「春の輪舞曲(ロンド)」(106話~最終話)

画像


子供が出来ない体と姑に知られたユンジュ(チョン・ユミ)は、離婚を迫られます。
そして、実母と養母まで姑に悪く言われた彼女は、ギジュン(チェ・テジュン)の気持ちを知りながらも我慢できなくなります。

苦しむ彼女に、ギジュン(チェ・テジュン)は彼女を母親から守るために離婚を決意します。

そして、ヘリンとの結婚が近づいたソンジュン(コ・セウォン)ですが、ヘリンは何かとスジン(オム・ヒョンギョン)と会うソンジュン(コ・セウォン)に傷付き、そして彼の母親の孫に対する執着、ユンジュ(チョン・ユミ)に対する態度から結婚を辞めたいと言い出します。


二人の息子の幸せを壊した母親。 ここへ来てやっと気付きますが。。。。。。

性悪女だったスジンも大人になったし、父親を慕う息子のためにもソンジュン(コ・セウォン)との再婚があるとよかったのですが。。。。。。

ギジュン(チェ・テジュン)とユンジュ(チョン・ユミ)は離れても気持ちは変わらなかったみたいで。。。。。一途なギジュン(チェ・テジュン)がいいですね。

思っていたラストとは違うところもありましたが、それでも面白く観たドラマで、
コ・セウォンもチェ・テジュンも素敵だったなと思います。
次回作が楽しみです。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



MBC 2014年 全126話放送
韓国原題 母の庭園 
演出:ノ・ドチョル、クォン・ソンチャン
シナリオ:パク・ジョンラン

キャスト
チョン・ユミ(ソ・ユンジュ役)
チェ・テジュン(チャ・ギジュン役
コ・セウォン(チャ・ソンジュン役)
オム・ヒョンギョン(キム・スジン役)
コ・ドゥシム(チョン・スンジョン役)

ストーリー
獣医のユンジュ(チョン・ユミ)は、母の強い希望から財閥のTSグループ御曹司ソンジュン(コ・セウォン)とお見合いをすることに。ユンジュに好意を持ったソンジュンは次のデートの約束を取り付ける。その後、ユンジュは友人の送別会に行くが、そこでギジュン(チェ・テジュン)と最悪の出会いをする。

ある日、帰宅したユンジュは、両親の言い争いから自分には生みの母がいることを知ってしまう。ショックを受けたユンジュは両親には内緒で実母を捜し始め、ついに生みの母であるスンジョン(コ・ドゥシム)の居場所を突き止める。そしてスンジョンが営む下宿の住人となったユンジュは、偶然にもギジュンと再会を果たす。そんな中、ソンジュンとデートを重ねていたユンジュだが、ソンジュンに秘密の恋人スジン(オム・ヒョンギョン)がいることを知り、縁談を白紙に戻したいと言い出す。一方、ギジュンはユンジュに想いを寄せはじめ距離を縮めていくが…。

ヒロインのユンジュと三角関係に陥る財閥の御曹司ソンジュン&ギジュン兄弟、さらにソンジュンの秘密の恋人スジンが登場し、激しい恋愛バトルを繰り広げていく。

財閥との格差を超えた恋愛に加え、生みの母、育ての母の間での葛藤や母と娘の絆を描いた心温まるラブストーリー


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント