「ミスター・ノーボディ」(映画)

71wqv1C9VLL._AC_SX342_.jpg

ヘンリー・フォンダ、テレンス・ヒル主演の1973年制作のマカロニ・ウェスタン(イタリア、フランス、西ドイツ合作)で、セルジオ・レオーネが原作、製作総指揮になっており、音楽はエンニオ・モリコーネです。
マカロニ・ウェスタンですが、残酷なシーンはありません。風景と音楽がマカロニ・ウェスタン!という感じでした。
コメディっぽいです。が、それほど笑うわけではありません。微妙な線かなと思います。

早撃ちのシーンは凄いなと、目にも止まらない速さです。 
で、屈強な男が手を広げている人形を使い殴ったりするシーンや、背の高い男が出てきて足の下から撃っていくと一段ずつ落ちるように低くなっていき、小さな男だったりと、ちょっと手の込んだこともあったりします。

で、レビューでも評判がいいようです。
が、私はそれほど面白くは観れませんでした。というか面白く感じませんでした。

<内容(「Oricon」データベースより)
早撃ちで名を知られた初老のガンマン、ジャック・ボレガードは、今や自分を倒して名を上げようとする男たちに命を狙われ引退を考えていた。そんな時に現れたボレガードに憧れているという正体不明の一人の男。彼は歴史に残るガンファイトとして150人の無法者集団と対決するようボレガードを唆すが…>というお話で、

だいたい、年上の人間を自分の思い通りの道に進ませようなんて!と思いますし、
命にかかわることなのに自分の希望を叶えるだけのために!なんて思っちゃいます。それも私にしたらアホらしいことで、
歴史に彼の名前が残るとか、本人が望んでいないのに勝手に!と思っちゃいます。

そんな気持ちで観ていたので(^^ゞ、楽しくなかったわけです(^^ゞ。

ただ、テレンス・ヒルって、こんなにハンサムだったっけ?なんて喜んで観ていました(^^ゞ。
青い目が印象的で、何となくジェフリー・ハンターを思い出しました。
ヘンリー・フォンダも青い目で、二人が一緒に一つの画面で大きく映ると、青い目と青い目が~なんて思って観てしまいました(^^ゞ。
で、いい男が二人揃っても、映画が面白くないと面白くない・・・なんて思ってしまいました。

ただラストの、え?!そういうことだったの? というところで、グンと惹かれたので、ま、いいかと観終わりました(^^ゞ。

私の中の盛り上がりはそこと、勇ましいエンニオ・モリコーネの音楽でした。でも曲がいいと思ったわけではなく、
音楽で盛り上げているな~とそんな感じで、内容に盛り上がりは感じませんでした。
期待して観たので、ちょっと残念に思ったのですが、再度観たら良さが分かるかもしれません。
それに期待したいです。3度目で良さがわかったというか、面白く思った作品もありましたから(^^ゞ。


原題 IL MIO NOME E NESSUNO (My Name is Nobody)
製作年 1973年
製作国 イタリア
上映時間 117分

監督 トニーノ・ヴァレリ
脚本 エルネスト・ガスタルディ
原案 セルジオ・レオーネ。フルヴィオ・モルセラ、エルネスト・ガスタルディ
製作 クラウディオ・マンシーニ
製作総指揮 セルジオ・レオーネ
音楽 エンニオ・モリコーネ

キャスト
ジャック・ボーレガード:ヘンリー・フォンダ
ノーボディ:テレンス・ヒル
サリヴァン:ジャン・マルタン
ワイルド・バンチの首領:ジェフリー・ルイス
ジョン:R・G・アームストロング
レッド:レオ・ゴードン
保安官:ピエロ・ルッリ

ストーリー
早撃ちで知られたガンマンのジャック・ボーレガードは高齢を理由に足を洗い、ヨーロッパで静かに余生を送ることを決意、ヨーロッパ行きの船に乗るため、ニューオーリンズに向かう。
その道中、彼の前に1人の若い男が現れる。彼は自らをノーボディ(誰でもない)と名乗り、ジャックの最後をこの目で見届けたいという。
ジャックはノーボディの差し金で彼を倒しにやってきた150人のワイルド・バンチを1人で倒し、先を急ぐが、ノーボディはどこまでもついて来る。そして2人は遂に最後の対決を迎えることになる。

body.jpg
v1.jpgnobo1front.jpgmovie_153.jpg10_2b21f63356b61cb629300f3a0efae5c8.jpg

"「ミスター・ノーボディ」(映画)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント