「津軽双花」(著・葉室麟)

sou.jpg

「津軽双花」は、石田三成の娘・辰姫が津軽家に嫁入りし、その後、徳川家康の養女・満天姫が正妻として嫁いでくるという話で、前半は面白く読みました。
が、後半、辰姫が満天姫に後を頼んで亡くなってからは、尻つぼみ状態でした。それまでの盛り上がりが。。。。。何故そんなに?と思うほどのラストへ向けてのものでした。私が思っただけですが。あっというまに~という感じでもあり、残念に思いました。

二人の女性は潔く、そして負けない女性で、筋を通し、その生き方は凄いなと思います。知れて嬉しいです。

石田三成のイメージは近年変わってきているように思います。というか見直されているように思うのですが、勝った徳川に作られたイメージなのかなと思うほどの、陰険なイメージがありました(^-^;。が、私も数年前から石田三成に関心を持ち始めていたので、面白そうだなと読み始めたのですが。。。
石田三成の子が東北の藩に匿われて~という話も聞いていましたし。。。。

で、そんなことが歴史上にあったのも知りませんでした(^^;)。なのでより一層興味がありました。
そういう点では、知らなかった歴史を知れたと嬉しいです。
が、やはり、前半がとても面白く、また興味深かったので、後半が残念でした。それだけ?そんな風に急ぐの?そんな風にもっていっちゃうの?と思ってしまいました(^^ゞ。


ほかに三つの短編作品が入っていまして、

「鳳凰記」は、秀頼が家康から上洛を求められ、淀君がどう捉えて向き合って挑んだかというお話で、豊臣秀吉の正室・高台院と話し合う淀君で、また、秀吉の意志を守るために朝廷を守ろうとして家康と闘ったという話で。。。イマイチで、飲み込めない展開で。。。。

「孤独なり」は、関ケ原で敗れた石田三成の物語で、西軍が負けるように仕掛けたのは三成だという、これも、どうも受け入れがたく。。。

「鷹、翔ける」は本能寺に向かう明智光秀の話で、織田信長を殺そうと光秀に持ち掛け、そちらに引っ張った家臣の斎藤利三の話で、
春日局のお父さんですが。。。本来の美濃斎藤氏の一族とか。。。美濃を奪った斎藤道三、織田信長を恨み、その復讐と。。。。
織田信長を討つためにいろいろ動いた人のようですが、その話はどうも。。。。。

と、どんどん ついて行けなくなり。。。。。。今まで読んだ葉室作品の中で、初めて受け入れられない、ついていけない本でした。

が、レビューでは、とても評判がいいです。 なので、私がひねくれているのだと思います(^^;)。
が、そうだったので、そのままに(^-^;。



内容(「BOOK」データベースより)
関ヶ原の戦から十年後、三成の娘・辰姫が津軽家に嫁ぐ。藩主の信枚と睦まじい日々を送るも、その三年後に家康の養女・満天姫が正室として当主のもとへ。辰姫は上野国大舘へ移るが、のちの藩主となる長男を産む―ふたりの姫による戦国時代の名残のような戦さを描く表題作ほか、乱世の終焉を描く短編も収録。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まるぐりっと
2020年02月13日 19:01
tosileo1さん今晩は(^^)
ふ~やっぱりPCからが落ち着きます(^^)

「雨と詩人・・・」に数行で行ってしまったコメントは
削除お願いします(;^_^A ちょっと指が触れただけで・・
コメントは行って行ってしまった~もう帰らない~(笑)

この本は読んでいました(;^_^A 数ページでおもいだしたのですが
さりとて「次は?」思い出せず再読しました。尻つぼみ感がある
のは、体調を崩し始めた頃かなあ・・とか、連載の締め切りが
しんどかったのかもとか思いました。  新たな発見というか
「ホンマでっか?」的なことも多かったですがが、正しく生きる
のが美しい、という信念で書かれていて葉室ファンはやめられ
ないです(*^^)v  人生は正しいことの積み重ねですね。

tosileo
2020年02月14日 04:02
まるぐりっとさん、こんばんは(^-^)。

使い慣れているものは、ホッとしますね(^-^)。で、軽いタッチ一つで動くものは、あ?!で危ないですね。タッチだけではなく、ボタン一つで~というのも、私は、行っちゃった~ですが(^^;)。

はい、削除しておきました。

読んでいた本も、観ていた映画も、全て記憶には残りません。当然のように思う私です(^^ゞ。で、数行で思い出す、数分で思い出す、ってよくあることかなと(^^ゞ。

尻つぼみ感は・・・そうだったのですか。。。そんな頃だったりするのですか。ま、人間なので波もあるでしょうし、諸事情で~ということもあるかなと思います。意外だったので、お陰でスッキリしました(^-^)。

はい、正しく生きる、りりしく生きる姿が気持ちがいい葉室作品ですね。そんな風に生きたいとも思わせてくれます。が、何より面白く読めるのがいいです(^-^)。葉室作品は、どんどん読めちゃいます(^-^)。今、一休みしていますが、「銀漢の賦 」や「冬姫」なども読もうと思っています。
まるぐりっと
2020年02月20日 01:30
tosileoさん今晩は(^^)
いやはや大変な世の中になりました(;^_^A
いつもは心配症の塊なのですが、パ二くらず落ち着いて
うがい、手洗い、消毒、を徹底しています(*^^)v

時代小説は非日常感があってこんなときに良いのですが
冬姫はあまりな設定にどんどんついていけなくなって
挫折です。ホンマでっか~!そりゃないよ~!の連続で
葉室通の友人にメールしたところ「病のなせる業では、と
思うと悲しい」・・とのこと。銀漢の賦は面白かったです。
乾山晩愁も好きでした。オランダ宿の娘はシーボルトの娘
いねがヒロインで面白く勇気でました。
tosileo
2020年02月20日 05:49
まるぐりっとさん、おはようございます(^-^)。

本当ですね。早く終息するといいのですが、増えていきそうで不安です。北海道は3人も出ています。道が情報を出し渋っているのがマズイように思っていますが、性別や年齢はどうでもいいです!行動範囲を知りたいです。乗り物とか。。。

「冬姫」はそうですか。。。「銀漢の賦」楽しみです。情報有難うございます(^○^)。
ボチボチ追いつけたらいいなと思っています。今、「軍鶏侍」を読み始めています。シリーズ物で何冊かありますが、面白いのでちょっと読み続けたいなと思っています。このシリーズが終わったら、葉室作品に戻りたいなと思っています(^-^)。読む本が机の上に重なっています(^-^;。