「武器よ さらば」(映画)

saraba.png

アーネスト・ヘミングウェイの小説「武器よさらば」を映画化した、1932年のゲーリー・クーパー主演の映画です。
1957年にロック・ハドソン、ジェニファー・ジョーンズ主演でリメイクされていて、本当はこちらで観たいな~なんて思っていたのですが、こちらを観ることが出来たのは、それはそれで良かったなと思います。
ゲーリー・クーパー、良かったです。 で、切ないお話で。。。。。
その後の彼は?と、思わずにいられませんでした。

共演はヘレン・ヘイズで、私は初めてでした。が、観た映画には出ていたようで。。。。「大空港」 (1970)、「続ラブ・バッグ」(1974)に出ていたそうで。
子供の頃から舞台に出ていて、映画にも出るようになったそうで、1931年公開の「マデロンの悲劇」でアカデミー主演女優賞を、1970年公開の「大空港」でアカデミー助演女優賞を受賞。また、エミー賞、トニー賞(3回)、グラミー賞も受賞しているのだそうです。

舞台は第一次世界大戦イタリア戦線。
出会った二人は、始めは軽い<男と女>という感じだったのですが、そうじゃなく、何よりも誰よりも大切な相手になって、
戦争がなければ無かった悲劇ですが、男の嫉妬はどうしようもない!彼の親友が彼女の手紙を。。。。。
戦争が終わった日が、彼女を失った日で。。。。。

軍を脱走しても彼女を探したかった彼、一人不安な中で彼を待った彼女。。。。。。

ヘミングウェイはこんな話も書いたんだ~なんて思いました。
短編をいくつかしか知りません(^^;)。

切なさと、ラストの涙を流しているゲーリー・クーパーと、彼に会えた喜びと幸せと死に対する恐怖の彼女が彼の胸で。。。。。そのシーンが残っています。このシーンはタイロン・パワーとキム・ノヴァクの「愛情物語」(1955)を思い出しました。妻(キム・ノヴァク)を失うエディ・ヂューチン(タイロン・パワー)の姿が。。。ちょっと違いますが。大きく違う?

ロック・ハドソンとジェニファー・ジョーンズでも観たいですが、このゲーリー・クーパーとヘレン・ヘイズの「武器よさらば」で、今は満足しちゃいました(^^ゞ。


原題: A Farewell to Arms
1932年製作 80分

監督 フランク・ボーゼイジ
脚本 ベンジャミン・グレイザー
   オリヴァー・H・P・ギャレット
原作 アーネスト・ヘミングウェイ

キャスト
キャサリン・バークレイ - ヘレン・ヘイズ: 従軍看護婦。
フレデリック・ヘンリー中尉 - ゲイリー・クーパー: イタリア軍に志願したアメリカ人。
リナルディ少佐 - アドルフ・マンジュー: イタリア人軍医。
ヘレン・ファーガソン - メアリー・フィリップス
神父 - ジャック・ラ・ルー

ストーリー
第一次世界大戦のイタリア戦線。部隊に配 属された米国出身の義勇兵ヘンリーが、ミラノの本部の病院で逢った親友 の軍医に誘われて、看護婦とダブルデートすることになる。そこで知り合った看護婦 のキャサリンと仲良くなる。彼女には英国人の婚約者が戦死したという暗い過去があった。 そしてまたヘンリーは最前線に送られて離ればなれになるが、戦地で大怪我をして、 病院に収容され、再び看護婦キャサリンと再会することになる。二人はやがて結婚を誓い愛を確 かめあうが、傷の癒えた男は再び戦場へ、ヘンリーの後を追って、キャサ リンも戦場に近い村で暮らし始める。キャサリンはお腹にヘンリーの子供を宿 していた。ヘンリーは何も知らずキャサリンの便りを待ち続けていたが、 どうにも我慢できず、キャサリンに何かあったのかと思い、軍を脱走する決意をする。

81w0kY5utwL._AC_SX385_.jpg375px-Gary_Cooper-Helen_Hayes_in_A_Farewell_to_Arms.jpg71OFFmLF7QL._AC_SX385_.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

まるぐりっと
2020年03月31日 00:50
tosileoさん、今晩は(^^)

武器よさらばは高校時代に見て凄く感動した覚えが
あります。ゲーリー・クーパーもヘレンヘイズも良かった
です!!
「誰がために鐘は鳴る」も高校時代に見てイングリット
バーグマンの美しさに見とれましたっけ。
クーパーほんとうにカッコいいですね、何を演じても。
是非再度見たいとおもいます。
tosileo
2020年03月31日 16:36
まるぐりっとさん、こんばんは(^-^)。

「武器よさらば」、感動的ですね。私は、ヘミングウェイ作品で一番感動したかもしれません。
で、はい、二人とも良かったですね(^-^)。この二人だからこそ!という感じがします。

私は、初めて観たゲーリー・クーパー映画が「誰がために鐘は鳴る」で、イングリット・バーグマンもこれが初だと思います。映画が印象的で、ステキな二人でした。が、私はビデオで観ているので、オバサンになってからです(^^ゞ。

はい、ゲーリー・クーパーはカッコいいですね。若い頃も、年齢を重ねてもステキな人ですね。ゲーリー・クーパーの良さに気付いたのは数年前です(^-^;。