「MIU404」(ドラマ)

miu.jpg

<ミュウ ヨンマルヨン>と読むのだそうで。今季のドラマの一つで、刑事ものなのですが、
ちょっと普通の刑事ものとは違うかなと思います。

犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナルである機動捜査隊(機捜)が、事件解決を目指す1話完結の刑事ドラマで、そこは普通なのですが、
主演2人が、一人は寡黙な感じで、凄腕の刑事なのですが、訳ありで、
もう一人は、ちょっと滅茶苦茶な感じで、軽く、口数が多く、直観型で、足が速く、
お互い、始めはぎこちなく、そんなデコボコ・コンビなのですが、
お互いの良さを認め合い、信頼して、時に疑い、時にからかい、で、解決していきます。

テンポもよく、うっかりすると先に進んでしまっています。

同僚たちの人間関係もいい感じです。

タイトルにある「MIU」とは機捜を指す「Mobile Investigative Unit」の略称だそうで、
「404」は、綾野剛と星野源が演じる機捜隊員の2人を指すコールサインだそうですが、この2人が乗務する覆面パトカー「機捜404号車」を意味するのだそうです。
が、それは、メロンパンを売るバンの車が使われています。
割り当てられた車を壊しちゃって、替りがないというので。それがサイレンを鳴らして走ります。

二人のやり取りも楽しいです。が、それだけではないものも。
意外と、いろいろなところで人情噺で(^-^)。

ということで、毎週観ています。


スタッフ
企画  橋本孝(編成)
   渡瀬暁彦(編成)
脚本 野木亜紀子
演出  塚原あゆ子
   竹村謙太郎
   加藤尚樹

キャスト
伊吹藍 - 綾野剛
志摩一未 - 星野源
九重世人- 岡田健史
陣馬耕平 - 橋本じゅん
桔梗ゆづる - 麻生久美子

あらすじ
警視庁の働き方改革の一環として、機動捜査隊(通称・機捜)の部隊が3個から4個に増設された。臨時部隊として芝浦警察署に本部を置き新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。隊はやむを得ず、候補段階で選考から落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍を召集し、バディを組むよう志摩に命じる。伊吹がどんな人物なのか不安になった志摩は情報を集めるが、集まる情報は「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。そして2019年(平成31年)4月5日、ついに第4機捜任務初日を迎える。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが…!?

ijb.jpghref="https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/024/053/92/N000/000/000/159710757386456255254.jpg" target="_blank">miu222.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント