「日本人の勲章」(映画)

画像


スペンサー・トレイシー主演の1955年の映画で、
スペンサー・トレイシーは第8回カンヌ国際映画祭男優賞を受賞したそうです。
「日本人の勲章」となっていますが、話だけで日本人が出てくるわけではありませんが、
イタリア戦での戦争中に彼を助けて死んだ人が死後に勲章をもらったので、それを彼のお父さんに届けようとするお話です。
でも行方不明で、殺されたらしいと。。。
戦後の西部が舞台の、サスペンスに分類されるようです。サスペンスの西部劇?
でもスペンサー・トレイシーはスーツ姿で、拳銃も持っていません。

で、共演がロバート・ライアン、ウォルター・ブレナン、アーネスト・ボーグナイン、リー・マーヴィン、ジョン・エリクソンに紅一点でアン・フランシスが出ています。知っている俳優さんが多くて、そんなところも楽しかったです。

ロバート・ライアンは悪役です。町の悪のボス的存在です。

で、スペンサー・トレイシーが演じるマクリーディは片腕なのですが、喧嘩を避けますがとても強いです。
彼は本当に貫禄があるなと思います。二枚目的なハンサムではないですが、逞しく、知的で、渋くて、優しさも持ち、寡黙で、深い心を持った感じがとても好きです。 頑固そうですが、それもまた魅力になっているかなと思います。

で、マクリーディを助けた日本人は二世部隊だったようです。イタリア戦の日本人といえば442部隊かなと。
感動の442部隊がここで出てきたのかと、それも嬉しかったです。

導入部分は、汽車から降りた町で、誰もが不親切で、分からない話で、ん。。。という感じで観ていて、
それから、何がどうで、どうするんだろう?と思いながら観て、
そういう展開なの、アクション入りなのね、日本人を差別した話なのね、
でもやはりスペンサー・トレイシー、良かったな、彼らしい役だけど、彼としては珍しいアクション・シーン入りだったなと、

ウォルター・ブレナン、やはりいい人なんだと、

ロバート・ライアン、「誇り高き男」では素敵だったのに悪役もするんだ、リー・マーヴィンは多いけど。。。

アン・フランシス、アン・フランシスだってわからないくらい若い! 

とか、思いながら観ました。


原題 Bad Day at Black Rock
上映時間 81分

監督 ジョン・スタージェス
脚本 ミラード・カウフマン、ドン・マクガイア
原作 ハワード・ブレスリン
製作 ドア・シャリー
キャスト
ジョン・マクリーディ : スペンサー・トレイシー
レノ・スミス : ロバート・ライアン
リズ : アン・フランシス
ティム : ディーン・ジャガー
ドク : ウォルター・ブレナン
ピート : ジョン・エリクソン
コーリー : アーネスト・ボーグナイン
ヘクター : リー・マーヴィン

ストーリー
西部の片田舎ブラック・ロックに、4年ぶりに列車が止まった。降りたったのは左腕のない男ジョン・マクリーディ(S・トレイシー)。彼はこの奥のアドビ・フラットに暮らす日本人コマコに、戦場で命を救われた彼の息子の勲章を持って来たのだった。
しかし、彼の行先をきいた村人たちの態度はよそよそしく、ホテルでも嫌がらせを受ける。マクリーディは、保安官に情報を求めるが得られず、村のボス、スミス(R・ライアン)は、日本人は収容所に送られたと伝える。
ホテルの管理人ピート(J・エリクソン)の妹リズ(A・フランシス)からジープを借りたマクリーディは、アドビ・フラットへ辿り着いたが、そこにはコマコの住んでいた小屋が焼き払われた跡しか残っていなかった。
ホテルへの帰途、彼のジープはスミスの手下コーリー(A・ボーグナイン)の運転する車に妨害をうける。身の危険を感じたマクリーディは、町を去ろうとするが列車は明日にならないと通らず、隣町へ行く手段もない。州警察に打った電報もスミス一味に握りつぶされる。
この日の内に町を出ることを諦めたマクリーディは、ついにピートから何故スミスが邪魔をするのかその理由を聞き出す。

画像


画像

     いい子そうなのに彼を裏切るリズ(アン・フランシス)。


※442部隊(ウィキペディア)
第442連隊戦闘団は、第二次世界大戦中のアメリカ陸軍が有した連隊規模の部隊である。士官などを除くほとんどの隊員が日系アメリカ人により構成されていた。ヨーロッパ戦線に投入され、枢軸国相手に勇戦敢闘した。その激闘ぶりはのべ死傷率314%(のべ死傷者数9,486人)という数字が示している。アメリカ合衆国史上もっとも多くの勲章を受けた部隊としても知られる。
第二次世界大戦中、約33,000人の日系二世がアメリカ軍に従軍し、そのほとんどは本団、第100歩兵大隊、アメリカ陸軍情報部の3部隊のいずれかに配属された。

私は「442日系部隊 アメリカ史上最強の陸軍」(映画)を観て感動しました。
https://katasumi.at.webry.info/201105/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント