「散り椿」(著・葉室麟)

面白かったです。が、読後感は複雑です。 藩の不正を訴えても認められず、藩を出た瓜生新兵衛が、妻・篠から最期の願いを託されます。「故郷に戻って、散り椿を見て欲しい」と。 いい思いをさせれなかった妻の頼みを叶えたいと帰郷すると、剣術の道場で四天王と呼ばれた若き日の仲間が。。。。 彼が訴えた出来事が未だに。。。藩内では再び抗争が…
コメント:0

続きを読むread more