内藤剛志の「十津川警部シリーズ」を~(ドラマ)

title-752.jpg

西村京太郎の推理小説のシリーズ「十津川警部シリーズ」は多くの俳優さんが演じていますが、渡瀬恒彦が好きですし、彼のドラマで一番素敵なのも十津川警部だと思っている私は、彼の「十津川警部」しか観ていませんでした。
亀さんの伊東四朗はもちろん!その他のメンバーも好きでしたし。

が、昨日再放送された内藤剛志の「十津川警部」を観ました。
「外房線に消えた女〜十津川の初恋」というタイトルで、十津川警部の初恋? 気になる!観たい!と(^^ゞ。

亀井刑事は、石丸謙二郎が演じていました。飄々とした感じが良かったです。伊東四朗の亀さんと似た雰囲気があり、馴染めました。

3時間近くのドラマでしたが、いろいろ展開するので、眠くもならずに最後まで観ました。

内藤剛志の十津川警部も違和感なく観れましたし、これからは内藤剛志の「十津川警部シリーズ」も観れるなと思いました。

が、まだまだ、渡瀬恒彦なら、どんな感じかな?こんな感じかな?が頭に浮かびましたが(^^ゞ。

まだ、渡瀬恒彦の「十津川警部」も再放送されることがありますし、プラス内藤剛志の「十津川警部」で、楽しめるなと楽しみです。

で、奥さんの直子さんが池上季実子が演じていました。
今回出てきませんでしたが、亀さんの奥さんは、 烏丸せつこだそうです。

が、他の刑事は知ってる俳優さんがいなくて寂しいです。が、カッコいい人がいたかなと思うので楽しみです(^^ゞ。
が、ちょっと地味な感じです。

で、課長を六平直政が演じていたのですが、今回は怒鳴ってばかりで。。。。次回は違う感じがいいなと思いました。


※Wikipediaから
<2017年1月23日放送分から「十津川警部シリーズ」のタイトルでキャスティング・スタッフ・制作プロダクションなどを大幅に入れ替え、その第1作となる「伊豆・下田殺人ルート」から、十津川役は内藤剛志、亀井役は石丸謙二郎がそれぞれ演じ、十津川の妻役には池上季実子が起用されるなど、キャスティングを大幅に入れ替え、制作会社もこれまでのテレパックからオスカープロモーションに変更されたが、第5作からは、製作会社がザ レインドロップスに交代し、十津川・亀井以外のメンバーも十津川班の刑事を中心に大幅に入れ替わった>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント