「不能犯」(映画)

画像


宮部みゆきさんのミステリーを何冊か読み始めている私は、<見つめるだけで相手を死に追いやる力を持つため、罪に問うことができない“不能犯”で…。 >というのが目に入って、観てみたいと思って観たのですが。。。
立証が不可能な犯罪を<不能犯>というそうです。

気持ち悪かったですし、

画像


こんな感じで。。。。。

主人公が依頼されて殺しを引き受けるのですが、必殺シリーズの仕置き人みたいなところもあり、殺される相手は依頼した人だけではなく、依頼した人も殺される場合があるのですが、殺される人はそれなりの理由があります。<世の中の悪>みたいなところが。

で、そんな力を本人は喜んでいるわけではなく、殺人を止めるには殺されるしかないと。
本人なりに迷いや苦しみもあるようなのですが。。。。。正義感もいい人っぽいところもあるのですが。。。

途中三回も寝てしまいました^_^;。
恐いし、気持ち悪いのですが、眠くなってしまいました。 最近寝不足なのですが。

原作は漫画のようですが、原作は見ていません。というか知りませんでした。
この映画で、この作品を知りました。

彼を追う女性刑事の沢尻エリカも今一つという感じで。ピンと来ませんでした。
美しい女優さんですが、美しい刑事さんだったかなと思います。

で、ラストもそのままで。。。。。

ん?と思った映画でした。 私にはそうだったというだけです。

出演者も人気のある若手三人ですし、題材もいいと思うのですが。


製作年 2018年
配給 ショウゲート
上映時間 106分

スタッフ
監督 白石晃士
原作 宮月新 『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載
原作(画) 神崎裕也
脚本 山岡潤平,
白石晃士

キャスト
松坂桃李(宇相吹正)
沢尻エリカ(多田友子)
新田真剣佑(百々瀬麻雄)
間宮祥太朗(川端タケル)
テット・ワダ(赤井芳樹)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント