「愛と青春のフォーク全集」(CD)

MHCL-162.jpg

北海道は、昨日で30℃越えの暑い日を終え、今日は雨降りですが、ホッとした日を過ごしています。
ま、これからは寒い日もあるようで、最高気温でも20℃にならない、最低気温は14℃とか15℃という日もあるそうで、朝はストーブがほしくなるかなと思います。
一気に秋です。
で、気分も爽やかに、昔、若いころ、よく歌ったフォークのアルバムを取り出してみました。
今も、このアルバムを聴くと、一緒に歌ってしまいます。
知らない曲も何曲かありますが(覚えられずに、知らないままです(^-^;)、殆どはよく聴いて歌った曲で、
歌手もそのままというのが多いので、安心感があって、気楽に楽しめるアルバムです。

<`DREAM PRICE`シリーズ。1960年代から1990年代までに発表されたフォーク&ニューミュージック、全66曲を4枚のCDにまとめた大全集>となっています。

「木綿のハンカチーフ」って、フォーク? 歌謡曲だと思っていました。
「襟裳岬」は森進一で聴いていて、このアルバムで初めて、作曲者の吉田拓郎の歌で聴きました。吉田拓郎が歌うとこうなるんだ~と新鮮でした。が、この歌は、どちらが歌っても、さすがにいいです。

どの曲が好きかというのは挙げられません。 それなりに~が多いです(^^ゞ。
でも、誰が一番好きかと言ったら、村下孝蔵です。
コンサートに行けなかったのが残念です。で、アルバムとDVDを買った私です(^^ゞ。
あんなに早く亡くなるなんて。。。(1999年46歳没)

で、さだまさしやかぐや姫が、入っていないのがさみしいです。で、チェリッシュやトヮ・エ・モアは入らない?
レコード会社の関係で入らない?

が、これだけ入っていたら満足です。

[DISC:1]
1.悲しくてやりきれない
2.風
3.翼をください
4.白いサンゴ礁
5.白い色は恋人の色
6.白いブランコ
7.遠い世界に
8.この広い野原いっぱい
9.花嫁
10.時には母のない子のように
11.空に星があるように
12.亜麻色の髪の乙女
13.今日の日はさようなら
14.星に祈りを
15.バラが咲いた
16.秋でもないのに
17.今日までそして明日から

[DISC:2]
1.結婚しようよ
2.あなた
3.心の旅
4.学生街の喫茶店
5.出発の歌
6.忘れていた朝
7.心もよう
8.岬めぐり
9.白い冬
10.雪
11.旅の宿(シングル・バージョン)
12.少女
13.紙風船
14.風と落葉と旅びと
15.夏休み
16.知床旅情
17.落陽

[DISC:3]
1.「いちご白書」をもう一度
2.帰らざる日々
3.精霊流し
4.夕暮れ時はさびしそう
5.わかって下さい
6.想い出まくら
7.卒業写真
8.シクラメンのかほり
9.酒と泪と男と女
10.冬が来る前に
11.フィーリング
12.冷たい雨
13.風来坊
14.木綿のハンカチーフ
15.異邦人
16.襟裳岬

[DISC:4]
1.いっそセレナーデ
2.季節の中で
3.青葉城恋唄
4.SACHIKO
5.恋人よ
6.オリビアを聴きながら
7.ダスティン・ホフマンになれなかったよ
8.春雷
9.初恋
10.シンシア
11.きみの朝
12.春雨
13.イーハトーヴの風
14.あの頃のまま
15.24時間の神話
16.I LOVE YOU

村下孝蔵 - 初恋  https://www.youtube.com/watch?v=mQfEP9KSJt8


季節の中で/松山千春 https://www.youtube.com/watch?v=w45NAYmzpgs



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

まるぐりっと
2020年09月10日 21:19
tosileoさん、こんばんは(^o^) そんなに一気に秋になるのですね。  懐かしい曲ばかりですねぇ!! 襟裳岬よく歌いますし、他のもよく口ずさみます。杉田二郎、森山良子、高橋キヨシなどのコンサートも行きましたが、悲しみに浸っている時に人の声ほど慰めになるものはありませんね。父が亡くなった時期に歌は本当に励ましや力をくれたと思います。
tosileo
2020年09月11日 10:18
まるぐりっとさん、こんにちは(^-^)。
今年は異例です。9月に30℃越えの日が続くなんて。。。で、秋が一気になってしまうようです。

お父様が亡くなられたときの思い出と重なるのですか。言葉が出ませんが、励ましや力になって何よりです。私たちの生活に歌は切り離せないものなのですね。
いい歌が多かったなと思います。良い時代に生きているんですね、私たち(^-^)。