「或る日曜日の午後」(映画)

aru.jpg

67分という短い、1933年のゲーリー・クーパー主演の映画です。
短いですが、あなどれないです。で、この長さだから良かった作品かなと思います。

はじめは何ということのない会話で恐妻家のゲーリー・クーパー?から、過去の恋を忘れられない、好きな女性を奪った友人を今でも恨んで殺したいと言っている女々しい男? ま、策略をもって警察沙汰まで起こして、刑務所にまで入らされるわけですから、恨みも増すかなと思いますが。
で、彼は歯医者なのですが、ある日その友人が虫歯を抜いて欲しいとやってきて、チャンス到来となるのですが~と、コメディ?と思っていると、
何とも素敵な、ほっこり!のラストで、
とってもいいなと思いました。

思い出の中の、過去の彼女は彼にとって最高で、妻はなりゆきと勢いで結婚したようなのですが、
妻はずっと彼を愛していて、とてもいい妻で、
彼がその女性を思っていることを知っていますが、彼女は彼に献身的です。

それなのに彼は! めっ!と怒ってやりたい気分です(^^ゞ。
が、妻の美しさに、いい妻だと、ステキな妻だと気が付くんですね。自分の幸せにもようやく(^-^)。好きだった女性の今の姿で、彼女のことがわかった?
それらに関する台詞はありません。そこがまたいいです。嬉しそうな彼の顔と鼻歌が(^-^)。


ゲーリー・クーパーは若く、溌溂としています。
で、妻の良さに気付いた彼は、とてもステキで、可愛くさえ見えました。
そして、妻のエミーを演じていたフランセス・フラー、結婚後の彼女は、愛らしく美しかったです。
結婚前と同じフランセス・フラーなのに、何故かそう思いました。服装や髪形のせい?演技?わかりませんが、すごいなと思いました。

観終わって、幸せ感でいっぱいになりました。
気に入りました(^-^)。


原題:One Sunday Afternoon
パラマウント映画-1933-/日本公開1933年
モノクロ/69 分

スタッフ
監督:スティーヴン・ロバーツ
脚本:グローヴァー・ジョーンズ、他
撮影:ヴィクター・ミルナー
音楽:ジョン・レイポルド

キャスト
ビフ・グライムズ:ゲイリー・クーパー
エミー:フランセス・フラー
ヴァージニア:フェイ・レイ
ヒューゴ:ニール・ハミルトン

ストーリー
結婚を望んでいた女性を横取りされたビフは、不本意ながら彼女の友達と結婚した。
昼は工場で働き、夜学に通って歯科医になった彼は恋敵を見返してやろうと思っていた。
そんな或る日曜日の午後、恋敵が治療に現れた。
抜歯用の麻酔ガスをかがせて死に至らしめることもできるのだが・・・・。

osa-cooper-hamilton-2.jpgOneSundayAfternoon9.pngOneSundayAfternoon25.pngMbn3ptW.pngOneSundayAfternoon20-650x494.pngOneSundayAfternoon27.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント