「夜の牙」(映画)

画像


1958年の石原裕次郎主演の映画です。サスペンス仕立てで面白く、見応えのある映画でした。
「嵐を呼ぶ男」(1957)の次の作品だそうで、
「嵐を呼ぶ男」の井上梅次監督が渡辺剣次と共同で脚本を書いたそうです。
共演相手の女優は月丘夢路で、裕次郎映画では共演はありますが、相手女優としては珍しいかなと思います。

はじめは、三橋達也の主演で映画が撮影されていたそうで、
前作の「嵐を呼ぶ男」が予想外の大ヒットを記録したことから急遽、本来は助演格だった裕次郎の序列を上にしようとして話がこじれ、結局、裕次郎が主役になり、
もともと裕次郎の役だったスリを岡田眞澄が演じる形で落ち着くことになったそうです。

で、月丘夢路は、井上梅次監督の奥さんなのだそうです。

のちに相手女優として共演の多かった浅丘ルリ子はキャピキャピのスリの女の子の役で、岡田眞澄の相手役でした。ま、裕次郎の妹的な役でしたが。

「嵐を呼ぶ男」もそうですが、この映画も脚本がしっかりしていると思いました。
単なるスターのための映画ではなく、映画そのものを楽しめる作品だと思います。

ある日、戸籍を取りに行ったら、死亡していたことになっていたという、
人の影を追っていたり、ヒチコック作品のような感じですが、兄弟愛、仲間愛、そして男と女の微妙な関係、アクション。。。そこは日活映画らしかったりします。

が、裕次郎の歌が無くて寂しかったです(^^ゞ。

裕次郎映画の中で有名ではないように思いますが、なかなかだと思いました。


製作年 1958年
配給 日活
上映時間 102分

スタッフ
監督 井上梅次
製作 児井英生
脚本 井上梅次 、 渡辺剣次

キャスト
杉浦健吉 石原裕次郎
スリの三太 岡田眞澄
花岡真理 月丘夢路
スリのお銀 浅丘ルリ子
甲野朱実 白木マリ
卓然和尚 森川信 
土井耕三 小林重四郎
赤沼弁護士 安部徹
加納執事 西村晃
荒木警部補 安井昌二

ストーリー
場末の盛り場、ガード下に診療所を開いている杉浦健吉は、足を洗うことを条件にチンピラの傷の手当をしてやるような男であった。ある日、チンピラ・スリの三太が、ニュー・フェースの試験を受けるため戸籍を貸してくれとやって来た。苦笑しながらもこの申出を承知、区役所へ戸籍を取りに行った健吉は、自分の戸籍が抹殺されているのを知った。しかも届人は彼が長い間捜していた弟の忠夫となっていた……

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント