「ヤムヤム・ガール」(映画)

画像


ジャック・レモン主演の1963年のコメディ映画です。共演がキャロル・リンレーで、ディーン・ジョーンズが出ているというので、とても楽しみでした。
でも、オープニングでビックリしました。曲が流れ、歌が流れてきたら、ん?ジェームス・ダーレンの声に似ているなと。ジェームス・ダーレンのよう。。。と出演者、スタッフなどの名前が出ているのを見ていたら、最後にJames Darrenと。
やっぱり!と嬉しくなりました。そこから気持ちが盛り上がってしまいました(歌が流れただけですが)。
ジャック・レモンもディーン・ジョーンズも好きです。が、ジェームス・ダーレンはとっても好きな俳優の一人です。
歌手としてではなく俳優のジェームス・ダーレンが好きです。もちろんCDも持っていますが、歌手としては。。。 "Gidget"で歌っていたころが好きです。

キャロル・リンレーも可愛いです。というか、この映画での彼女は美しいです。こんなに美しい人だったっけ?と思ってしまいました。

あ、それから、彼女の叔母さんの彼氏が ロバート・ランシングで、これもびっくりしました。
TVドラマ「87分署」(1961)に出ていた ロバート・ランシングで、懐かしかったです。

思わぬジェームス・ダーレンの歌付きの、お気に入りの俳優さんたちの、楽しい笑わせてくれる映画で嬉しかったです。

画像

 恋人たちはこの二人。結婚を前提に同棲を。。。

画像

 ジャック・レモンが大家さんですが、彼女に渡したカギは。。。

画像


画像

          のぞきをしたり。。。

画像

         邪魔をしたりで。。。。。

画像


上映時間 110分

監督:デヴィッド・スウィフト
製作:フレデリック・ブリッソン


出演:ジャック・レモン、キャロル・リンレー、ディーン・ジョーンズ、エディ・アダムス、ビル・ビクスビー、 ロバート・ランシング

ストーリー
祖父が残した遺産で豪華なアパートを経営しているホーガン(ジャック・レモン)。彼は、若く美しい女性ばかりに破格の賃料で部屋を貸し、彼女たちとのアヴァンチュールを楽しんでいた。
ある日、住民の一人で大学教授のアイリーン(エディ・アダムス)が、ホーガンとの関係を清算し、部屋を出て行く。入れ違いに入居を希望したのは、アイリーンの姪で女子大生のロビン(キャロル・リンレー)だった。ロビンの美貌に目が眩んだホーガンは、同居人の性別も確認せずに、格安で部屋を貸すことをその場で決めてしまう。
実は、ロビンには恋人がいて情熱と勢いにまかせて結婚する前に、セックスなしの同居を始めようとしていた。恋人のデイヴィッドは、落ち着かない気持ちを抱えたまま同居を受け入れる。
男の同居人は想定外だったものの、二人にまだ体の関係がないと知ったホーガンは、ロビンをものにしようと大張り切り。買い物に付き合うフリをしてドライブに誘い出したり、デイヴィッドがクタクタになるまで運動をさせ、寝落ちしている隙に食事に出かけたりと、あの手この手を講じるが・・・

ちなみに。。。

画像

              ディーン・ジョーンズ
1960年代から1970年代のディズニー映画によく出ていました。「猛犬ご注意」 (1966)、「黒ひげ大旋風」(1968)、「ラブ・バック」 (1968)、「あひる大旋」 (1971)など。

画像

             ロバート・ランシング

画像

向かって左上がジェームス・ダーレン。唯一封切りで観た彼の主演映画「若さでブッ飛ばせ!」 (1964)。
映画は「ナバロンの要塞 」 (1961)や「ダイアモンド・ヘッド」 (1963)などにも出ています。TVドラマは「タイムトンネル」(1966–1967)などです。
(向かって右側の女性は「ワン・ボーイ」や「内気なジョニー」を歌っているジョニー・ソマーズです。)

ヤム・ヤム・ガールズ
  (under the yum yum tree - song : James Darren)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

オンリー・ザ・ロンリー
2018年10月07日 01:00
tosileoさん、こんばんは。
今日はばかに「熱い」ですね。ご機嫌の映画でなりよりです。
キャロル・リンレイーは確かに「青春の旅情」後の作品で
21才でかわい子ちゃんより「美人女優」の仲間に入った感じです。いやはや実に美しいです。
アマゾンに注文して懐かしさに浸る事にします。
up、ありがとうございます。
tosileo
2018年10月07日 18:37
オンリー・ザ・ロンリーさん、こんばんは(^-^)。
ジェームス・ダーレンで熱くなりました(*´▽`*)。

<キャロル・リンレーは「青春の旅情」後から美人女優>なのですか。可愛いから美しいに変われるなんていいですね。

彼女がお気に入りのようだったので、この映画はご覧になっているかなと思いました。お楽しみ下さい(^o^)。