「剣客商売」(ドラマ)

ken.jpg

池波正太郎の時代小説『剣客商売』を原作としたテレビ時代劇です。
今、私が観ている「剣客商売」は、藤田まこと主演のドラマです。夫に薦められて一緒に観ていましたが、その時は時々でした。
何故なら、原作では秋山小兵衛は小柄だとあったんです。 なのに何故大きな藤田まことが?と、そこで引っかかって、時々しか観ませんでした。原作は面白いのに~と。
夫は観ていました。
私は、原作も夫に薦められて読みました。これは文句なく楽しみました。
で、今、一人でもドラマの方も楽しんでいます。
このドラマも、何度も再放送されています。お陰で観なかったときのものも観れています。
ドラマも面白いです。
なのに、何故くだらないことに引っかかって、夫と一緒に観なかったのだろうと思います。
性格、悪いな~と思います。

藤田まこと主演の「剣客商売」かと思ったら、それだけではないんですね。
ちょっと前になりますが、北大路欣也主演の「剣客商売」が放送されていて、何度か観ました。
これはこれで、面白かったです。

<加藤剛・山形勲版(1973年4月7日 - 9月1日)>というのがあったそうです。
そういえば~加藤剛・山形勲の親子、あったかも~と思いました。記憶の奥に。。。

北大路欣也版は2012年からだそうです。
で、藤田まこと版は1998年から2010年、シリーズ5作、スペシャルドラマ6作ということです。

中村又五郎版というのが1982年12月3日 - 1983年3月4日にあったそうで。これは知りませんでした。

で、藤田まこと版は、「鬼平犯科帳」の出演者もけっこう出ていて、オープニングもエンディングも似た感じです。
ドラマそのものは、ちゃんと違います。

で、これもゲストがいろいろで、楽しいです。
今は亡くなった俳優さんもいますし、若かった俳優さんもいますし、お話やレギュラーの登場人物だけではなく、そんなことも楽しんでいます。

で、ここでも岡っ引きの三浦浩一は、カッコいいです。
で、その子分の徳次郎もです。山内としおさんという俳優さんだそうです。藤田まことのドラマ、必殺仕事人シリーズやはぐれ刑事にも出ていたそうで。「必殺」では、中村主水の上司「おかまの田中様」こと田中熊五郎役(筆頭同心田中)を演じていたそうです。顔に覚えがあるのはその為だったのだと(^^ゞ。 「剣客商売」の彼が一番カッコいいかも(^^ゞ。


スタッフ(藤田まこと版)
ナレーター - 橋爪功
企画 - 市川久夫、能村庸一、遠藤龍之介、武田功
脚本 - 古田求、田村惠、野上龍雄、田坂啓、中村努、下飯坂菊馬、金子成人、田上雄、岡本さとる
音楽 - 篠原敬介
監督 - 小野田嘉幹、岡屋龍一、井上昭、酒井信行、吉田啓一郎、高瀬昌弘、舛田明廣、石原興、三村晴彦、林徹、原田真治、富永卓二
予告ナレーター - 小林清志
撮影 - 石原興
美術監修 - 西岡善信
料理監修 - 近藤文夫(銀座近藤)
現像 - IMAGICA(現・IMAGICAウェスト)
ロケ協力 - 大覚寺、八幡堀を守る会
プロデューサー - 能村庸一、河合徹、藤山太一郎、保原賢一郎、佐生哲雄、足立弘平、武田功、遠藤龍之介、後藤博幸、成河広明
製作協力 - 株式会社松竹京都撮影所
制作 - フジテレビ、松竹
題字 - 竹内志朗

レギュラー
秋山小兵衛(剣客) - 藤田まこと
おはる(小兵衛の下女 → 妻) - 小林綾子
秋山大治郎(小兵衛の息子) - 渡部篤郎(第2シリーズまで)・山口馬木也(第4シリーズより)
秋山(佐々木)三冬(大治郎の妻・田沼意次の娘) - 大路恵美(第3シリーズまで)・寺島しのぶ(第4シリーズより)
秋山小太郎 - 當銘竜基(第5シリーズより)
弥七(別名「四谷の弥七」・小兵衛の元弟子の岡っ引き) - 三浦浩一
おみね - 佐藤恵利
徳次郎(傘屋・弥七の手下) - 山内としお
およね - 江戸家まねき猫
長次(料亭不二楼の板前) - 木村元
おもと(舟宿「不二楼」女将) - 梶芽衣子
飯田粂太郎 - 尾上寛之(第4シリーズより)
嘉助 - 江戸家猫八(第3シリーズまで)・多賀勝一(第4シリーズより)
生島次郎太夫(用人) - 真田健一郎
田沼意次(老中) - 平幹二朗

無題b.png無題 bg.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント