「勇気ある追跡」(映画)

yuuki.png

1969年のジョン・ウェイン主演の映画ですが、アカデミー賞男優賞を受賞しているそうで、どんなジョン・ウェインなのだろうかと、
また、グレン・キャンベルも出ているというので、観てみたいと思ったのですが、観始めたら、私、前に観ていたようです(^-^;。
所々覚えていました(^^ゞ。が、最後まで観ました。

無敵の保安官のジョン・ウェインです。しょっちゅうお酒を飲んでいますが、やはり逞しく頼りになる男です。
彼に、父親を殺した犯人探しを頼む少女を、「いちご白書」のキム・ダービーが演じています。勝ち気で、男勝りの少女です。
で、同じ犯人を追うテキサス・レンジャーをグレン・キャンベルが演じています。
三人で追うことになります。

オープニングの曲はグレン・キャンベルの歌で、爽やかな感じで始まります。

ジョン・ウェインがアカデミー賞男優賞を受賞するほどの演技なのかは分かりませんでした(このくらいの演技はいつもしていると思っている私です(^^ゞ)が、でも、老いたジョン・ウェインもいいなと思いました。私は50~60歳代のジョン・ウェインが好きです(というか、彼が演じているキャラクターに憧れているというか。。。好きで。)が、これは、「リオ・ロボ」(1970)や「100万ドルの血斗」(1971)より老けているように思いました。
で、「ビッグケーヒル」(1973)ではグンと老けているような。。。。。変わり目の微妙なジョン・ウェイン? 演技? メイク?
私にはわかりませんが、私には、私が良ければいいわけで(^^ゞ。

で、「いちご白書」は観ていないので、キム・ダービーはこれだけですが、負けん気の強い、男勝りでも優しさも持っている、若いけど一生懸命生きているマティ・ロス(キム・ダービー)は溌溂としていました。

グレン・キャンベルも好青年で、良かったのに。。。ラスト、そうなっちゃうの? で、残念でした。
壮絶な最期です。レンジャーなのですね。。。でも、
帰って結婚する姿が観たかったです。 彼らが探しても婚約者は見つからなかったようですが、私はきっといたのに見つけられなかったんだと思っています。
嘘をつくラビーフ(グレン・キャンベル)じゃないです。本当に好青年のテキサス・レンジャーのラビーフ(グレン・キャンベル)でした。

で、デニス・ホッパーには気付きませんでした(^^;)。ムーンといったら手にナイフを刺された悪人?


で、この「勇気ある追跡」、コーエン兄弟の「トゥルー・グリット」(2010)という映画、ジェフ・ブリッジス主演で、共演にヘイリー・スタインフェルド、マット・デイモンとのことですが、この映画と原作が同じだそうです。
機会があったら観たいと思いますが、

それよりジョン・ウェインの遺作となった「ラスト・シューティスト」を観たいです。どこかのTV局で放送してくれないかと思います。
過去に放送されたかもしれませんが、私は知らないし、観ていないので(^^ゞ。


原題 TRUE GRIT
製作 1969年
上映時間 129分

監督 ヘンリー・ハサウェイ
製作 ハル・B・ウォリス
原作 チャールズ・ポーティス
脚色 マーゲリット・ロバーツ
撮影 ルシアン・バラード
音楽 エルマー・バーンスタイン

キャスト
ルースター・コグバーン :ジョン・ウェイン
ラビーフ :グレン・キャンベル
マティ・ロス :キム・ダービー
トム・チェイニー ジェフ・コーリー
ネッド・ペッパー :ロバート・デュヴァル
ムーン :デニス・ホッパー
ロス :ジョン・ピカード
エメット・クインシー :ジェレミー・スレート
フロイド夫エディス・アトウォーター


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『大列車強盗』の名優、ジョン・ウェインがアカデミー賞主演男優賞を受賞した傑作西部劇。少女と凄腕の名保安官による殺人犯の追跡劇を描く。片手に拳銃、片手にライフルで馬上から犯人を撃つシーンが話題に。“ハッピー・ザ・ベスト!”。

2c13352b7d3daa941f55653c34c5db62.jpg無題.png

True Grit Opening Credits - Title Song by Glen Campbell


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント