テーマ:ヘンリー・フォンダ

「地獄への逆襲」(映画)

「地獄への道」の続編で、ジェシー・ジェームズが死んでからの、お兄さんのフランクのお話です。 そのままヘンリー・フォンダが演じて主演です。翌年1940年に作られています。 が、監督は代わっています。フリッツ・ラングという監督で、ヘンリー・フォンダとは「暗黒街の弾痕 」 (1937)で組んでいます。 で、1940年というのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地獄への道」(映画)

1939年に製作・公開された、実在したガンマンのジェシー・ジェームズをタイロン・パワーが、お兄さんのフランクをヘンリー・フォンダが演じた映画で、ヘンリー・キングが監督です。 ギャング映画の西部劇かと今まで観なかったのですが、思い切って観ました。もちろんヘンリー・フォンダが目的ですが、タイロン・パワーと兄弟?タイロン・パワーと共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「絞殺魔」(映画)

ヘンリー・フォンダが検事役で、ジョージ・ケネディが刑事役で、犯人をトニー・カーティスが演じているサスペンス映画ということで観た1968年のアメリカ映画です。 1962年に実際に起きたボストン絞殺魔事件の映画化で、<連続女性絞殺事件の発端から捜査、犯人逮捕、尋問までをR・フライシャーがリアルなセミ・ドキュメンタリー・タッチで描…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミスター・ノーボディ」(映画)

ヘンリー・フォンダ、テレンス・ヒル主演の1973年制作のマカロニ・ウェスタン(イタリア、フランス、西ドイツ合作)で、セルジオ・レオーネが原作、製作総指揮になっており、音楽はエンニオ・モリコーネです。 マカロニ・ウェスタンですが、残酷なシーンはありません。風景と音楽がマカロニ・ウェスタン!という感じでした。 コメディっぽいで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「未知への飛行ーファイル・セイフ」(映画)

ヘンリー・フォンダが主演というので観たのですが、重い映画でした。 アメリカがコンピュータの誤作動で、水爆をモスクワに落としてしまうという。。。。。 ヘンリー・フォンダが大統領を演じていて、とても良かったのですが、 何とか回避しようと、水爆を乗せてる戦闘機に連絡するのですが、大統領が話しても、偽物かもしれないということの決ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「暗黒街の弾痕」(映画)

若い頃のヘンリー・フォンダの主演映画です。ジャケットの写真だけではそこまで若いとは思わなかったと思うほど、若いヘンリー・フォンダでした。若い頃のヘンリー・フォンダはハンサムだろうと思っていましたが、思っていた以上でした。 こんなヘンリー・フォンダを見れるとは思っていなかったです。「若き日のリンカーン」「モホークの太鼓」は193…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミッドウェイ」(映画)

終戦記念日を間近にして、今年は関係映画を観てみようかなと思ったところに、TV放送されたのがこの映画でした。 アメリカから見た太平洋戦争は余り観たくないですが、ま、取り敢えず~と。 結局は流す感じで観てしまいました(^-^;。何といっても根性がないですから(^-^;。 ただ、家族がいるのはアメリカ兵も日本兵も同じで、みんな心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大脱獄」(映画)

ヘンリー・フォンダが出ているというので、TV放送されていたので録画しておいて観ました。 1970年の映画ですが、髭を生やしているのですが、とっても似合っていました。素敵でした。 共演はカーク・ダグラスです。 で、ヘンリー・フォンダは保安官から刑務所の所長に、で、カーク・ダグラスは犯罪者で。。。。。 で、結果的には<狐と狸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アパッチ砦」(映画)

ジョン・ウェインとヘンリー・フォンダが主演というので観た、1948年製作のジョン・フォード監督作品で、 『騎兵隊三部作』の第一作なのだそうです(二作目が「黄色いリボン」で、三作目が「リオ・グランデの砦」)。 カスター中佐率いる第七騎兵隊の全滅をモデルにしているそうですが。。。。 観終わって複雑な感じでした。 プライド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「荒野の決闘」(映画)

子供のころ、ただ「オ~・マイ・ダ~リン、オ~・マイ・ダ~リン、オ~・マイ・ダ~リン、クレメンタイン」と歌っていた「愛しのクレメンタイン」はこの映画の歌だったのですね。 <OK牧場>も<トゥームストン>という町も、<ワイアット・アープとドク・ホリデイ>も。 すべて独立して名前だけ知っていた私です^_…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「胸に輝く星」(映画)

ヘンリー・フォンダ 主演の1957年制作の西部劇です。 共演は アンソニー・パーキンス で、 賞金稼ぎの腕利きのモーグ(ヘンリー・フォンダ)と、臨時の真面目で一本気の保安官ベン(アンソニー・パーキンス)のお話ですが、保安官の手解きをするモーグ(ヘンリー・フォンダ)です。 一見冷たい感じがするモーグ(ヘンリー・フォンダ)…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「間違えられた男」(映画)

ヘンリー・フォンダ主演の1956年制作のヒッチコックの映画です。 実話に基づいた話だそうで、銀行強盗に間違えられ、司法機関の強引な取り調べによって刑務所に送られてしまった男の話です。 ここでのヘンリー・フォンダは怒っても、辛くても、悲しくても冷静で、派手さはありませんが、静かな強さがあります。 どちらかといえば、いつもそう…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「モホークの太鼓」(映画)

ヘンリー・フォンダを~と、 また<独立戦争がはじまった1770年。アメリカ東部のモホーク渓谷に新居を構えた開拓民夫婦、ギルバートとラナ。インディアンの襲撃、家の焼失、子供の流産……直面する幾多の苦難を、結婚したばかりの夫婦は互いを励ましあい、強い絆で乗り越えてゆく。>ということで、夫婦愛を描いている映画なんだ~普通の西部劇と違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワーロック」(映画)

1959年製作のヘンリー・フォンダ、アンソニー・クイン、リチャード・ウィドマークの3大スターが競演した西部劇です。 私はヘンリー・フォンダが好きなので、彼目当てに観ました。 彼が主役ではないということで躊躇していたのですが、というか、ラスト、彼が死ぬと思っていたので観なかったのですが^_^;、ステキなヘンリー・フォンダだとい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「黄昏」(映画)

ヘンリー・フォンダ主演の、1981年製作の映画で、 湖畔の別荘を舞台に、人生の黄昏を迎えた老夫婦とその娘、彼女の結婚相手の連れ子の心の交流を描いています。 オープニングとエンディングの黄昏どきの黄金色の湖と、流れる音楽が美しく、ステキです。 共演は妻がキャサリン・ヘプバーン、娘をジェーン・フォンダが演じています。 封…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「若き日のリンカーン」(映画)

若き日のリンカーンを描いたジョン・フォード監督で、ヘンリー・フォンダが主演の映画ですが、1938年の映画だそうです。 そんな昔にヘンリー・フォンダは主演映画を撮っていたんだ~なんて改めて思いました。 が、ヘンリー・フォンダに見えないヘンリー・フォンダで、若い頃だから~というだけではないように思いました。 ひょっとして顔を作…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more