「The Defector」<ザ・スパイ>(映画)

images.jpg

ついに観た、モンゴメリー・クリフトの遺作です。
YouTubeで字幕無しでしたが、この映画は日本でも公開され、1971年2月28日には『日曜洋画劇場』でTV放送されていたのだそうです。
全然知りませんでした(+_+)。
邦題は『ザ・スパイ』。1966年製作で、フランス・西ドイツの合作になっています。
共演は、ハーディ・クリューガーとマーシャ・メリル。
そして、CIAエイジェント役でロディ・マクドウォールが。

で、この映画、モンゴメリー・クリフトの遺作ですが、彼はこの映画のクランクアップ直後の同年7月23日に、心臓麻痺のため45歳で亡くなっています。
で、で、監督のレヴィが、1966年12月31日満44歳で拳銃自殺をしているのだそうです。何という作品になってしまったのだろうと思います。
主演俳優と監督の遺作になってしまったのですね。

モンゴメリー・クリフトは、元々細い体の人ですが、ちょっと痩せ過ぎかなという感じはありました。
とくにハーディ・クリューガーと一緒のシーンは。ハーディ・クリューガーはガッチリしていますから。
が、モンゴメリー・クリフトは変わらない演技でしたし、アクション・シーンもけっこうあります。
スタントマンを使っているところもあると思いますが、彼が頑張って撮ったシーンもあるのではないかと思います。
で、ハラハラ、ドキドキするシーンも多かったです。

で、マーシャ・メリルとのラブ・シーンもとてもステキでした。観ていて思わずウットリとしてしまった、モンゴメリー・クリフトでした。
で、目が変わりません。いつもの彼の素敵な目です。

観れて良かったです。嬉しかったです。

いろいろ言う人がいるから、ちょっと躊躇していました。いつもと違うモンゴメリー・クリフトだったら~と。
なんの~!です。年はちょっと・・・若い頃とは違いますが(^^ゞ、
でも、私には大好きなモンゴメリー・クリフトで、 変わらないモンゴメリー・クリフトでした(^-^)。

で、画像もきれいなので、いい状態で観れたのも嬉しかったです。

でも、体調も良くなかったかもと。。。。。頑張って撮影したのだろうかと。。。。
そんなことも。。。。。。最後まで頑張って生きたモンゴメリー・クリフトだと、私は思っています。

数少ない作品を、これで全部観たことになります。
夢をありがとう!と言いたいです。彼に届いてほしいです。

で、彼の映画では数少ないカラー作品でした。
彼の目の色も、カラーでくっきりと!


原題 L'espion
製作年1966年
製作国 フランス ドイツ
配給 タイヘイフィルム
上映時間 106分

公開
1966年10月20日 (西ドイツ)
1966年11月(フランス)
1967年3月4日(日本)

監督 ラウール・レヴィ
脚本 ラウール・レヴィ
原作 ポール・トーマス『ザ・スパイ』
音楽 セルジュ・ゲンスブール

キャスト

モンゴメリー・クリフト - ジェームズ・バウワー教授
ハーディ・クリューガー - ピーター・ハインツマン
ロディ・マクドウォール- CIAエイジェントのアダムズ
マーシャ・メリル - フリーダ・ホフマン
デイヴィッド・オパトシュ - オルコフスキー
クリスチーヌ・ドラロシュ - イングリッド
ハンネス・メッセマー - サルツァー博士
カール・リーフェン - 少佐

ストーリー
ドイツ民主共和国(東ドイツ)。アメリカの物理学者、ジェームズ・バウワー教授(モンゴメリー・クリフト)が空港に降り立った。空港に到着すると、CIAエイジェントのアダムズ(ロディ・マクドウォール)が教授を訪ねてきた。ロシアの物理学者グロシェンコに会い、グロシェンコが西側に売ろうとしているマイクロフィルムを手に入れるようと。

ホテルに着くと、広報課員と称するピーター・ハインツマン(ハーディ・クリューガー)が教授を訪ねてきた。ハインツマンは、ロシアの秘密諜報機関に属しているが、バウワー教授を尊敬しているという。
ある日、西側への亡命を企てたグロシェンコが殺されてしまう。ロシア秘密諜報機関のボス、オルコフスキー(デイヴィッド・オパトシュ)は、教授をロシアに亡命させよとハインツマンに命令を下す。ハインツマンは教授に亡命を申し入れたが、一蹴される。

supai.jpgdefector00001-6.jpgef483e21819a56559e20349dd7b37dda.jpg$(KGrHqQOKnME62,Kc(EHBPp,,r!3Ew~~48_35.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント