「救いたい」(映画)

東日本大震災の復興を描いている映画で、主演は鈴木京香と三浦友和で、 麻酔科医として働く妻と、地域医療に従事している医師の夫を通して、被災地で暮らす人々が、それぞれの苦悩を抱えながらも前向きに生きようとする姿を描いたヒューマンドラマです。 国立病院機構仙台医療センターの麻酔科医長・川村隆枝さんが、自身の体験をつづった本「心…
コメント:0

続きを読むread more

「アフリカの女王」(映画)

1951年の、ハンフリー・ボガードとキャサリン・ヘップバーン主演のアメリカ・イギリス合作の映画だそうで。 軽いタッチかなと思ったりもしますが、川下りの激しいシーンは軽くないですし、 動けなくなった船を何とかしようとする二人は、物凄い姿ですし、 無精ひげの ハンフリー・ボガートは汚めで、キャサリン・ヘップバーンは前半は痩せた…
コメント:0

続きを読むread more

「ファンタスティック ・ビーストと黒い魔法使いの誕生 」(映画)

2018年に公開されたイギリス・アメリカのファンタジー映画「ファンタスティック・ビーストシリーズの第2作目。 お話も一作目の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の続きで、 ニュート役の主演エディ・レッドメインほかメインキャストも続投で、安心感を持って観れました。 で、若き日のダンブルドア役をジュード・ロウが演じ…
コメント:0

続きを読むread more

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(映画)

世界的に人気がある「ハリー・ポッター」シリーズ完結から5年を経て、新たに送りだされたシリーズの第1作ということで、 原作者J・K・ローリングが自ら脚本を手がけ、実際に発売もされたホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の編纂者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが繰り広げる大冒険です。 未知の幻獣を求…
コメント:0

続きを読むread more

ドーンの「幸せの黄色いリボン」も(音楽)

最近、この曲もよく思い出し、口ずさみます。 これもレコードを買いましたが、もうありません。残念です(^^;)。 で、B面の曲に記憶がなくて、この曲だけを聴いていたような気がします(^^ゞ。 1973年の曲で、 ビルボード誌では、1973年4月21日に、週間ランキング、年間ランキング共に1位。日本のオリコン洋楽シングルチャ…
コメント:0

続きを読むread more

あおい輝彦の「 Hi Hi Hi」(音楽)

先日、誰が歌っていたのか忘れてしまったのですが、TVで放送されていて、とても懐かしかったです。 それから、この歌が口から出てきます。 「ハ~イ、ハイ、ハイ、春になったら~♪」と。  雪国は、特に春が嬉しいです。この曲は春を待っている曲なので、春になった今はちょっと違いますが、ま、いいかなと(^-^;。 で、私は、あお…
コメント:0

続きを読むread more

「今日に生きる」(映画)

1959年の石原裕次郎主演の映画です。 採掘現場で石を運ぶダンプカーの運転手役で、張り合う運輸会社というか、一方的にやられて危機にあるところで働く主人公で、 背景に美しさはなく、私には残念な映画だったのですが。。。。 江木俊夫の可愛いこと! 6歳だったようですが動く、話すお人形さんのようです。 で、南田洋子が美しいです。…
コメント:0

続きを読むread more

「いのちなりけり」「花や散るらん」 (著・葉室麟)

続きものということで、続けて読んだのですが。。。。 「いのちなりけり」は面白く、あっという間(私にしてみれば)、一日半で読み終わり、 楽しみに「花や散るらん」を読み始めたのですが。。。。これが。。。。どうしよう?と思うほどで、中間部分、まったく受け付けられなくて。。。。挫折しそうでした。数日一、二ページ進むのがようやくで、読…
コメント:0

続きを読むread more

「名犬ラッシー/ラッシーの息子」(映画)

「名犬ラッシ-/家路」(1943)の続編で 1945年の映画です。 「家路」でジョー少年の元に戻ったラッシーですが、ジョーも大きくなり、ラッシーには息子のラディーがいます。 ラディーはやんちゃな子で、ジョーが大好きで、戦場へ行くジョーを老い掛けて行ってしまいます。 一途なところはお母さんのラッシーと同じです。が、状況をみて…
コメント:0

続きを読むread more

「テキサスSWAT」(映画)

チャック・ノリス主演の映画で、もう一本!と思い、これを(^-^)。 一匹狼のテキサス・レンジャーが、娘を誘拐した武器商人と闘う話で、悪役はデビッド・キャラダインです。 テンポよく進みますが、107分というわりに長く感じました。いろいろと展開するからでしょう。 笑えるシーンもありますし、ラブ・シーンもありますし、 って、チ…
コメント:0

続きを読むread more

「野獣捜査線」(映画)

久し振りにチャック・ノリスです(^-^)。ちょっと嬉しいです(^^ゞ。懐かしいです(^-^)。 主だった彼の出演作は観ているので、これも観たはずなのですが、もうずっと前で、覚えていません。 チャック・ノリスも続けて何本も観たので、余計です(^-^;。 夫がアクション映画を好きだったので一緒に観ていたのですが、けっこう気に入…
コメント:0

続きを読むread more

「冬姫」(著・葉室麟)

織田信長の娘の話だというので、放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」に触発されたこともあり、読んでみたいなと。 といっても、<冬姫>の存在は知らなかったのですが、蒲生氏郷の名前は、名前だけ記憶があり、<織田信長の娘が蒲生氏郷に嫁いだ>ということにも興味がありました。 戦国の世の女性について、<女のいくさ>というのにも興味がありまし…
コメント:2

続きを読むread more

「Backstreet」 (映画)

スーザン・ヘイワード 、ジョン・ギャビン主演の1961年の映画「裏街」です。 日本語の字幕なしでしたが、頑張って観ました。目当てはジョン・ギャビンです(^-^)。 ジョン・ギャビンはここでも素敵でしたが、映画が良かったです。台詞がわからないのが辛かったですが、それでも素敵でした。 が、不倫ものではあるんです。 でも、先日…
コメント:0

続きを読むread more

「クリスタル殺人事件」(映画)

<ロンドン郊外の静かな町を舞台に起こった殺人事件をアガサ・クリスティがポアロ探偵と共に創造したミス・ジューン・マープルが解くサスペンス映画。>ということです。 1980年のイギリス映画だそうですが、出演者はアメリカの俳優ばかり?<豪華>といえるスターたちの競演だと思います。 アンジェラ・ランズベリー、エリザベス・テーラー、…
コメント:0

続きを読むread more

「Strangers When We Meet」(映画)

邦題は「逢う時はいつも他人」で、1960年の、カーク・ダグラス、キム・ノヴァク主演の映画です。 キム・ノヴァクが好きで観たかったのですが、男っぽいカーク・ダグラスが最近まで苦手で、観る機会があったのに観なかった映画で、後悔していました。苦手意識はなくなりましたが、TV放映もないので諦めていました。 が、今朝、 オンリー・ザ・…
コメント:2

続きを読むread more