「RUMBLE ON THE DOCKS」<波止場の鼠>(映画)

RUMBLE ON THE DOCKS.jpg

1956年のジェームス・ダーレン主演の映画で、波止場のボスに抱き込まれた10代の若者のお話です。
YouTubeで字幕無しだったので、詳しいことはわかりません。
が、観ていると何となくストーリーがわかる作品でした。
(観終わってから、https://movie.walkerplus.com/mv7068/で、あらすじを読みました。)
で、ジェームス・ダーレンも10代だったのですね、この時。若いです。
どちらかというと、もう少しあと、20代の彼の方が好みです(^^ゞ。
が、すでに好みです(^^ゞ。

不良同士の争いは、この時期のアメリカ映画には多い? 「ウエスト・サイド物語」が頭に浮かびました。
が、父親との確執もあり、これも多いかなと思います。取り上げやすい題材ということでしょうか。
でも、上手くまとまっています。ハッピー・エンドですし(^-^)。

で、彼の一作目の映画のようです。
一作目から主演?すごいなと思います。
でも、初めてと思えない雰囲気があるように思います。
自然な感じがしました。贔屓目ではないと思うのですが(^^ゞ。

で、彼の良さが、魅力が出る役で、作品だと思います。
で、出ていたと思います(^-^)。

で、この翌年に「草原の野獣」で、その翌年が「Gidget」で、これでは歌っています。
が、彼は映画ではほとんど歌っていないように思います。
俳優に徹していることが多いというか、歌と映画は別にしていたのかなと思います。
ま、ほかにドラマ番組でディレクターもしたというので、多才な人なのかなと思ったりもしますが、
映画はもっと出てくれていたら嬉しかったなと思います(^^ゞ。

波止場の鼠(1956)
RUMBLE ON THE DOCKS
上映時間 82分 モノクロ

監督:フレッド・F・シアーズ
製作:サム・カッツマン
原作:フランク・パレイ
脚本:ルー・モーハイム、ジャック・デウィット
撮影:ベンジャミン・H・クライン
音楽:ミッシャ・バカライニコフ

出演:
ジェームズ・ダーレン
ローリー・キャロル
マイケル・グレンジャー
ジェリー・ジャンガー
ロバート・ブレイク
エドガー・バリア

ストーリー
波止場では今日も愚連隊同士の乱闘。事の起りはストムバー組の者が、ディガー組の少年プーチイの姉デラ(ローリー・キャロル)に暴行を企て、それをデラを愛するディガー組の組頭ジミイ(ジェームズ・ダーレン)が阻もうと大乱闘になったもの。
波止場の悪徳ボス、ジョウ(マイケル・グレンジャー)の世話になるジミイに、父親は怒ります。家を出た彼はジョウのところに行きますが。。。。。。

05994629372820252028_thumb.png.jpgmaxresdefault.jpg

"「RUMBLE ON THE DOCKS」<波止場の鼠>(映画)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント