・グラント、ジーン・アーサー、ロナルド・コールマン主演の、ジョージ・スティーヴンス監督、製作による1942年の映画です。 日本では劇場未公開だったそうですが、 <アカデミー賞7部門にノミネートされたサスペンスフル・コメディ>ということですが、 はい、なかなか面白かったです。 放火と殺人容疑で逮捕されたケーリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛のアルバム」(映画)

ケーリー・グラント主演の1941年の映画だそうです。 共演のアイリーン・ダンという女優さんは全然知りませんが、この頃活躍していた女優さんのようで。 で、この映画、別れを決めた彼女の思い出から始まります。 彼との出会い、結婚、流産、養子縁組、娘の死と。。。。。 そこにあるのは夫婦愛で、親子愛で、友情もあり、温かいものでした…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「フィラデルフィア物語」(映画)

1940年制作で、キャサリン・ヘップバーン、ケイリー・グラント、ジェームズ・スチュワート 主演です。 ケイリー・グラントとジェームズ・スチュワートが共演しているというので観たのですが、 この映画、1956年にビング・クロスビー、フランク・シナトラ、グレース・ケリー主演の「上流社会」としてリメイクされているのだそうです。 あ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「モンキー・ビジネス」(映画)

若返りの薬をめぐって繰り広げられる、1952年に公開された、 ケーリー・グラント、ジンジャー・ロジャース主演のコメディ映画で、マリリン・モンロー も出演しています。 日本では未公開だったそうです。 ちょっとバタバタしながら、何度も中断しながら観たので、一応観た~という感じで、じっくり楽しめなかったのですが、でも、気軽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「赤ちゃん教育」(映画)

<1938年RKO制作のスクリューボール・コメディ>だそうで。 <スクリューボール・コメディ>というジャンルがあるのは知りませんでしたが、滅茶苦茶な感じがありますが<ドタバタ>とも違うようで、<え?>と思う反応や思考で可笑しく展開していきます。 ケイリー・グラントが彼女に振り回される真面目な古生物学者、 滅茶苦茶な行動を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「汚名」(映画)

「白い恐怖」を観たら、「汚名」かなと続けて観ました。 ケイリー・グラント、イングリッド・バーグマン主演の1946年制作のヒッチコック作品です。 これも主役二人の一目惚れの恋ですが、 違うのは、お互いに愛し合っても素直ではないことです。 彼は彼女への愛を口にせず、冷たく、任務優先で、 彼女は、そんな彼に、探るべき相手と関…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more