「愛のアルバム」(映画)

画像


ケーリー・グラント主演の1941年の映画だそうです。
共演のアイリーン・ダンという女優さんは全然知りませんが、この頃活躍していた女優さんのようで。
で、この映画、別れを決めた彼女の思い出から始まります。
彼との出会い、結婚、流産、養子縁組、娘の死と。。。。。
そこにあるのは夫婦愛で、親子愛で、友情もあり、温かいものでした。
涙を誘うシーンもあって、なかなか良かったです。

生れて間もない女の子を預かったロジャーとジュリーの夫婦。赤ちゃんの扱いを知らずにアタフタする様子が可笑しかったですが、とても大切に思う気持ちがいっぱいで微笑ましかったです。
助っ人は彼らの友人アップルジャックで、彼がいなかったら大変だったかも(^u^)。

深い愛情で結ばれた家族でした。
切ない親の愛でした。

また、調子がよく、地道では男が、愛情深い男になっていく話でもありました。

いい映画だったな~と思います。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



製作 1941年 アメリカ合衆国
上映時間 119分
監督 ジョージ・スティーヴンス
脚本 モリー・リスキンド
原案 マーサ・チーブンス
製作 ジョージ・スティーヴンス
音楽 W・フランク・ハーリング
撮影 ジョゼフ・ウォーカー
編集 オットー・メイヤー
配給 コロンビア映画

キャスト
ケーリー・グラント : ロジャー・アダムス
アイリーン・ダン : ジュリー・ガーディナー
エドガー・ブキャナン : アップルジャック - (ロジャーの親友
ビューラ・ボンディ : オリヴァー夫人(孤児院の女性。ロジャーとジュリーに養子を紹介する。)

ストーリー
離婚を決意したジュリーは、家を出る前に思い出のレコードを聴く。そして夫ロジャーとの出会いからこれまでの日々を思い出す。 ジュリーとロジャーはジュリーが勤めていたレコード店で出会い、恋に落ちる。その後、新聞記者のロジャーが東京に赴任することになったのをきっかけに2人は結婚、東京で幸せに暮らし始める。ところがジュリーが妊娠中に大地震が起き、ジュリーは流産、子供の生めない身体となる。

アメリカに戻った2人は、小さな町で新聞社を始める。そして、親友アップルジャックの勧めもあり、2人は養子を取ることになる。慣れない子育てに苦労する2人だったが、アップルジャックの手助けもあり、娘トリナはすくすくと育つ。途中、新聞社の経営が悪化し、養父母としての資格を失いそうになったが、夫婦の娘への強い愛情で困難を乗り切る。

ところがトリナが重い病で急死すると、夫婦の関係は冷ややかのものとなる。そしてジュリーは離婚を決め、家を出ることになったのだ。そこにロジャーがやって来る。改めて話をする2人だったが、離婚は避けられないと覚悟を決めたその時、かつてトリナを紹介してくれた孤児院のミス・オリヴァーから電話がかかって来る。かつて夫婦が養子として求めていた条件にぴったり合う男の子を預かったので是非紹介したいという。。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

まるぐりっと
2013年11月09日 22:11
良さそうな映画ですねェ
アイリーン・ダンは「邂逅」にシャルル
ボワイエと共演、リメイク版「めぐり逢
い」はケーリー・グラントとデボラ・カ
ーでしたね。
両方とも見たなんて珍しいのですが、リ
メイクと知らなくて・・(^_^;)
tosileo
2013年11月09日 23:33
まるぐりっとさん>
はい、いい映画でした。
アイリーン・ダン、検索して「邂逅」に出ているのを知りました。シャルル・ボワイエはまだ未見なので、いつか観たいと思っています。「めぐり逢い」は、私はケーリー・グラントとデボラ・カーのリメイク版2作目と、ウォーレン・ベイティとアネット・ベニングの3作目を観ています。どちらも素敵だったので、元の1作目も~と思っていたところでした。楽しみが増えました。
まるぐりっと
2013年11月13日 20:17
あらま、リメイク3作目があったの
ですね
ウォ―レン・ベイティも好きです
ボワイエの「うたかたの恋」「ガス灯」
再度見たいです。
tosileo
2013年11月14日 15:25
まるぐりっとさん、こんにちは
まるぐりっとさんもウォーレン・ベイティがお好きでしたか。嬉しいです。ウォーレン・ベイティの「めぐり逢い」は、おばさん役をキャサリン・ヘプバーンが演じていたと思います。素敵でした。
「ガス灯」、観てみたいです。が、「邂逅」のボワイエから観たいです。