ロバート・ケネディとアンディ・ウィリアムスって。。。

rf.jpg

ロバート・ケネディの葬儀でアンディ・ウィリアムスが「リパブリック讃歌」を歌ったという話は聞いていて、その後「アヴェ・マリア」も~とは聞きましたが、それでレコードが出ていたのは知りませんでした。
で、個人的にも付き合いがあったのも知りませんでした。
今ごろ~!知った私で、驚いている私です(/_;)。

何故知ったかというと、
アンディ・ウィリアムスの「バリ・ハイ」がYouTubeにアップされているかなと探していたら、
「Andy Williams 'Battle Hymn Of The Republic' 45 rpm」というのがあって、聴いていたら(https://www.youtube.com/watch?v=BGEZUJGODRI

一緒の写真があって、驚いて「ロバート・ケネディとアンディ・ウィリアムス」で検索してみたら、友人関係にあったという話が、、、、、で、写真もアップされていて。。。。そうだったんだ~と、今頃なったわけで(^-^;。

で、今まで別に聴いていた「アヴェ・マリア」と「リパブリック讃歌」が、私の中でセットになって、
ロバート・ケネディとアンディ・ウィリアムスが繋がってインプットされました。はい、今頃(^-^;。

ロバート・ケネディが好きなんです!と言いながら。。。。。。( ;∀;)




で、ANDY WILLIAMS - AMERICAN TRILOGY -(LIVE)というのもアップされていて、



しっとり歌っていて、思わず聞き入ってしまいました。

で、「アヴェ・マリア」もアップされていて、改めて聴いて、ウットリしています。(https://youtu.be/p9pVaaps5jA?t=23



で、『ロバート・ケネディに捧ぐ アヴェ・マリア リパブリック讃歌』(アンディ・ウィリアムス)レコードのジャケット裏に弟のエドワード・ケネディ上院議員(当時)のスピーチが紹介されてびるのだそうです。

"My brother need not be idealized or enlarged in death beyond what he was in life. He should be remembered simply as a god and decent man who saw wrong and tried to right it,saw suffering and tried to heal it,saw war and tried to stop it."
(私の兄は、その死によって生前の姿を理想化したり、拡大する必要はない。彼はただ、悪を見てそれを正そうとし、苦しみを見てそれを癒そうとし、戦争を見てそれを止めようとした、一人の善良で真っ当な人間として記憶されるべきである)

欲しかったな~と今頃思っています(^-^;。 ヤオフクでは出ていました。が、しっとり聴いて満足しています。

「Biography: Robert F Kennedy [DVD]」というのを持っていて、ナレーションは何を言っているのかサッパリわかりませんが、彼の写真や映像がいっぱい観れるDVDで、それをまた観ようかな~なんて思います。購入したのは2006/12/1になっていました(^^ゞ。

51WXS6W4DYL._AC_SY445_.jpg

ジョン・ケネディのDVDは持っていません。ロバート・ケネディのDVDだけ買ったんだなな~と、これまた今頃思っています(^^ゞ。
一番印象的なのは、キング牧師が亡くなったときかなと思います。その時の話も本で。。。。。
彼の姿勢、考えが凄いなと好きです。
皮膚病の子供も笑顔で抱く彼です。もっと生きて活動してほしかったです。
彼への批判の本も読みましたが、私の思いは変わりません。
で、その彼と、アンディ・ウィリアムスのやさしい声が結びついた今日です。今ごろ(^^ゞ。
二人とも亡くなっていますが。。。。。。

a6fb729e1b6ff02494554982e99cabb0.jpgf193cbb2a45a72a717971b0074056fdd.jpg

※かたすみでひっそりと・・・part2(ロバート・ケネディ)https://katasumi.at.webry.info/theme/e2b1add07f.htmlで、ロバート・ケネディをアップしています。懐かしく戻ってみました(^^ゞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント