「P.Sアイラヴユー」(映画)

th3H0UOA11.jpg

「P.Sアイラヴユー」のタイトルに惹かれて観た映画です。
封切りの時に、TVでCMが流れていたのを観て、観たいな~と思った記憶があります。
ジェームス・ダーレンが歌う「P.S I love you」を初めて聴いたとき、この映画を思い出しました(この映画は観ていませんでしたが)。
が、彼の歌とは関係ないようで。。。。。
ただ、内容は似ているかなと。。。。
夫に先立たれて立ち直れないでいる妻の元に、夫から誕生日のプレゼントが届きます。次の日から手紙が。。。というお話です。

この映画は、私が思っていたイメージとは違うものでしたが、
ロマンティックな、ファンタジー映画かと思っていたので(^^ゞ、
違いましたが、彼女にとって彼は最愛の夫ですが、彼にとっても彼女は最愛の妻で、
突然の脳腫瘍で35歳で亡くなりますが、その前に手紙やプレゼントを用意したようですが、
彼がいなくなって家に引きこもり、何も出来なくなる彼女のことが良く分かっていて、その後の彼女を何とか~という彼の心遣いというか、思いというか、彼女の友だちにまで手紙を出していたりします。すべて、死後に届くように。

彼の手紙に導かれて行動していく彼女ですが、生きる力もつけて行きます。
新しい恋をしかけるのですが、踏み切れません。やはり彼が、彼女が求めているのは彼なんです。
彼への思いを抱えながら、自分の道を歩き始める彼女です。

ファンタジーの要素はまるでありません。地に着いたお話です。
でも、あたたかい、夢のようなお話です。
この映画を知ったとき、まだ夫がいてくれていたのですが、「P.Sアイラヴユー」という言葉に、とてもロマンティックで素敵だな~と思い、
夫に先立たれ、この言葉にグンと憧れましたが、
この映画を観て、私も夫を思いながら前を向こう!と思いました。若い人のようにはいきませんが、静かに残された私の人生を進みたいと、改めて元気付けられました。

原作は、アイルランド元首相の娘だというセシリア・アハーンという女性の、同名のベストセラー小説なのだそうです。
監督・脚本は「マディソン郡の橋」の脚本家リチャード・ラグラベネーズで、
ヒラリー・スワンクとジェラルド・バトラーが主演です。
私は、ヒラリー・スワンクという女優さんは知りませんが、2度のアカデミー主演女優賞を受賞している女優さんだそうで。
ジェラルド・バトラーは「オペラ座の怪人」を観ていますが、仮面をつけていて、顔が分からなかったので、初めてみた感じです。
こんな俳優さんだったんだと思いました(^^ゞ。

キャシー・ベイツが彼女の母親役で、久し振りにみたキャシー・ベイツですが貫禄ががついたな~と思いましたが、
ラスト近く、彼女が泣きついてきて、受け止めたときのキャシー・ベイツの顔、美しい!と思いました。
若い頃を思い出しました。
で、私もこの年になると、母親の気持ちが手に取るようにわかります。苦しむ我が子に無力であることも。。。。出来ることは限られているのも。。。。。。娘の立ち直りに、母親もどれほど救われるかと。。。

tbeitu.jpgth3H0UOA11.jpg

こうやってみると顔は変わっていませんね。


2007年製作/126分/アメリカ
原題:P.S. I Love You
配給:ムービーアイ、東宝東和

監督リチャード・ラグラベネーズ
脚本リチャード・ラグラベネーズ 、スティーブン・ロジャース
製作総指揮
ジョン・H・スターク リサ・ズパン ジェームズ・ホーランド ドナルド・A・スター ダニエル・J・B・テイラー
製作ウェンディ・フィネルマン ブロデリック・ジョンソン アンドリュー・A・コソーブ モリー・スミス
原作セシリア・アハーン
音楽ジョン・パウエル

出演:
ホリー:ヒラリー・スワンク
ジェリー:ジェラルド・バトラー
デニース:リサ・クドロー
ダニエル:ハリー・コニック・Jr
シャロン:ジーナ・ガーション
ウィリアム:ジェフリー・ディーン・モーガン
パトリシア:キャシー・ベイツ

ストーリー
最愛の夫を突然亡くし、家に引きこもっていたホリー。しかし30歳の誕生日に夫のメッセージが録音されたテープが届き、その後テープの予告通りに夫から消印のない手紙が届き始める……。

p.s._i_love_you_2007_1106_poster.jpgP.S.I-Love-You-2007-04.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

micchi
2019年10月30日 23:16
tosileo さん、こんばんは

この映画は観ていませんので、映画自体について書けることは何もないのですが、ヒラリー・スワンクは、テレビで放映された「ミリオンダラー・ベイビー」(2004年)で見ました。確固とした自我をもった強い女性を演じていて、かっこよくもあり、それだけによけいに悲しみも深く感じさせられたように思います。キャシー・ベイツはこんな優しい顔をしていたんですね。こわい役でしか知りませんので。親の気持ち、そうですね、おっしゃるとおりだと思います。

歌の「P.S. I Love You」は、1934年にジョニー・マーサー(作詞)、ゴードン・ジェンキンス(作曲)によって書かれたもので、旅に出ている夫に妻が「涼しくなってきたわ/元気でやってます/いつも9時には寝ます/ブラウン夫妻が訪ねてきてくれたわ/食卓を焦がしてしまったの/・・・・」など、なんということもないことを手紙に書きながら「追伸 愛しています」と付け加えるという内容です。ここまでネットで調べたことです。私は、手紙を書いているのは若い妻で、追伸などとさりげないふうを装いながら、あなたがいなくてとてもさびしいという気持ちがにじんでいるように感じ、とても好きな曲です。名曲としてたくさんの人に歌われていますが、私の1番はジェームズ・ダーレンのバージョンです。
tosileo さんもジェームズ・ダーレンの歌を時々楽しんでいると書いてくださってました。とても嬉しいです。YouTube などに歌手ダーレンを高く評価する書き込みもありますが、そうでないのを見ることもあり、私はうまいと思っているのですが、でも、歌を聴いているとそんなことはどうでもいいことに思えてきます。自分が好きなものは素直に楽しめばいいですね。
なお、ビートルズに、1962年リリースの同名で別の曲があります(ご存じかもしれませんが)。YouTube で聴きましたら、♪you,you,you の箇所に聞き覚えがありました。

tosileo さんが大きな悲しみをこえて、前を向いていらっしゃること尊敬します。そして、私がその恩恵を受けていることに感謝しております。いつも一方的に言いたいことだけ書き連ねているようなコメントに毎回やさしいお返事をいたただき、読むとほっとします。ありがとうございます。

追伸 このコメントの長さは非常識でしょうか。申し訳ありません。
tosileo
2019年10月31日 03:09
micchiさん、こんばんは(^-^)。

この映画はそれほどヒットしたわけでも、話題になったわけでも、TVで放映されてもいない地味な映画だと思います。でも、このDVDを持っていて観ていなかったんです。ほかのDVDを探していて目に入ったのですが、あ、と思い、観ました。今、観るときだったのかなと思います(^^ゞ。レンタルショップでレンタルが終わった中古のDVDでした。観たかった映画なので買ったのだと思いますが、いつ買ったのか覚えていません(^-^;。

「ミリオンダラー・ベイビー」、クリント・イーストウッドが監督した女性ボクサーですね。これもTVのCMを覚えています。その時の女優さんなのですね。悲しい映画とは知りませんでした。そうなのですか。。。機会があったら観ようと思います。

キャシー・ベイツは「ミザリー」ですか。これも私は観ていませんが。。。怖い映画とは聞いていました。雑誌「スクリーン」で見ていたのですが。。。映画も何か観たように思います(^^;)。

「P.S. I Love You」の情報、有難うございます!内容はそうだったのですか。違ったのですね。英語がわからないので、私のイメージだけでした(^-^;。でも、やはり素敵です(^-^)。
古い曲なのですね。先日、ボビー・ヴィントンで聴きました。YouTubeで(^-^)。その時にビートルズのも聴きました。同名の曲なんだと。。。はい、ちょっと似ていると思ったのは、私の勘違いではなかったのですね。安心しました(^^ゞ。
私もジェームス・ダーレンのこの曲、とてもいいと思います!私はYouTubeのコメント欄をみることがないので、知りませんでしたが。。。そんなことを投稿する人がいるのですか。はい、楽しくないですね。が、私もそんなこと、どうでもいいです(^-^)。だっていいと思うし、好きなんですもの(^-^)。これで行きましょう!

私は夫に心身ともに依存していたので、なかなか自立出来ないでいます(^-^;。それだけです(^^ゞ。

いつもコメントを入れてくださって、とても有難く思っています。楽しませていただき、情報をいただき、刺激をいただき、元気付けられています。
私の趣味だけの偏った、片隅のブログなのに、寄ってくださって、コメントも入れてくださって、とても嬉しいです。

コメント、私も長いです。で、嬉しいです(^○^)。書き込みが入る量ならいいのではないかと思いますが、私が歓迎なので、常識はわかりませんが、いいのではないでしょうか(^-^)。