「砂塵」(映画)

画像


ジェームズ・スチュワートとマレーネ・ディートリッヒが共演の、1939年の西部劇です。
ジェームズ・スチュワートらしい、力で押していかない、拳銃も持たない、それでいて強い副保安官で、
マレーネ・ディートリッヒは、町の悪の実力者と組んでいる酒場の歌い手です。めっぽう強気の女性です。
でも彼女は次第に彼に惹かれていきます。

で、この映画は男性陣が戦うだけではなく、女性陣も戦います。それも派手に!
意外な展開で。。。まずはマレーネ・ディートリッヒがトランプで負かした男の奥さんと男顔負けの戦いを、
ラスト近くでは町の女性たちが悪の男たちと戦おうと、いいえ凝らしめようと戦います。
逞しい、激しい戦いで、思いもよらない展開で楽しかったです。

ちょっとコメディ的なところもけっこうあり、楽しい会話もあり、ハラハラするシーンもあり、悲しいシーンもあり、
ロマンティックなシーンもあり、激しいシーンもあり、ですが、全体的に温かいように思います。
ま、悪は悪ですが。

ラストシーンも意外なシーンで。そんな中途半端な?と思う彼のグズグズとした話で終わります。何とも微笑ましいラストシーンでした。
気持ちよく、心地良く観終わりました(^-^)。


で、この映画は1932年版『ミックスの再起』という作品のリメイクだそうですが、
1954年に、「野郎!拳銃で来い」というジョージ・マーシャル監督、オーディ・マーフィ、トーマス・ミッチェル主演でリメイクされておりのだそうです。
お気に入りのオーディ・マーフィが主演の映画だそうです。観たいです(^^ゞ。いつかどこかで観れたら嬉しいです。

原題 Destry Rides Again
製作 1939年アメリカ
上映時間 94分

監督 ジョージ・マーシャル
脚本 フェリックス・ジャクソン、ガートルード・パーセル、ヘンリー・マイヤーズ
原作 マックス・ブランド
製作 ジョー・パスターナク
音楽、フランク・スキナー

キャスト
フレンチー - マレーネ・ディートリヒ
トム・デストリー・ジュニア - ジェームズ・ステュアート
ケント - ブライアン・ドンレヴィ
ウォッシュ・ディムズデイル - チャールズ・ウィニンガー
ボリス・スタヴローギン - ミシャ・オウア
ハイラム・スレイド町長 - サミュエル・S・ハインズ
ジップ・ワトソン - アレン・ジェンキンス
バグス・ワトソン - ウォーレン・ハイマー
リリー・ベル/キャラハン夫人 - ウナ・マーケル
ジャニス・ティンドール - アイリーン・ハーヴェイ
ジャック・ティンドール - ジャック・カーソン
ループジュロウ - ビリー・ギルバート
レム・クラゲット - トム・ファデン
キーオ保安官 - ジョー・キング

ストーリー
西部の町ボトルネック。ここでは酒場を経営する有力者ケント(ブライアン・ドンレヴィ)と市長が手を組み、町の人々から金や土地の権利を巻き上げていた。そこに保安官代理として呼び寄せられたのは伝説の保安官の息子トム(ジェームズ・スチュワート)。銃に頼らず法で町の秩序を守ろうとする彼は酒場の歌手フレンチー(マネーネ・ディートリッヒ)を仲間に引き入れ、ケントの悪行を暴こうと奮闘する。そんなある日、保安官ウォッシュ(チャールズ・ウィニンガー)がケントの一味に殺害されてしまい・・・。

画像


            それぞれいい味があります。どの人たちも魅力的でした。

画像


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント