「ハレム万歳」(映画)

156041378033707818177.png

1965年のプレスリー主演の映画で、中東へ行った人気歌手で、暗殺団に拉致され、国王の暗殺を指示され、
助けてもらった街頭舞踊団たちと共に闘うというお話で、王女との恋もあり、
まるで『アラビアンナイト(千夜一夜物語)』のようで、楽しく観ました。
アクションもなかなか楽しかったです。 プレスリーのアクション・シーンもいろいろありで、舞踊団たちも混ざっての戦いのシーンは楽しいものでした。

それまでの青春映画とちょっと趣向の違う映画で、ファミリー映画としても楽しめるかなと思います。

プレスリーの歌も多かったですが、それも嬉しかったです。

で、プレスリー表情がとても良かった映画だと思いました。

これも余り期待しないで観たのですが、いい意味での期待外れで、
石原裕次郎の「青春大統領」と続けての、いい意味で期待が外れた楽しい映画で、
得をした気分になりました。

作品データ
原題Harem Holiday
製作年1965年
配給MGM
上映時間86分

スタッフ
監督ジーン・ネルソン
脚本ジェラルド・ドレイソン・アダムズ
製作サム・カッツマン
撮影フレッド・ジャックマン・Jr.
音楽フレッド・カーガー

キャスト
エルビス・プレスリーJohny
メアリー・アン・モーブリーPrincess_Chalimar
フラン・ジェフリーズAichah
マイケル・アンサラPrince_Dragna
ジェイ・ノベロZeth

ストーリー
ハリウッドのスターで歌手のジョニー(エルヴィス・プレスリー)は舞台挨拶のため中東プレミアに出席、ある王国のドラグナ殿下(マイケル・アンサラ)らにすすめられ、麻酔薬をのまされ、回教徒暗殺団に拉致された。国王の暗殺をするように言われるが。。。ジョニーは国王の娘シャリマール姫(メアリー・アン・モブリー)と出会い恋をするが。。。

dr.jpg

So Close Yet So Far ・・・囚われの中、彼女を想って。。。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント