「Dr.JIN」(ドラマ)

画像


日本のドラマ「JIN -仁-」の韓国版で、2012年、韓国の外科医が1860年代の朝鮮時代にタイムスリップして医師として奮闘するのですが、タイムスリップにサスペンス的要素が入っていて、また現代と過去の同一人物の生死が関係するという話で。。。。。
面白くないわけではないのですが、
「JIN -仁-」を観ていないので比べれないのですが、ひょっとして「JIN -仁-」の方が面白いかも。

以前にイ・ミヨン主演の「明成皇后」を半分観ていて、あ~、明成皇后の夫、第26代王・高宗の実父、ユ・ドングンが演じていた大院君が、イ・ボムス が演じているイ・ハウンなんだ~なんて思いながら観ていたのですが、重なる歴史的話もあり、興味深かったですが。。。。

ジンはペニシリンまで作って、輸血もして、布団に寝かせたまま簡単に大手術をしてドンドン助けていっちゃうし。。。。。人の命を大切にするということではいいのですが、何故か何か引っ掛かりました。

それはいいとしても、
始めの手術のシーンで、男性の頭から出てきた胎児がラストまで私にはわからくて。。。。結局何を意味していたのか。。。。観終わってすぐはちょっと理解出来たように思うのですが、時間が経ったらそこが?のままになっています。

で、スンホンですが、時代劇も似合っていて良かったのですが、
ときどき演技っぽい演技で、そして涙を流すシーンが何度かあるのですが、彼の魅力がそこだという感じで演出し過ぎのように思われ逆に引いてしまいました。もちろんそれは演出する方の問題ですが。
いいのですが、ちょっと引っ掛かるスンホンでした。

ジェジュンもいいのですが、終始余り変わらない感じで、いい雰囲気ですし魅力的なのに活かされていなかったように感じました。

結果的にそれなりに楽しんだのですが、不満に思うことも幾つかあったドラマでした。

機会があったら日本の「JIN -仁-」を観たいです。 比べるとまた違うものがあるかなと思います。

画像

スンホンとパク・ミニョン、余りピンとこなかったのですが、観ていると違和感を感じなくなりました。

画像

          彼女にプロポーズしようとしたその日に。。。。。

画像

      JINを助けてくれたのがイ・ハウン。

画像


画像


画像


画像


画像

       ジンの恋人ミナにそっくりなヨンレは。。。。

画像


画像

彼は我慢することが多く。。。。。ドラマの中で一番可哀想な人でしたが。。。。。

画像

この子がイ・ハウンの息子で第26代王・高宗になります。この子、「トンイ」でヨニン君(後の英祖)を演じていました。

画像

イ・ハウンこと興宣大院君は、そのヨニン君(後の英祖)の曾孫なのだそうです。
<英祖の曾孫。第21代国王・英祖の子の荘献世子の三男の恩信君の養子の南延君(生父は仁祖の息子である麟坪大君の6世孫)の四男>ということですが、ややこしくて理解出来ていません^_^;。
が、荘献世子は思悼世子とも呼ばれ、イ・サンのお父さんです。イ・サンは次男だそうで。。。ということは従兄弟同士?

画像


画像


画像を並べてみると、ドラマティックなドラマだったのかなとも思います。


製作:MBC 2012 (全22話) 
演出:ハン・ヒ、オ・ヒョンジョン
脚本:ハン・ジフン、チョン・ヒョンジン
出演:
ソン・スンホン:ジン・ヒョク:神経外科専門医
イ・ボムス:イ・ハウン:のち興宣大院君
パク・ミニョン:ユ・ミナ:ジンの恋人/ホン・ヨンレ
キム・ジェジュン:キム・ギョンタク(捕盗庁従事官:ビョンヒの庶子:ヨンレの許婚)
イ・ソヨン:チュノン(妓生)
チン・イハン:ホン・ヨンフィ(ヨンレの兄)
キム・ウンス:キム・ビョンヒ:左議政(ギョンタクの父)
キム・ミョンス:キム・デギュン(ビョンヒの嫡子)
キム・ビョンチュン
キム・ヘオク(ヨンレの母)
キム・イル:ユ・ホンピル(内医院御医)
チョン・ウンピョ:ホグァン(活人署に勤める医員)
イ・ウォンジョン:チュパル

ストーリー
天才外科医ジン・ヒョクは後輩でレジデントの恋人ミナと幸せな日々を過ごしていたが、ある日、ミナが交通事故に遭い、重体に。手術を執刀するが、オペ中、原因不明の頭痛に襲われ、手が止まる。なんとかミナの命はとりとめるも意識は回復せず、失意に暮れるなか、ジン・ヒョクは院内をうろつく謎の患者に遭遇する。そして、不審に思って追いかけるうち、なぜか朝鮮時代にタイムスリップしてしまう。わけもわからないまま殺人犯に間違われ、官軍に追われるはめとなったジン・ヒョクは、偶然出会ったハウンに助けられる。官軍から逃げるなか、町でミナに瓜二つの女性ヨンレを見かけ、驚くジン・ヒョク。だが、ヨンレは、ジンを追う官軍の武官ギョンタクの許嫁だった。正体不明のため一旦は官軍に捉えられるジン・ヒョクだが、ギョンタクの父で左議政ビョンヒの命を救い、釈放されることに。さらに、梅毒の治療のためペニシリンを製造するなど、現代の医療技術により様々な人々の病を取り除き、町の人々の信頼を得ていく。そんなジン・ヒョクの助手を務めながら、心惹かれていくヨンレだが、そうとも知らぬギョンタクは彼女との婚礼を進めようとし……。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

たまねぎ
2012年11月09日 12:28
娘が日本の方を観ていましたが、やはり頭から胎児が出て来たそうで、それが意味分からんかったと言ってます(^-^;
tosileo
2012年11月09日 17:00
たまねぎさん、こんばんは(^^)。
ということは、きっと原作からそうなのですね。日本版でも意味がわからなかったですか。。。この胎児がキーなのですが^_^;。。。もっとわかり易くして欲しいですね(^-^;
・・・
2014年05月25日 13:55
ミナは妹です
tosileo
2014年05月25日 23:59
・・・さん、こんばんは。
ミナは妹でしたか。もう余り覚えていなくて。。。すみません。