「嵐の季節」(映画)

画像


「闇に響く声」の翌年1961年のプレスリーの、文芸的映画です。
共演は ホープ・ラング 、チューズデイ・ウェルド 、「アンネの日記」のミリー・パーキンス です。
三人の女性を愛する今回のプレスリーですが、最後は悩み、苦しみながらもハッピー・エンドで、
気持ちのいい終わり方です。
で、女性のことだけではなく、父親、兄との確執、犯罪者に仕立て上げられてしまうこと、短気を起こすこと、若いのに人生を諦めてしまうことなど、乗り越えていく繊細でありながら、逞しくもある青年のお話で、良かったです。

「やさしく愛して」「闇に響く声 」「燃える平原児」「嵐の季節」と、プレスリーの前半の文芸的作品を観れて嬉しかったです。
私の中では「闇に響く声 」>「嵐の季節」>「燃える平原児」>「やさしく愛して」となります。
「燃える平原児」と「やさしく愛して」は、悲しかったです。幸せになって欲しかったから。
で、共通するのは、繊細な青年で、誰かに虐げられています。その中で乗り越えていくのですが。。。
ま、今回は女性関係も三人で、これは他の作品と違います。
で、この三人との係わりも自然なんです。なので嫌らしくもなく、自然に入り込める世界でした。
いいなと思った映画でした。

で、この映画の主題曲「Wild in the Country」、知りませんでしたが、美しい曲でした。


作品データ
原題 Wild in the Country
製作年 1961年
上映時間 114分


監督 フィリップ・ダン
製作 ジェリー・ウォルド
原作 J・R・サラマンカ
脚本 クリフォード・オデッツ
撮影 ウィリアム・C・メラー
音楽 ケニョン・ホプキンス

キャスト
グレン: エルヴィス・プレスリー
アイリン:ホープ・ラング
 ノリーン:チューズデイ・ウェルド
ベティ:ミリー・パーキンス
Davis ラファー・ジョンソン
Phil_Macy ジョン・アイアランド
Cliff_Macy ゲイリー・ロックウッド
Uncle_Rolfe ウィリアム・ミムズ

ストーリー
エルヴィス・プレスリー主演で描いた青春ドラマ。兄との喧嘩が原因で、保護観察の身となった青年・グレンは、父の愛を得られないことで屈折した日々をすごしていた。そんな彼が精神科の女医・アイリンと出会い、彼女の理解によって立ち直り、将来への希望を見出していく。

画像


Elvis Presley - Wild In The Country


Elvis Presley - Forget me never


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント