「少年の町」「感激の町」(映画)

画像


「少年の町」は、1938年に製作・公開されたスペンサー・トレイシー主演、ミッキー・ルーニー共演の、
非行少年や問題のある子供の寄宿と教育のために設けられた児童自立支援施設を創設したフラナガン神父と、少年たちを描いた映画です。

「感激の町」は1941年に製作された、「少年の町」の続編です。

「少年の町」でスペンサー・トレイシーは、アカデミー主演男優賞を受賞しています。
前年度の「我は海の子」に続いて、二度目の受賞となっています。
で、彼は、そのトロフィーと賞金<を少年の町>に寄贈したのだそうです。

また、脚本賞も受賞しています。

が、悪くはないですが、それほどとも思わなかったのですが^_^;。。。「感激の町」は感動しました。
「少年の町」の新しい市長になったホワイティ(ミッキー・ルーニー)が主役のようですが、フラナガン神父(スペンサー・トレイシー)が、前回より子供たちに向き合う姿が描かれています。
で、フラナガン神父も子供たちも、愛情と友情が溢れています。

このDVDに「少年の町」と「感激の町」の二本が入っているのですが、二本を観て、一本の映画のような感じでした。
公開は1938年と1941年だったそうですが、続けて観れた私は幸せだったと思いました。
<悪い子はいない>という信念のフラナガン神父で、それに応える子供たちでした。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



製作 
製作年度:少年の町:1938年 感激の町:1941年(モノクロ )

スタッフ
監督:ノーマン・タウログ
製作:ジョン・W・コンシダイン・ジュニア
原案:ドーリ・シャリー、エレノア・グリフィン
脚色:ジョン・ミーハン、ドーリ・シャリー
音楽:エドワード・ウォード
撮影:シドニー・ワグナー
編集:エルモ・ヴェロン
美術:セドリック・ギボンズ
録音:ダグラス・シアラー

キャスト
エドワード・ジョゼフ・フラナガン:スペンサー・トレイシー
ホワイティ・マーシュ:ミッキー・ルーニー
デイヴ・モリス:ヘンリー・ハル
ダン・ファロー:レスリー・フェントン
ジョン・ハミルトン
ヴィクター・キリアン
エドワード・ノリス
アディソン・リチャーズ

ストーリー
殺人犯が死刑を執行される直前に、「自分が幼少時代に人の愛を知っていたら、正道を歩いていただろう」という告白を聞いたフランガン神父は、親友から財政援助を受け、小さな孤児院“少年の町”を設立する。


実在のフラナガン神父
画像
画像



フラナガン神父について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3%E7%A5%9E%E7%88%B6

少年の町について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%81%AE%E7%94%BA

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント