「ワーロック」(映画)

画像


1959年製作のヘンリー・フォンダ、アンソニー・クイン、リチャード・ウィドマークの3大スターが競演した西部劇です。
私はヘンリー・フォンダが好きなので、彼目当てに観ました。
彼が主役ではないということで躊躇していたのですが、というか、ラスト、彼が死ぬと思っていたので観なかったのですが^_^;、ステキなヘンリー・フォンダだということですし、フッと観てみようかなと。。。。。。
なるほど、いい感じのステキなヘンリー・フォンダで嬉しかったです。
が、ラストは死なないのですが、幸せになって欲しかったです。。。。。心が残り、スッキリしなかった私ですが、評判のいい映画のようです。

お話は、ワーロックという町で、牧場主マッキューン一味が勝って気侭で、町の人も殺したりします。
凄腕のクレイ(ヘンリー・フォンダ)を自衛のため保安官として招くことにしますが、賭博師モーガン(アンソニー・クイン)が一緒で、拳銃で解決して次の町へ~というやり方で。。。。。

マッキューン一家の一人ギャノン(リチャード・ウィドマーク)は平気で人を殺す一家に嫌気がさして抜けます。そしてクレイに批判的な町の判事のもとで保安官になります。

で、このギャノン(リチャード・ウィドマーク)が主役なんです。
共演の女優ドロシー・マローン(リリー)が愛するのもギャノン(リチャード・ウィドマーク)です。
ちょっと弱々しい感じがするギャノン(リチャード・ウィドマーク)で、母性本能を刺激するかなという感じなのですが、
自分の意思を貫く強さを持っています。 

で、クレイ(ヘンリー・フォンダ)も恋をします。
相手はジェシー(ドロレス・マイケルズ)で、すべてを捨てて結婚しよう思うクレイ(ヘンリー・フォンダ)ですが、モーガン(アンソニー・クイン)は何とか止めようとします。

クレイ(ヘンリー・フォンダ)とモーガン(アンソニー・クイン)、単なる友情ではないような、依存しているような感じで。。。。。それが悲劇へと進みます。

ギャノン(リチャード・ウィドマーク)を殺そうとするモーガン(アンソニー・クイン)を死なせてしまったクレイ(ヘンリー・フォンダ)は、

マッキューン一家を倒したのはギャノン(リチャード・ウィドマーク)で、

町の人たちもクレイ(ヘンリー・フォンダ)を危険視し、彼を待ちから追い出そうとし、
保安官のギャノン(リチャード・ウィドマーク)は町を出ないなら撃つと。。。。。
ジェシー(ドロレス・マイケルズ)に付いてきて欲しいと言っても、彼女はここで一緒に暮らそうと、モーガンのようにクレイを援護出来ないからと。。。。
彼は孤独ななか、立ち去ります。。。。。。

さみしいな。。。。。。

私のなかで、こんな西部劇、西部劇じゃないです。
西部劇はスッキリ、晴れ晴れと終わらなきゃ!

いい映画かもしれないけど、
愛するリリー(ドロシー・マローン)に愛されることもなく、生きる支えともなっているクレイ(ヘンリー・フォンダ)とも上手くいかなくなり、それでも自分の思い通りにしたいモーガン。傷付いてどうしようもないモーガン、
愛する人を見つけたクレイ(ヘンリー・フォンダ)。生きる価値を見出せそうだったのに、掛け替えのない友を殺し、愛する人を諦めなければならなくなり、大事なものを失った孤独なクレイ(ヘンリー・フォンダ)、

悲しすぎます。
でも死ななくて良かったですが。。。。。死んだら許せないかも(^^ゞ。

人を騙して殺して来たモーガンは死んでも文句は言えないかなと。。。。
不本意でもマッキューン一家として多くの人を殺してきたギャノン(リチャード・ウィドマーク)が心変わりが出来たのは良かったけど、愛する女性も得て、町の人の信頼も得て幸せになるのはいいけど。。。。。
自ら人を殺してきたわけではないクレイ(ヘンリー・フォンダ)で、結局は困っている人を、町を助けてきたのに、孤独な道を選んだクレイ(ヘンリー・フォンダ)。いいじゃない、捨てるものは捨てて、新しく幸せに生きて!と思ったのですが。。。。理不尽な結論を出した映画のように思えたりします。

単純な私は、単純な映画がいいです(^^ゞ。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




製作年 1959年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
上映時間 122分

スタッフ
監督:エドワード・ドミトリク
製作:エドワード・ドリトミク
脚本:ロバート・アラン・アーサー
原作:オークリー・ホール
撮影:ジョセフ・マクドナルド
音楽:リー・ハーライン
編集:ジャック・W・ホームズ

キャスト
ジョニー・ギャノン : リチャード・ウィドマーク
クレイ・ブレイズデール :ヘンリー・フォンダ
トム・モーガン : アンソニー・クイン
リリー・ダラー : ドロシー・マローン
ジェシー・マーロウ : ドロレス・マイケルズ
ハロウェイ判事 : ウォレース・フォード
エイブ・マクォーン : トム・ドレイク
ベーコン : リチャード・アーレン
カーリー・バーン : デフォレスト・ケリー

画像


"「ワーロック」(映画)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント