「戦争と人間 第一部 」(映画)

5107q6BWJVL._SX384_BO1,204,203,200_.jpg

石原裕次郎が出ているというので観たのですが。。。。
軽く三時間越えの大作で、 
ものすごい出演者たちで、誰が主役なのか分からない感じで、
日中戦争について分かるかなと思ったのですが、私の頭では分からなくて。。。。。結局整理がつかないままで(^^;)。

財閥と軍部の癒着とか、戦争に巻き込まれた人々の話だということですが、
一つ一つはいいのですが、なにかくっきりとしない、というか、疲れが先に立つというか、

左派の作品?と思ったりも。。。。何か日本が侵略戦争を仕掛けたという映画?
そこに五代財閥が絡んでいる?

石原裕次郎は際立っていたなと、インテリっぽく、でもカッコよく、正しいと思うことを主張する外交官で、
ほんの少しの出演シーンなのですが、満足させてくれたなと、

浅丘ルリ子、後半美しかったなと、

高橋英樹、カッコいいじゃないと、

滝沢修、さすがの貫禄だなと、
芦田伸介も。

山本学、やはりいいなと、

高橋悦史、そんな役? 「鬼平犯科帳」の佐嶋さんが、栗原小巻にそんなこと~と、

岸田今日子のヌード、本物?

地井武男、朝鮮人そのものに見えた!と、

加藤剛もよかったなと、

昭和3年、満州は、そんなに酷い感じだったの?と、

日本の陸軍、そんなにひどかった? と、

中国人も朝鮮人も、やはり好きくないと、

そんなことだけが。。。。。(^^;)

これ、三部作の一部なんですよね。 全部観る人はすごいなと思います。
本で読む人もすごいなと。。。。。。私は気力が持ちそうにありません。
一部のDVDだけでも、朦朧としています(^^ゞ。

内容が内容だけに。。。。

「ニュー・シネマ・パラダイス」や「若き獅子たち」も長かったですが、気にならなかったのに、面白く観ていたのに、
これは。。。。。面白くないわけではないですが、重いですし、いろいろなことがいっぱいで。。。二度は観ないかなと思います。
「ニュー・シネマ・パラダイス」は三度、「若き獅子たち」は二度観ています。

二部目、三部目は、機会があったら観たいと思いますが、機会があった時でいいかなと(^^ゞ。



製作年 1970年
配給 ダイニチ映配
上映時間 194分

スタッフ
監督 山本薩夫
原作 五味川純平
脚色 山田信夫
企画 大塚和 、 武田靖 、 宮古とく子
撮影 姫田真佐久
音楽 佐藤勝

キャスト
滝沢修 五代由介
芦田伸介 五代喬介
高橋悦史 五代英介
浅丘ルリ子 五代由紀子
中村勘九郎 五代俊介
佐藤萬理 五代順子
三国連太郎 鴫田駒次郎
高橋幸治 高畠正典
石原裕次郎 篠崎書記生
高橋英樹 柘植進太郎
二谷英明 矢次憔夫
三条泰子 矢次僚子
伊藤孝雄 標拓郎
吉田次昭 標耕平
田村高廣 不破学
加藤剛 服部医師
福崎和宏 大塩雷太
福山象三 大塩巡査
廣田治美 梅谷邦
山田禅二 梅谷庄吉
岸田今日子 鴻珊子
山本学 白永祥
地井武男 除在林
江原真二郎 灰山浩一
南原宏治 陣内志郎
竜岡晋 趙大福
岩崎信忠 趙延年
栗原小巻 趙瑞芳
水戸光子 お滝
松原智恵子 高畠素子
丹波哲郎 大頭目
波多野憲 武居弘道
青木義朗 佐川少佐
清水将夫 市来善兵衛
梁正明 市来真吾
佐々木すみ江 田伏ふさ
大滝秀治 劉
中谷一郎 河本大作大佐
山内明 石原莞爾中佐
藤岡重慶 板垣征四郎大佐
小山源喜 村岡関東軍司令官
井上昭文 荒木五郎
梅野泰靖 山川

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『白い巨塔』で知られる山本薩夫監督が、五味川純平の原作を壮大なスケールで映画化した「戦争と人間」3部作の第1部。昭和3年春。第二次世界大戦を迎えた満州を舞台に、新興財閥伍代家の人々を中心に交差する人間模様を描き出す。

img_0.jpg91AkbUxrQ7L._SY445_.jpgmv41852-l.jpg
   石原裕次郎は、脅しにも負けない外交官の役。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まるぐりっと
2019年09月09日 00:58
tosileoさん、こんばんは。
20代の時に原作読んで映画も見ました。
若かったので咀嚼力があったのでしょうね、今は
到底無理ですし再度見たいとは絶対思いません。
重すぎます~(^_^;) 
女優は美しく凛として品があり、男優は昭和の男前
だったりシブかったり重厚だったり見応えはありま
したね。
tosileo
2019年09月09日 02:25
まるぐりっとさん、こんばんは(^-^)。

すごいですね、まるぐりっとさん。尊敬します。私は、若くても原作は読まないと思います(^^ゞ。ただ、時間が経って思い出すと、それぞれのシーンの重さと思いが残っています。

はい、女優は美しく、凛とした生き方、姿ですね。そう、男優陣の素敵だったこと、書き忘れていますが、なにしろ観終わったときは朦朧としていましたから(^^ゞ、田村高広も高橋幸治もステキでした。高橋幸治の目、きれいだったなと。。。
重厚で渋くて、日本の男優陣はこんなに素敵だったんだと、私も思いました。