「少年H」(映画)

T0013264q2.jpg

妹尾河童の自伝的小説の映画化だそうで、ドラマ化もされているそうです。小説もドラマも映画もいろいろな賞を受賞しているようです。
太平洋戦争時の神戸の洋服屋さんの家族を描いています。
当時の様子が描かれているのですが、私は余り感動出来ずに観終わってしまいました。
確かに戦争の悲惨さは描かれています。その中で自分の価値観を守ることの大切さと難しさも描かれています。

主人公は<少年H>というより、少年の父親の妹尾盛夫(水谷豊)なのだと思います。
そのころには珍しい、リベラルな父親で、結局は信念を通す父親です。家族も守ります。再起もします。

で、当時キリスト教がどこまで普及され、浸透されていたのかわかりませんが、熱心なクリスチャンの母親で、大っぴらにできたのだろうかと思います。少年はそのことで嫌がらせを受けますが、家族全体にそれほどの嫌がらせはないです。
マネの絵を少年が描いていただけで、学校で少年が殴られているのに。。。

で、神戸は情報も早かったと思うのですが。。。開戦までのんびりした感じです。いろいろな処に疑問を持ってしまいました。
当時を知らない私なので私に問題があるのでしょう。自伝的小説ということですし、当時の人が書いているのだからそうなのでしょう。
でも、やはり、引っかかってしまって。。。。

脱走兵を探す憲兵もです。近所の家だからといって、探しにきただけで第一声から怒鳴るのですか?

博愛主義の母親が、戦争が終わって、疎開先から帰った長女が持ってきたお米でおにぎりを家族で食べますが、隣でそれを聞いた家の子が騒いでいるのを知り、おにぎりを持っていきます。少年Hは反対しますが父親は何も言いません。隣にあげたらその隣は?その向かいは?
何故隣だけにあげて、それで治まったのか。。。難しい問題ですが、そんな価値観を突きつけられているようでした。

というか、全体的にお説教がましく感じ、ものすごい空襲で家々が焼けているのに、母親は息子とミシンを運んで無事でいるし。。。。
脱走兵が脱走した理由がわからないし、何故自殺し、それを少年に見つけさせたのか、そんな所も引っかかっていて。。。。

他の人たちの人物描写が今一つ足りないように思えて。。。。。

面白いとまで思えず、助かって再起したこの家族にも感動が出来ず、スッキリ出来ないでいます。

が、水谷豊と伊藤蘭夫妻が共演という話題がありましたが、自然な感じで良かったと思います。
水谷豊が母親役は伊藤蘭がいいと思ったということですが、まさにピッタリだと思いました。そのままの自然な感じの妹尾敏子でした。


公開日: 2013年 8月 10日
上映時間 122分

スタッフ
監督:降旗康男
脚本:古沢良太
音楽:池頼広
プロデューサー:松本基弘、遠藤英明、伊藤伴雄
撮影:会田正裕
美術:中澤克巳
照明:大久保武志

キャスト
妹尾盛夫:水谷豊
妹尾敏子:伊藤蘭
妹尾肇:吉岡竜輝
妹尾好子:花田優里音
うどん屋の兄ちゃん:小栗旬
下山幸吉(オトコ姉ちゃん):早乙女太一
田森教官:原田泰造
久門教官:佐々木蔵之介
吉村さん:國村隼
柴田さん:岸部一徳
沖野消防署長:瀬川菊之丞
刑事:山中崇史
看板屋:濱田岳
うどん屋の主人:山谷初男
校長:でんでん
教師:安田裕己
憲兵:井上肇
林:吉田翔
横田:石川大樹
イッチャン:西森駿
杉田先輩:上原伸之介

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
妹尾河童のベストセラー小説を水谷豊主演で映画化。昭和初期の神戸。洋服の仕立て屋を営む父・盛夫と母・敏子の下で、好奇心旺盛に育つHこと肇と妹の好子。幸せに暮らしていた家族だったが、徐々に戦争の影が忍び寄る。監督は『あなたへ』の降旗康男。

受賞
第35回モスクワ国際映画祭・GALA(ガーラ)部門・特別作品賞
第38回報知映画賞 新人賞(吉岡竜輝)
第26回石原裕次郎賞[
第26回日刊スポーツ映画大賞 助演女優賞(伊藤蘭)
第37回日本アカデミー賞
優秀作品賞
新人俳優賞(吉岡竜輝)
優秀美術賞(中澤克巳)
映画芸術 2013年日本映画ベストテン&ワーストテン・ワースト7位
第23回日本映画批評家大賞 助演女優賞(伊藤蘭)

2e2bfdda.jpgT0013264q1.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まるぐりっと
2019年08月08日 11:21
tosileoさん、こんにちは。
今日も室温30℃でクラクラします。

「少年H」は発売後すぐに読みましたから、もう22年前だった
でしょうか。 テレビでも見た覚えがありますが、やはり長い原作をはしょってありますから、映像からの感動はそれほどでもないのかもしれませんね。
神戸大空襲の様子は子供の時から散々親から聞かされて、「焼夷弾」ってなんて怖ろしいのかと震え上がった覚えがあります。
戦後も進駐軍駐留で荒々しい時代のことを周囲から生で聞きましたが、実体験を伝える人ももう殆ど居なくなりましたねぇ。
妹尾河童の母校は隣区でしたから、河童さんに親しみを感じます(^o^)
tosileo
2019年08月09日 01:42
まるぐりっとさん、こんばんは(^-^)。

はい、暑い日が続いていますね。こちらも30度以上が10日続いていて、68年振りだそうです。えっ、そんな前も暑かったの?と驚きましたが、けっこうマイっています。クーラーが欲しいです。扇風機だけだと移動すると。。。(+_+)。こちらは30度越えは終わります。
お体に充分気を付けてお過ごしくださいね。そちらはまだまだ続きますから。

本をお読みになっているのですか。映画とは違いが出てくることが多いですね。短くなるので難しいと思います。

戦争中のことは私も良く聞きました。焼夷弾のことも憲兵のことも。なので焼夷弾が降り注ぐ中、特に息子が一緒なのに、重いミシンを運ぶかな?と思うわけです。息子の命を守る方を迷わず選ぶのではないかと思うのです。それほどミシンが大切なら他の描き方をして欲しかったと。憲兵のひどさも、憲兵も人間だと思うのですが。。。基本的にそうであっても、単に国民を怖がらせるものに描けばいいというわけではないように、憲兵だった人の家族もいると思いますし、彼らの使命感も勘違いもあるでしょうし、時代がさせたこともあるだろうと思いますし。。。ま、何にしても大変な時代で、その時代を生きた人たちはすごいなと思います。自分の親たちの時代だと思うと改めて思うことも多いです。

河童さんもお近くでしたか。北海道はさすがに身近な有名人は少ないなと思います。なんとも、いろいろな文芸人に触れることが出来ていいですね(^-^)。でも関心がないとだめなので、私はどんな環境でも同じかも(^-^;。