「バニー・レークは行方不明」(映画)

1965年のイギリスのサスペンス映画で、キャロル・リンレーとローレンス・オリヴィエが共演しているというので、 何となく、意外な組み合わせだなと、BSで放送されたので観ました。 が、4歳の娘が急にいなくなるお話で、その手の話は苦手で、観ていて胸が痛かったです。 引っ越して、新しい保育園に連れて行って、誰もいない部屋に置いて、…
コメント:0

続きを読むread more

「25 All-Time Greatest Hits/フランキー・アヴァロン」(CD)

フランキー・アヴァロンの「ヴィーナス 」を久し振りに聴いて、出してきたフランキー・アヴァロンのアルバムです。 この一曲で、ほかの曲も聴いてみたいと買ったCDです。もうかなり前です。 で、この曲は、1959年の曲だそうです。 で、このアルバムでのフランキー・アヴァロンしか、未だに知りません(^-^;。 で、「23Two F…
コメント:4

続きを読むread more

「Eternal Pops SUPER HITS 100 CD4枚組 永遠のポップス FCD-001」(CD)

アーティストで、何曲か続いてたりもし、え、その歌手で?というのもあり、その歌手で聴けるの?知らない曲も知らない人も多く、また入っていて嬉しい曲や歌手が入っているアルバムです。 それなりに楽しめています。 ただ、 Disc 1の「ヴォラーレ / ボビー・ライデル」が、本当に?という感じで納得出来ていません(^-^;。声が違うよ…
コメント:0

続きを読むread more

「オデッサ・ファイル」(映画)

西ドイツを中心に、ヨーロッパ全土に勢力を有する元ナチス親衛隊員の組織“オデッサ”を追う若いルポライターの活躍を描いた、フレデリック・フォーサイスの同名小説を映画化したものだそうです。 1974年の映画で、主演はジョン・ヴォイトです。 私は「ニュールンベルグ裁判」のマクシミリアン・シェル が出ているので、観てみようかなと。…
コメント:0

続きを読むread more

内藤剛志の「十津川警部シリーズ」を~(ドラマ)

西村京太郎の推理小説のシリーズ「十津川警部シリーズ」は多くの俳優さんが演じていますが、渡瀬恒彦が好きですし、彼のドラマで一番素敵なのも十津川警部だと思っている私は、彼の「十津川警部」しか観ていませんでした。 亀さんの伊東四朗はもちろん!その他のメンバーも好きでしたし。 が、昨日再放送された内藤剛志の「十津川警部」を観まし…
コメント:0

続きを読むread more

「追想」(映画)

ユル・ブリンナーとイングリッド・バーグマン主演の1956年の映画です。 ロシア帝国のアナスタシア皇女が存命するという伝説を元にした、マルセル・モーレット(フランス語版)による1955年の戯曲『アナスタシア(フランス語版)』の映画化だそうで、フランスが舞台です。 イングリッド・バーグマンは、この作品で2度目のアカデミー主演…
コメント:0

続きを読むread more

いいなと思う日本の女優は。。。

(そういえば、この写真で山岡久乃も思い出し、山岡久乃もよかったな~と。) 奈良岡朋子、杉村春子、草笛光子がいいなと思います。好きです。 何時観てもいいなと、老いて益々魅力的だなと思います。 で、昔、タイトルは忘れましたがTVドラマで<お万の方>を演じていた佐久間良子がいいなと、 その後は若尾文子、きれいな人だなと。 で…
コメント:2

続きを読むread more

「歩み Part1」中澤卓也 (CD)

待っていた、オリジナル曲のアルバムで、ようやく出たなという感じです。 が、そこまで? もう一歩進んで欲しかったです。というのは、その先に出された曲もということです。 で、13曲しか入っていなくて、3000円なんですね。足元見られてるな~と(^^ゞ。 私、サインもポスターもいらないです(^-^;。その分引いてくれると嬉しかっ…
コメント:0

続きを読むread more

「アンという名の少女」(ドラマ)

L・M・モンゴメリの1908年の小説「赤毛のアン」を原作としたドラマで、2017年に放送されたものの再放送なのだそうです。 2020年9月6日からNHKでシーズン1が全8回に編集されて放送予定とのことで、第一回を観ました。 「赤毛のアン」は小学生のころシリーズを読みました。最後まで読んだのかどうか記憶にありませんが、友達…
コメント:2

続きを読むread more

キーシンをまた~

キーシンのカラヤン指揮でのチャイコフスキー・ピアノ協奏曲を久し振りに聴いて、キーシンを改めて聴き直しています。 で、今回、このDVDを。 何度も日本に来ているそうですが、コンサートに行ったこともなければ、TVでも観たことがありません。 ただ、CDとDVDとYouTubeでだけです。 で、CDとDVDの購入は、ほとんど20…
コメント:0

続きを読むread more

「愛と青春のフォーク全集」(CD)

北海道は、昨日で30℃越えの暑い日を終え、今日は雨降りですが、ホッとした日を過ごしています。 ま、これからは寒い日もあるようで、最高気温でも20℃にならない、最低気温は14℃とか15℃という日もあるそうで、朝はストーブがほしくなるかなと思います。 一気に秋です。 で、気分も爽やかに、昔、若いころ、よく歌ったフォークのアルバ…
コメント:2

続きを読むread more

今日は、「悲しき足音」が~

今日は何故か「フッ・ステ~ップ~お~おお~おフッ・ステ~ップ♬」と浮かんで、歌っていました。 そういえば、私のオールディーズのCDには入っていないんです。 当時はレコードも買って持っていたのですが、もう無いですし。。。。それで一枚だけのアルバムを買ったんです。 随分前です。2010年に買っていました。やはり懐かしくて、その…
コメント:4

続きを読むread more

「男が爆発する」(映画)

1959年の石原裕次郎主演の映画で、北原三枝、浅丘ルリ子、白木真理の女優陣、男優陣も二谷英明、金子信夫、滝沢修と、いつものメンバーが共演です。 で、原作は柴田錬三郎の同名小説だそうで、農場売収をめぐるアクションものなのだそうですが、<アクションもの>とも言えないかな、という感じがします。 いろいろ有りで、<アクションもの>と…
コメント:0

続きを読むread more

「危険な場所で」(映画)

ロバート・ライアン主演の1951年の映画です。サスペンスなのだろうと思います。 が、心が荒んでしまった一人の刑事が、ある殺人事件で、犯人を追う中、出会った犯人の姉、盲目のマリーと出会い、弟を助けたいという彼女の思いを受けて、温かいものに触れていくように変わっていきます。 そんな二人が描かれている映画でした。 犯人は、少…
コメント:0

続きを読むread more

「拳銃王」(映画)

1950年の、グレゴリー・ペック主演の西部劇です。 先日TV放送されていて、グレゴリー・ペックが主演の西部劇なら面白いかも~と、録画しておいて観ました。 良かったというか、切ないというか、観終わって、ちょっと複雑です。 グレゴリー・ペックはジョニー・リンゴをモデルにしたアウトローを演じています。。。。カッコいいグレゴリー・…
コメント:0

続きを読むread more

R・ケネディの孫、落選

今朝、「ケネディ一族、地元州選挙で初の敗北…元大統領の弟の孫」という記事が目に入りました。 <元大統領の弟>といっても二人いるので、誰? と。 顔に覚えがあるな~と読み始め、 <米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は1日、米連邦議会上院選のマサチューセッツ州の民主党予備選で、ケネディ元大統領の弟であるロバート・ケネディ…
コメント:0

続きを読むread more