アルフィー・ボーの「カルーソ」が~

無題.png

「カルーソ」も大好きな曲で、パヴァロッティで知り、感動したのですが、その後いろいろな歌手が歌っているのを聴いて、私が好きな他の歌手も歌っています。
アルフィー・ボーが歌っているのはちょっと前に知ったのですが、歌っている映像がアップされているのは知らなくて、今、見つけました。
それも髭なしのアルフィー・ボー! 写真では見ていましたが、映像で髭のないアルフィー・ボーも初めてです(^-^)。
彼はいつから髭を? 何かきっかけが? これからも髭のないアルフィー・ボーあり?  
歌っていないとアルフィー・ボーだと分からないかも(^^ゞ。目と口元、表情が似ているな~なんて思ってしまいそうです。

で、アルフィー・ボーの「カルーソ」、ステキです。いいです!好きです! ちょっとパヴァロッティを思い出します。イメージ的には近いかなと思います。
それぞれ違うんですね。ラッセル・ワトソンの「カルーソ」も好きですし、ジャンニ・モランディの「カルーソ」も味わいがあります。
本当に多くの歌手が歌っている「カルーソ」です。

で、映像で観たアルフィー・ボーの「カルーソ」、何度も観て、聴きたい!と思いました。
それほど気に入っちゃいました。

で、「誰も寝てはならぬ」もありました。アルフィー・ボーの「誰も寝てはならぬ」もいいです!やはりパヴァロッティに似ているかな。
髭のないアルフィー・ボーで、顔だけ見ているとカレーラスに似ていると思うのですが(^^ゞ。

で、私がアルフィー・ボーを知ったときは、ミュージカル歌手? え、テノール歌手なんだ~と、
今は、テノール歌手でアルフィー・ボーがしっかりインプットされていましたが、この「カルーソ」と「誰も寝てはならぬ」を観て、聴くと、テノール歌手の何物でもないなと思います。<アルフィー・ボーは、ミュージカルの曲もプレスリーも何でも歌うけど、テノール歌手だ!>と再確認しました(^^ゞ。

で、髭のアルフィー・ボーの方が柔らかい感じがするように思います。というか、髭のアルフィー・ボーの方が好きかな。
でも髭のないアルフィー・ボーでも好きになったと思います。歌で好きになったから(^-^)。


Alfie Boe - Caruso


Nessun Dorma



"アルフィー・ボーの「カルーソ」が~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント